貯め代のシンプルライフと暮らしのヒント

アラフィフ主婦の貯め代はシンプルライフと家計改善を目標にしています

【服を減らす】若い頃のジャケットを着て覚えた違和感!手放しの作法

シンプルライフ・断捨離

若い頃のジャケット

服やスキンケアを、できるだけ買わない生活をしています。

そんな私には、これまでどうしても捨てることができない服がありました。

それは新婚旅行に着た、思い出の黄色いサマージャケット。

色と素材が好きで、中年期の今も着ることができると思っていましたが、実際にこの服で出かけてみると、自分に自信を持てないことに気づきました。

違和感の正体と、服を手放す作法についてお伝えします。

スポンサーリンク

 

縁がない服

服を減らす

買ってすぐに裂けた服

今年の夏は旅行をとりやめて、地元の散策を楽しもうと考えています。

そのため夏服の購入はとくにしないつもりでした。

ところが、気に入った服を見つけて、お手頃な価格だったことも1枚を買ったのです。

www.tameyo.jp

残念なことに、数回の着用で肩や背中の縫い目が裂けました。

それで、この白い服をあきらめて、私はクローゼットを漁ったのです。

 そうしたら、1987年の秋口に新婚旅行で来たジャケットが、出番を待っていた!

色褪せない服

服を減らす・断捨離

トリアセテート素材

買ってすぐに裂けた服と、33年を経ても色褪せない色と風合い。

この差はなんでしょう?

  • デザイン
  • 素材

今年買った服は、デザインがスリムでした。

33年前のジャケットはゆとりがあります。

それから、生地の織り方が違っていました。

黄色の方は、トリアセテートとポリエステルの混紡ですが、織りがしっかりとして、薄手でも、丈夫。

それにしても、30年以上も服を後生大事にしている主婦は、私の他にもいるでしょうか?

もの持ちが良すぎるのも、考え物です。

www.tameyo.jp

違和感を覚える服

ちょっと梅雨寒の日だったので、ある会合に黄色いジャケットを着て、出かけました。

そこで気づいたのは、デザインの古さが野暮ったさにつながること。

いくら着ることができても、自信をもって人の中に出ていけない引け目を感じたのです。

違和感の正体は、気後れと引け目でした。

www.tameyo.jp

ずっと出番を待ってくれた黄色いジャケットですが、ここでお別れ。

「ありがとう」の言葉とともに、衣類リサイクルへ出そうと思います。

 もったいない精神でタンスの肥やしにしてきたのですが、胸を張って活き活きと過ごせない服とは、さようなら。

www.tameyo.jp

引き出しも整理

捨て活・断捨離・片づけ・減らす

靴下の山

タンスの引き出しには、タイツや靴下がギュウギュウ詰め。

ケチでしみったれた私は、もともと捨てるのが苦手。

それでいて、3年前まで買い込むのが好きでした。

タンスの中は、その残骸でいっぱいです。 

www.tameyo.jp

以前に『50代の片づけ 捨てても困らなかったモノ5つ、学習机やランドセルに結婚式のビデオも」をアップしました。

洋服も、捨てても困らないかもしれません。

ただ、捨て過ぎて買い直したという方もいます。

クローゼットの中身は、形を買えたお金。

私はガラクタ好きで、ついチープで買いやすいものをゲットしてきました。

ちりも積もれば、何万円にもなるでしょう。

www.tameyo.jp

中村メイコさんは、盟友・美空ひばりとの思い出の品を生前整理なさったそうです。

スポンサーリンク

 

 執着と未練

服を減らす・断捨離

またまた娘の服を捨て活

娘たちがわが家から巣立って10年。

なのに、彼女たちの服がまだありました。

大学を終える頃に、実家に送られてきた大量のもの。

娘たちよ、実家はゴミ捨て場ではありません。

やましたひでこさんの『ウチ断捨離しました!」が本になりました。

 ご高齢の親御さんが住む家は、ゴミ屋敷寸前ということが少なくありません。

「捨てる」「要る」の判断が鈍るのでしょうね。

私もそうならないように、捨てなければ!

www.tameyo.jp

 ライフスタイルの価値観が様変わりしています。

私が若い頃は、モノを持っていないと「貧乏」と決めつけ、あからさまに嘲笑する人が少なくありませんでした。

いまは、モノに縛られた暮らし方が「かわいそう」という見方になりつつあります。

モノへの執着を、手放すことが私の課題ですね。

www.tameyo.jp

娘たちのモノをなかなか捨てられなかったのは、子どもへの未練だったかもしれません。

それぞれ結婚して、新しい家庭を築いている娘たち。

もはや親の出る幕はありません。

親子も距離感が大切。

www.tameyo.jp

まとめ

若い頃のジャケットを着て出かけたところ、何となく気後れしてしまい、胸を張って堂々としていられませんでした。

33年前のジャケットは流行遅れだという私の気持ちが、表面化したのでしょう。

感謝して手放すことにします。 

 

関連記事をいかがですか

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

 


ライフスタイルランキング

スポンサーリンク