貯め代のシンプルライフと暮らしのヒント

アラフィフ主婦の貯め代はシンプルライフと家計改善を目標にしています

片づけで自分の本当の気持ちに気づく!義理で保管したモノを手放す

シンプルライフ

本棚の片づけで気づいたこと

私の本棚には愛読書とともに、あまり読まない本がありました。

ある著者が出版の記念に、私に下さった1冊です。

自費出版ブームのとき、エッセイや詩集や短歌集を出した知人が少なからずいたのですね。

今回、モノを減らすために片づけて、自分の本当の気持ちに気づいたので、お伝えします。

スポンサーリンク

 

危険な本棚

断捨離・片づけ

処分した本や紙類

本棚は寝室と子ども部屋にあり、どちらも私の蔵書や家族のアルバムでぎっしり。

蔵書はブックオフで本を買いあさるのが趣味だったため、溜まりに溜まっていたのです。

夫から「夜中に地震があれば、本棚の本が大量に落ちてきて、おれは死ぬかもしれない」と言われ、減らし続けてきました。

確かに本は地震の際に凶器となります。

実際にお亡くなりになられた方が、過去にいますから。

www.tameyo.jp

ブックオフから買った本はブックオフへ持って行きましたが、著者のサイン入り本はそうはいきません。

要るか、要らない」の選別がポイント。

そして今回も、ある詩集を処分することにしたのです。

70代男性からの献本で、私は一時期、その方から文章の手ほどきを受けたことがあるため、捨てられないと思い込んでいたのです。

しかし、その詩集を手にしたとき、イヤな記憶がよみがえりました。

www.tameyo.jp

 70代の男性詩人は、江戸時代から続く地元の名家に生まれて、東京の有名私立大学を卒業されたことが自慢でした。

  • 家柄の自慢
  • 学歴の自慢
  • 女性蔑視

文章について指摘が鋭かったこともあり、ご教授を仰いでいたのですが、あるとき自慢話の多さと、女性蔑視に嫌気がさしたのです。

一つ例を挙げると……。

「亡くなった大御所のある画家は、一派を成すほど弟子が多かった。かつての画壇というのは大御所のお墨付きがあって、賞の上位を取れるわけ。女弟子は体を差し出すケースがあって、大御所が飽きると、弟子に払い下げてね……」

話半分だとしても、ひどい内容。

話以上に、その70代男性の下品な表情がイヤ。

www.tameyo.jp

ところが、その方の詩集を 後生大事に本棚にしまっていた私。

捨てることで、自分の本当の気持ちに気づきました。

女をバカにして、大嫌い!

しかしながら、この程度の言葉によるセクハラは、大概の女性が経験したことではないでしょうか。

日本はセクハラに対する考えや、男女平等が遅れている国ですから。

感情の封印

捨て活・断捨離

自分の感情を置き去りにしてきた

もう付き合いもないので、詩集を捨てることができたのですが、どうして4年以上も保管していたのでしょう。

そのとき、ハッとしたのは、私は子どもの頃から自分の感情を封印しがちだったことです。

両親が離婚し、継母に育てられたこともあり、イヤなことでも我慢してしまう癖が、私にはありました。

親への奉仕が当たり前で、若い頃は貯金を差し出したこともあります。 

www.tameyo.jp

40歳をだいぶ過ぎて、ようやくNOを言えるようになりました。

そのときも勇気を振り絞り、やっと 「自分の子どもに教育費が掛かるから、借金の肩代わりはできない」と、言えたのです。

自分の気持ちに正直になるということは、私にとって簡単ではなかったのです。

www.tameyo.jp 

モノは手放して正解

ヘヤカツ

そうじしやすい部屋作り

詩集を手放して、セクハラまがいの記憶も捨てることが出来そう。

ところで、モノには思いが託されています。

100~200万円も出して自費出版 したのですから、著者には思い入れがあるでしょう。自費出版ブームは、経営が厳しくなった出版者が団塊の世代に向けて、放った矢でした。

出版した方は、誇らしかったに違いありません。時代が変わり、本はもっと安価に作ることが可能となりましたが。

www.tameyo.jp

 そんな私ですが、友達が苦労して出版した本は、手元で大切にしています。

何年もかかって書き上げた1冊ですから、これからも読み返すでしょう。

それと同時に、これからさらに本を絞り込んで、本棚そのものを撤去したい気持ちがあります。

www.tameyo.jp

 本棚はホコリが溜まりやすいので、これからも折にふれて見直していこう。

義理に縛られたモノを手放して、身軽に暮らしたいです。

スポンサーリンク

 

新年の豊富

捨て活・ミニマリスト

新年をスッキリと迎えたい

 ないものねだりをやめて、いまあるものに感謝して過ごすのが、新年に向けての私の抱負です。

  • 健康で働けること
  • 家族が元気で過ごせる幸せ

2019年、事情があって投資デビューはできませんでした。

www.tameyo.jp

その事情というのは、余裕資金がないことです、はい。

2020年も投資はできないかもしれません。

やはり金融リテラシーがなくて、長年にわたり高金利のカモになると、お金持ちになることは難しい。

年金も乏しいため、70歳を過ぎても働き続けましょう。  

f:id:tameyo:20191219145849j:plain

その他おおぜい

 私はこの写真のぬいぐるみのように、その他大勢なのですが、自分の人生においては主人公にちがいない。

それなのに、自身の感情より、周囲の顔色をうかがい、その人たちを優先してきました。 

www.tameyo.jp

 

www.tameyo.jp

 加藤諦三さんの本を50冊くらい読んで、ようやく自分を取り戻してきました。

自分を大切に出来ないと、我が子に愛情を注いだり、他人に共感を寄せたりできないそうです。

片づけとともに、来年も心理を学んでいきたいです。

www.tameyo.jp

まとめ

義理で持ち続けていた本を捨てました。

昭和に生まれた私は、義理や人情に縛られてきたことを改めて感じます。

もちろん義理も人情も大切なのですが、自分の意思を見失うと本末転倒。

片づけで、本当の気持ちに気づくことができました。

イヤな記憶もモノと一緒に捨てて、スッキリです。

関連記事をいかがですか

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

 


ライフスタイルランキング

スポンサーリンク