貯め代のシンプルライフと暮らしのヒント

数年後に還暦の貯め代はシンプルライフと家計改善を目標にしています

28歳ガール6畳一間で夢を追いかけて!モノの量と空間『ウチ断捨離』感想

ウチ断捨離しました・やましたひでこ

空間に見合う物の量とは?

脚本家をめざして22歳で上京した女性は、6畳一間の狭い空間に、ギュウギュウに物を詰め込んでいました。

10月18日のBS朝日「ウチ、断捨離しました!」は、若いって素晴らしいと思う内容です。

そして、娘のひとり暮らしを心配する親心に共感しました。

番組の感想をお伝えします。

スポンサーリンク

 

 

6畳一間の夢追い人

ウチ断捨離しました・やましたひでこ

アイドルを抱える芸能事務所を設立

ブログ画像は、私が撮影した写真であることをご了承下さい。

東京品川区 28歳、一人暮らしの「りお」さんが相談者です。

キッチン付き6畳一間 の1Kが舞台。

地下アイドルを抱える事務所を設立し多忙のため、お部屋が荒れたので番組に応募しました。

りおさんは、仕事もモノも詰め込むタイプ。

  • アイドルのグッズ販売
  • ミュージックビデオ作成
  • YouTube作成
  • ライブ撮影

ひとりでこなす業務が、とても多い。

寝る間がないくらい仕事を追いかけて、若いって素晴らしいですね!

www.tameyo.jp

前回は田舎から都会に出て20年以上の40代女性の絶望を感じましたが、今回は希望にあふれ、モノにまみれて収拾がつかない状態。

迷って捨てられない

汚部屋の片づけ

6畳のお城は汚部屋?!

おっちょこちょい な性格で、全力投球の「りお」さん。

家ではパソコンで動画編集 の毎日です。

お部屋の掃除は鳥取からお母さんが来てやってくれたのですが、コロナ禍のため移動できなくなりました。

その結果、モノが散乱し、夏だというのにカーペットを敷き、コタツも出しっぱなし。 やましたひでこさんが狭さに驚き 「空間に対してモノが多いですね」と絶句。

スポンサーリンク

 

 

快適空間への打開策は?

片づけ・断捨離・捨て活

服が部屋を占領

落ち着いて座ることができない狭い部屋です。

「まず感覚で味わってほしい 、モノのない空間を!」

やましたさんのアドバイスで、カーペット外し、コタツを取り除きます。

そしてマットレスを立てると、床のフロアが見えました。

「へー、広いですね!」と、りおさん。

www.tameyo.jp

6畳の部屋が見違えるようになった瞬間です。

服を半分に減らす

ウチ断捨離しました・やましたひでこ

迷いに迷って捨てられない!

空間に見合うモノの量を、やましたさんは説きます。

6畳のお城に収まるように、服を半分に減らす !

でも、迷って迷って捨てられない「りお」さん。

「舞台に上がるアイドルを選ぶように選択 しましょう」と、やましたさんが助言。

これまで、りおさんは決断がつかないと、母にスマホで聞いていたのですね。

自分のことは自分で決めよう

自分で決断・断捨離

自立の一歩

ものを溜め込む人は、捨てるのが下手だし苦手。

靴の断捨離を始めますが、 16足の靴の選別ができません。

「インテリアとして置きたい」

履かないけれど、眺めたい靴もある(@@;)

履き古しのスニーカー でも、いちいち母に背中を押してもらわないと処分できません。

www.tameyo.jp

りおさんは、お母さんを尊敬しているのですね。

片付け上手 な美容師の母は、画面で拝見してもおしゃれな方です。

「干渉しすぎたと、反省しています」

そうお母さんは言いました。

そのうち、りおさんの耳に「捨てなさい」と、やましたさんの声が聞こえるように。

パソコンデスクを置きたいという希望も生まれ、混乱したのでしょう。

くつろぎ空間 or仕事部屋

ウチ断捨離しました・やましたひでこ

リラックスも仕事もしたい

本棚を整理して、脚本家の夢を思い出した りおさんです。

両親の仕事中、テレビやビデオを見ていた子ども時代。

教本や自分の脚本を処分 しました。

過去を捨てる気になったのです。

アイドルを育てる夢を追いかけよう。

ソファやテレビボードを出すことで、空間に気づいて、家具は無くても暮らせる!

すごい進歩です。

キッチンもムリして自炊しない選択をしました。

極小アパート大改造! 夢追いガールの脱ツメコミ宣言 | ウチ、“断捨離”しました! | BS朝日

この回はTVerにて10月25日ころまで視聴可能。

空間や心と物の片づけの勉強になりました。

貯め代のシンプルライフと暮らしのヒント - にほんブログ村

感想

母と娘の絆がうらやましい

私にはふたりの娘がいます。

部屋を片づけに上京したことはありませんし、娘から「捨てたほうが良いかな?」と相談されたこともない。

なので、りおさんの母と娘の親密さが、ちょっと羨ましい。

離れて暮す娘がいると、親はやはり心配。

私もコロナの感染収束を見計らって上京し、娘たちの暮らしぶりを偵察しなきゃ。

胸に沁みる「ウチ、断捨離しました」テレビ番組の感想をお伝えしました。

 

関連記事をいかがですか

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

 


ライフスタイルランキング

 

スポンサーリンク