貯め代のシンプルライフと暮らしのヒント

アラフィフ主婦の貯め代はシンプルライフと家計改善を目標にしています

【県民共済】新型火災共済の地震特約を検討しています

皆さんは地震保険に加入していますか?

戸建てのわが家は、これまで県民共済の「火災共済」を掛けてきました。

住宅ローンを組んだときは当時の安田火災海上・長期総合に入り、10年後に県民共済に乗り換えました。掛け金の安さに惹かれたのです。

きのう、「新型火災共済・地震特約のご案内」という封書がとどき、検討中。

地震保険についてお伝えします。

スポンサーリンク

 

 

意外と低い加入率

阪神淡路大震災東日本大震災熊本地震、今月6日に発生した北海道地震、大地がたびたび揺れて甚大な被害をもたらしています。

しかし、地震保険の加入率は意外に低くて、平成28年度のデータで全国平均は30.5パーセント。

低い理由がいくつか挙げられます。

  • 地震保険は火災保険に付帯して加入するもので、単独で入ることができない。
  • 保険料が高め
  • 被災したとき、カバーできる補償額が限られている

家を建てて金融機関からお金を借りて住宅ローンを組む際には、火災保険の加入を義務づけられます。

火災になって建物が焼失すると、金融機関が担保割れするから。

けれど、地震保険にも入れとは言われません。

なので、私の家では地震保険を付けておりませんでした。

でも、今回の北海道地震の報道で、考えさせられたことがあります。

リフォームして数日後に液状化

北海道地震により、液状化した地域が出ています。

道路はぐにゃぐゃに隆起して、車が泥に埋まっている映像は衝撃的です。住宅街では家が斜めになったり、ドアの開け閉めができなくなったり。

「リフォームを終えたばかりで、妻が泣いている。ショックです。まさか地震に見舞われ、地盤が液状化するとは夢にも思わなかった」

ご年配の男性が肩を落とす様子がテレビに映し出されて、他人事に思えません。

わが家は築26年の古民家、10年以内にはリフォームが必要だからです。

多額の費用をかけてリフォームしたのに、地震の被害に遭う。そういう困難は今後も続くかもしれません。 

www.tameyo.jp

地震の活動期というのは地球の自転速度がやや遅くなり、赤道を微妙に収縮、結果的に構造プレートに影響を与えているのだとか。

火山の活発な活動も気になるところです。

地震保険が必要な人

さて、火災保険に付帯する地震保険を掛けたほうがいいのは、次に当てはまる方です。

  1. 住宅ローンの残債が多額である
  2. 被災すると収入が途絶える
  3. 預貯金が少ない

うちは店舗併用住宅で、細々と商売をして暮らしているため、被災すると収入が途絶えますし、年代の割に預貯金が少なめ。

なので、当てはまりますね。

新型火災共済・地震特約

きのう届いたばかり地震特約の説明書にはこうありました。

  • 地震による20万円を超える住宅の一部破損には、加入額が100万円以上であれば掛け金そのままで、一律5万円を保障
  • 地震特約を新設したので、上乗せできる

 

掛け金は?

わが家は木造住宅で住宅の保障限度額が2,280万円。

家財の保障限度額が1,200万円の契約となっていました。

年払いにしているので、掛け金が27,840円

これに地震保障を上乗せすると、10,440円をプラスして掛け金が38,280円と高くなる

スポンサーリンク

 

保障額

さらに明かすと、わが家の地震特約の補償額は522万円。

地震は広範囲に被害が出るので、火災による全焼より保障が低いのが一般的。

新型火災共済・地震特約では、15パーセントとなっています。

基本コースの保障と合わせて、わが家が地震で半焼・半壊以上の損害を被ったとき、696万円だそうです。

県民共済のメリット・デメリット

掛け金の安さが最大のメリットである新型火災共済、デメリットも体験者から聞いています。

「大雪で家の一部が壊れたのに、見舞金くらいしか出なかった。大手の損保なら損害分をカバーできるのに、盲点だった」

うーん、大手の損保は掛け金も高いので、仕方がない面があります。

 すべての災害に備えると、保険料が高くなって家計をひっ迫するでしょう。

 

まとめ

新型火災共済・地震特約を検討中です。

火災共済に加入している人が、さらに地震の保障を上乗せしたいときに申し込めます

所在地により掛け金が異なり、A.B.Cのグループ段階あり。

千葉から西の太平洋側は地震のリスクが高まっているので、Cグループとなり掛け金が高くなります。

しかし、今回の地震が発生した北海道はリスク低めのAグループ。

日本はどこも備えが必要のようです。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

 


ライフスタイルランキング

 

スポンサーリンク