貯め代のシンプルライフと暮らしのヒント

アラフィフ主婦の貯め代はシンプルライフと家計改善を目標にしています

吹きだまりリビング解決法は?目標はいつでも人を呼べる家、それともパワースポット

ちょっと油断するとわが家のリビングは洗濯物がぶら下がり、読みかけの雑誌や本、手袋や衣服が散乱してしまいます。

     

暖房のある部屋がリビングなので、朝食を食べてから仕事着に着替えたり、私がPC作業をしたりするのもリビングで、多機能化していることが一因なのでしょう。

今年もあと40日、吹きだまりになりがちなリビングをスッキリさせる解決法を考えてみましょう。

スポンサーリンク

 

モノの吹きだまり

わが家のリビングはそれほど広くありません。

キッチンとダイニング、リビングを含めて14畳。3つの機能を一部屋に集結させています。

しかも築27年の古民家。オール電化でなくエアコンと灯油ストーブの暖房なので、リビングの他は寒い!

夜寝るまで、暖かなリビングで過ごします。そこに私のPCを置いて、夫の仕事を手伝うかたわら画像の整理や文章を作成。

つまり私の書斎と家事室ともなるのがリビングです。

一部屋で5つの機能。PCの周辺には資料やメモ用紙が散乱することが……。

今年の春は娘が里帰り出産をしたので、頑張って上の写真にように片づけたのに。 

www.tameyo.jp

現在の写真をアップすることができないほど、散らかしてしまいました。

夫婦ふたり暮らし、ほとんどが私のモノ(@@;) 

www.tameyo.jp

 ぶじに孫が誕生し早7カ月、ラインに送信される離乳食の画像や声をあげて笑う動画ににんまり。

そして緊張感が解けて、わが家のリビングもモノがあふれたブスな汚部屋に。 

www.tameyo.jp

不意打ちで娘たちが帰ってきたら「もっと捨てろ」と、どやされそう。 彼女たちは母親に厳しい。

夫の還暦祝いにパジャマを贈ってくれる優しさを見せたけれど。

玄関先のそれぞれの事情

先日、町内会の連絡係で高齢者のお宅8軒を回ることがありました。

玄関先からちらっと、その方の暮らしが見えるものですね。

3階建ての豪邸に独り暮らしの80代女性は2階の窓から顔を出して、私に怒声を浴びせるので、驚きました。

「家の中を見られたくない!」

「なんで来るの」

「偵察してるの」

家が少し遠いので3回しか顔を合わせたことがない方です。孤独感に苛まれて、被害妄想なのかな?と、思いました。

家の中を見られたくないと、何度も繰り返したのです。

玄関先で充分なのですが、玄関は閉ざして2階の窓から応対。

家の中はきっと、モノがあふれているのでしょう。定年前は教職に就かれ、自慢の息子は医師という方です。プライドが高い印象を受けました。

親族がたまに女性宅を訪れているそうなので、私はそそくさと退散。興奮気味だったのです。

www.tameyo.jp

一方で同じひとり暮らしでも、安アパートに住んでいる高齢女性は、モノが少なめ。狭くて古くても、小綺麗に生活スペースを整えている。

少ないサンプルですが田舎では、戸建て持ち家のほうがモノがあふれている印象です

なまじ家が大きいと、収納場所に不自由しないだけにモノが増えそう!

スポンサーリンク

 

私の目標

一見、片付いているようでも、押し入れはカオス。それがわが家です。 

www.tameyo.jp

押し入れはモノを突っ込みやすい。そのため、たくさんの布団や寝具に衣類などが詰め込まれているお宅は、わが家だけでないのかも。

私の目標は、ギチギチに詰め込んだモノを減らして、捜し物をなくすこと。

そして娘が帰省するときは、気分良く過ごせるように整えたい。

片づけセミナーの講師が、「自分の家をスッキリさせれば、パワースポットになる」と語ることがありますが、家は日常の連続。

散らかるのが当たり前ではないでしょうか。

パワースポットは気の流れが重要なので、風通しの良い家を目指したいです。

吹きだまり解消のコツ

さあ、今年もあと40日、だらけた気持ちを追い払い、ゴミ袋を手にいらないものを捨てましょう。

リビングの吹き溜まりを解消するコツは、

  • 使ったものを元に戻す。
  • 服は出しっぱなしにせず、タンスに収納する
  • 食べ残しのお菓子やリンゴをテーブルに置きっぱなしにしない
  • 書類は確認したら、個人情報をシュッレッターへ、あとは紙のリサイクル

動こう!

動けるうちが花です、皆様。

老いてもキレイなお部屋を保つには、50代からの生き方が反映するように思うこの頃です。

 

関連記事をいかがですか  

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

 


ライフスタイルランキング

スポンサーリンク