貯め代のシンプルライフと暮らしのヒント

アラフィフ主婦の貯め代はシンプルライフと家計改善を目標にしています

ドラマ「半沢直樹」が現実にいたら、命がいくつあっても足りない

半沢直樹

半沢直樹が社会現象に


ドラマ『半沢直樹』は9月27日が最終回となります。

20日の放送も、固唾を飲んで視聴しました。

内容は銀行員の半沢直樹が数々の不正に立ち向かうストーリーで、脇を歌舞伎役者や大物俳優で固めています。

表情がオーバーな顔芸も見応えがありますね。

それにしても、どこまでもまっすぐな半沢直樹のような人が現実にいたら、いくつ命があっても足りないかもしれない。

最終回はどうなるのか。

信念を貫くことの難しさを感じたので、お伝えします。

スポンサーリンク

 

半沢直樹

半沢直樹

金融機関という伏魔殿

金融機関に不正があるなんて、言語道断です。

しかし、数々のマネーロンダリングや政治がらみの便宜がされてきたのだろうと、ドラマ「半沢直樹」を見て感じました。

原作は、直木賞作家である池井戸潤の小説「半沢直樹シリーズ」

1963年に岐阜県生まれの池井戸氏は 、慶應大学を卒業後に、当時の三菱銀行に勤務。

1995年に同行を退職されているので、銀行内部の実情に詳しいのでしょう。

ドラマは主演の堺雅人がさわやかなタフガイを好演し、人気です。

www.tameyo.jp

 

柄本明の怪演

柄本明・半沢直樹

土地買収と政治家

ベテラン俳優の柄本明が政界の重鎮・箕部(みのべ)を怪演しています。

老獪な怪物として時の首相をも、あや操り人形にしてしまう。

半沢は、航空会社の破綻劇を阻止するべく動き回るうちに、箕部の不正を嗅ぎつける。

票取りの地盤がある地元の空港を作る際、土地を安く買い入れた証拠があれば、不正を告発できるのですが……。

銀行との癒着があり、思うように証拠を集めることができないという筋立てが、9月20日の放送分でした。

ようやく証拠がそろう段になって、会食のレストランに乗り込むと、頭取や大和田常務と、箕部がいます。

見せ場が、半沢が箕部の要求に屈して、土下座するかどうかのシーン。

大和田役の香川照之が、堺雅人に馬乗りになって、土下座させようと躍起になるんです。

ところが、半沢は拒絶する!

ドラマなので、面白く眺めていられますが、もしも自分だったら?!

土下座しろと言われれば土下座し、靴底をなめろと言われたら、舐めるかもしれない(@@;)

www.tameyo.jp

  • サラリーマンである半沢が、頭取に逆らえる?
  • 政界の陰の 首領に楯突いたら、抹殺されるよね?

ハラハラと、そんな気持ちになりました。

今後の展開

半沢直樹・ドラマ

子どもには清く正しく

日本だけでなく、世界中で子どもには清く正しい心を教えることでしょう。

しかし、現実の大人社会は権力を握るために日夜、政治家は謀略をめぐらし、経済界は弱い物を踏みにじるわけ。

ロシアでは政敵やジャーナリストに毒を盛ることが、何度も繰り返されている。

中国で、権力者に逆らえば……。

怖ろしいことに即座にどこかに連れて行かれ、戻ってこない人たちが多い。

その点、日本は言いたい放題が許される国。

ただ、世界的に権力者に逆らうのは命がけで、妻子がいれば妻子にも危険が及ぶでしょう。

では、不正がはびこって悪が大手を振って社会を席巻するのか。

スポンサーリンク

 

勧善懲悪のセオリー

水戸黄門や桃太郎侍が、庶民にウケるのは勧善懲悪だから。

半沢直樹も、最終回では箕部の不正を暴くことに成功するはず。

私の予感では、江口のりこ演じる白井議員が箕部に嫌気がさして、半沢の側に付くのではないかという気がします。

個人の予想ですから、違う展開かもしれません。

それにしても半沢のドラマは、政治家の不正や銀行の癒着ぶりにリアリティがあります。

そして、信念を貫くことの難しさを考えさせられました。

正義は勝つという、視聴者の期待を裏切らない結末になりそうですが、このドラマの大ヒットにより、続々と勧善懲悪の現代版が出るかもしれませんね。

半沢直樹 アルルカンと道化師

読書の秋に、読み応えのある小説をいかがですか。

現実でも、半沢のように不正に真摯に立ち向かう人財がいたらと感じます。

まとめ

日曜の夜9時から放送される、半沢直樹のテレビドラマを楽しみにしてきました。

9月27日が最終回。

虚構だとわかっていても、ハラハラどきどき。

半沢直樹のように信念を貫くのは実社会では難しい。

でも、勧善懲悪は庶民の夢です。

久しぶりに夢中になっているドラマについて、お伝えしました。

 

関連記事をいかがですか

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

 


ライフスタイルランキング

スポンサーリンク