貯め代のシンプルライフと暮らしのヒント

アラフィフ主婦の貯め代はシンプルライフと家計改善を目標にしています

【親の家の片づけ】グループホームに入所した母のモノは整理ダンスひとつ分

親の家の片づけ

野花のように身一つで老いの日々を過ごす母

先日、グループホームで過ごす母のところへ行ってきました。

77歳の母は、脳こうそくを59歳のとき患いました。

そのときは後遺症がさほどなくて、歩けたのですが70歳を過ぎると、日常生活に支障をきたすようになり、独り暮らしが困難に。

1年ほど前から施設にいます。

母の現在の様子と、施設に持ち込めたモノをお伝えします。

スポンサーリンク

 

ひとり暮らしが困難になった理由

親の独り暮らし

医療のおかげで後遺症はそのとき軽かった母

 

母は、脳血管性の痴ほう症と診断されています。

1年3ヵ月前、独り暮らしをしていた部屋で具合が悪くなっているのを、ディサービスの職員が発見。

ただちに病院へ運ばれて、入院しました。

そのときは意識がもうろうとして、受け答えも満足にできなかったんですね。

そのおもな原因は脱水症です。

その頃すでに足が萎えて、トイレまで這うようにしていたのですが、用を足すことが母には、たいへんだったのでしょう。

水分摂取を控えていた!

www.tameyo.jp

 「お茶や水を飲んでね」

そう電話で伝えると母は「わかっているよ」と答えながら、実際は水分を控えていたのです。

車椅子の母

2ヵ月ほど入院し、老健施設でリハビリを受けて、今のグループホームに入ることになったのが2018年です。

しばらく会っていなかったので、母が私の顔を覚えているかなと心配でした。

「こんにちは。私のことがわかる?」

「ああ、わかるよ。よく来たね」

微笑んでくれました。

見舞うといつも感じるのが、独り暮らしのときよりも、ホームで暮らしている現在の方が、母の表情はおだやかということ。

「みんな私よりも年上の人ばかり。年は若い私だけど歩けないから、ホームで暮らすのはしょうがない」

自分の体が思うようにならない。

そのことが悔しそうですが、現在の暮らし方を受け入れて、納得していました。

車椅子の生活です。

運動機能が衰えているのは、やはり脳梗塞の後遺症により脳の血流が良くないせいでしょう。

スポンサーリンク

 

母のモノが収まった整理ダンス

親の家の片づけ

母の持ち物は全て整理ダンスに

 何冊もあったアルバムや母が集めていた雑貨の類いは、施設には持ち込めませんでした。

母が30歳のころのスナップ写真や、私の娘たちの七五三の写真、それから着替えです。

着替えは、画像の整理タンスに収納。

こちらの整理ダンスの向かい側はベッドとポータブルトイレがあります。

ポータブルトイレは夜間用で、昼は車椅子で移動して水洗トイレを利用。

衣類は下着やふだん着のほか、外出用の上着が2枚くらい。

個室の面積は5畳くらい。グループホームなので共有スペースが広めで、そこでテレビを観ることができます。

母の家の片付けは?

断捨離

老いてからの片付けはたいへん

両親は私が4歳ころに離婚して、私は父親に引き取られました。

母との再会は20年後。

私に長女が生まれて、1歳の時です。

当時の母は40代後半でしたが、とても生活に疲れていました。

というのも、再婚して息子が生まれたけれど2度目の結婚も破れてしまい、シングルマザーとして働きながら、祖母の介護もしていたから。

ちなみに私の父との離婚理由は、父の愛人が妊娠し、出産したため身を引いたため。

「2度も離婚して、苦労が多かった。兄弟や姉妹から世間体がわるい非難されたこともある」 とは、母が前に何度か、口にしたことです。

www.tameyo.jp

 結果を言うと、母のホーム入所に際して、叔父が全面的に処理してくれました。

公営住宅の部屋に暮らしていたので、急いで明け渡す必要があり、母の入院中に業者に依頼。

「なにか欲しいものがある?」

叔父からそんなふうに聞かれたことがあるけれど、私の家は狭いためすべて処分してもらうことにしました。

20万円以上、かかったに違いありません。

親の家の片づけは、ある日突然にふりかかることがあります。

遠距離だと、交通費とともに時間も要するためたいへんです。

病気のため片づけられない

70代になってから、母は片づけられない状態でした。

公営住宅の母の部屋が、足の踏み場もないくらい散らかっていたこともあります。

昭和16年生まれの母は、年齢を重ねる ごとに捨てられなくなっていたのです。

脳梗塞から血管性認知症になっていたのですから、母の精神は混乱するばかり。

部屋は、心の有り様を実に反映していました。

www.tameyo.jp

その片づけを、叔父が一手にしてくれて、感謝しかありません。

血のつながりがあるとは言え、私と母の間には距離感があるため、「片づけたほうがいい」と、口にできませんでした。

施設の金は年金でまかなう

老いてもお金は必要

母は、定年前に脳梗塞になりました。

幸い、国民年金と少しの厚生年金が上乗せされ受給。

施設のお金はそれで足りているようです。

私に請求はこないので、もしかしたら叔父が出している分もあるのかもしれませんが。

母が入所したグループホームは、比較的に低い費用で利用できます。

それは築年数を経たビルをリノベーションして、ホームとして活用しているせいもあるでしょう。

ホームのスタッフは親切でした。

独り暮らしと違い、会話する相手がいるだけでも、母の気持ちが安定する要素となっています。

前は不安が強くて、電話をしても延々と愚痴や心配事を聞かされたので。

まとめ

母は誕生日を迎えると78歳になります。

血管性認知症のため、グループホームに入所して約1年。

母の家の片づけは叔父が、担ってくれました。

感謝しています。

母はたくさんの雑貨や服やバッグを手放して、今は整理ダンスひとつ分の荷物しかありません。

でも、野に咲く花のような可憐な笑い顔を、私に向けてくれました。

関連記事をいかがですか

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

 


ライフスタイルランキング

スポンサーリンク