貯め代のシンプルライフと暮らしのヒント

数年後に還暦の貯め代はシンプルライフと家計改善を目標にしています

【50代服の整理】セルフイメージが30代のままだと服を長期保管しがち

服の処分・クローゼット

50代イタい服を手放そう

2021/05/12更新しました

先日、無印良品のショップへ行き、シンプルで素敵なカットソーだと思って鏡に映してみました。

すると驚いたことに、そこにいたのは見知らぬオバンで、ギョッとするほど老けた女性だったのです。

セルフイメージと、現実の隔たりを思い知りました。

きっと私が古い服を捨てられないのは、現実を受け入れることができないからなのでしょう。

服の整理について考えます。

スポンサーリンク

 

服の整理

50代服整理

似合わないフリルブラウス

自分の脳内ではまだ30代のつもりなので、クローゼットにはフリルブラウスが!

買ってからわかったのですが、骨格スタイルでストレートの私には、どうにもしっくりこないデザインでした。

なのに捨てられない。

「自分には似合うはずだ」という思い込みや、まだ着ることができるという「もったいない精神」に、支配されている(>o<)

それにしても身長が152センチと小柄なため、可愛らしい洋服が好き。

また、とても物持ちがよいのです。

先日は娘とLINE電話をして、「母さん、その服って、あたしが小6のときに着ていたトレーナーじゃないの?」と、見破られて、ドキッ(@@;)

小柄な私は小学校高学年と同サイズですが、多少ふっくらとしています。

www.tameyo.jp

娘は29歳ですから、小学生 のときに着た服だと17年前。

私は冬場のルームウエアとして愛用しているわけですが、我ながら物持ちが良すぎると思いました。

服を手放す

クローゼット・断捨離

減らしてもまだクローゼットに

写真に写るアウターとTシャツも、娘の服でした。

これは処分しています。

捨てても捨てても、クローゼットが空になることはなく、服をまだたくさん持っている。

シンプルライフに目覚めるまで、買い物が大好きでした。

 そして、捨てるのが苦手なせい。

www.tameyo.jp

 衣類リサイクルに出していますが、買わない生活をして使い切ることをモットーにしています。

そのため、まだクローゼットにはまだ、残っているんですね。

バブル時代の服や、着てみて違和感があるものは減らしました。 

www.tameyo.jp

サイズアウトやデザインが古すぎる服は、捨てた方が気持ちがラク!

やっと理解しました。

スポンサーリンク

 

ふだん着の制服化

買わない生活

ブラウスを日常的に着ている

きちんと感がある、ブラウスを日常的に着ています。

冬は薄手のインナーに、ブラウスを着ることがほとんど。

春・夏・秋もブラウスばかり。

休日はチュニックやジャケットを気分で、コーデ。

ただ私は、思い切って捨てることができない服がある……

そんなとき、スタイリッシュなブロガーのリウさんが、やはり同じようなお気持ちだと知りました。

www.aroundfiftyliu.com

色褪せたり、毛玉だらけだったりする服を手放すコツを楽しいイラスト入りで解説。

「あなたはだれ? このおばあさんは」

激しく共感し、勝手にリンクを貼ったことをお許し下さい。

傷んだ服を中高年が着るのは、貧相!

全くその通りですね。 

www.tameyo.jp

 私の場合、セルフイメージが30代のままだったというのも問題ですが、もうひとつあるに違いありません。

経済的不安と服の量

服を減らす勇気

引き出しに詰まった服

貧困妄想という罠があります

  • 自分は生活苦である
  • お金が足りない
  • 将来は飢えてしまうかもしれない

実際はさほどでなくても、病的に生活不安が高じている人です。

コロナ禍もあり、実際に私の家は減収。

www.tameyo.jp

経済的な不安があるから、服を減らせないと見抜いたのは「ウチ断捨離しました」テレビ番組での、やましたやましたひでこさんです。 

私にも当てはまる。

経済不安とうまく付き合いながら、服を整理し、新陳代謝をさせたいです。

 

顔診断×骨格診断で最高に似合う服を選ぶ! (単行本)

顔診断×骨格診断は参考になりますね。

 

貯め代のシンプルライフと暮らしのヒント - にほんブログ村

まとめ

服を減らす・50代服整理

服の新陳代謝

 上の画像は1年前の写真で、100均手袋が個性を主張しすぎ……。

たまに撮影してもらうと、自分のイケてないファッションセンスに気づきます。

私が服を思い切って減らせない理由は3つ。

  • 現実の年齢を受け入れていない
  • 経済的な不安
  • 毛玉があってもルームウエアとして、平気で着ている

服は色褪せしたり劣化したりしますが、それよりも人間の方が経年による問題を生じやすい。

自分の現実を受け入れて、服を整理し、新しいものと入れ替えていきたいと思います。

 

関連記事をいかがですか

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

 


ライフスタイルランキング

スポンサーリンク