貯め代のシンプルライフと暮らしのヒント

数年後に還暦の貯め代はシンプルライフと家計改善を目標にしています

結婚34年の真実は、爆発寸前の火薬庫かもしれない

熟年離婚

爆発寸前のシニア夫婦

今週のお題「爆発」

9月はわが家のイベントして、結婚記念日があります。

1987年8月31日に挙式、入籍は9月16日。

あっという間に34年が経ち、2人の子どもはそれぞれ独立して、夫婦ふたり暮し12年目です。

ところが、ふと胸を過ぎるのは30年前の辛かった気持ち。

昔のことを水に流せたら良いのですが、簡単にできない。

夫婦についてお伝えします。

スポンサーリンク

 

離婚理由ランキング

夫婦の危機・モラハラ

夫婦の危機

離婚理由と言えば、ランキングが発表されています。

  男性側の理由

  1. 性格が合わない
  2. 異性関係
  3. 精神的に虐待する
  4. 家族や親族と折り合わない

 女性側の理由

  1. 性格が合わない
  2. 暴力をふるう
  3. 生活費を渡さない
  4. 精神的に虐待する

性格が合わないが男女とも1位ですが、2位以下は差が出ました。

2位・男性にとって妻の不貞は、許しがたいことなのでしょう。

女性は、夫のDVが2位という結果。

男性はやはり相手を思い通りにするために、暴力をふるいがちなのかもしれません。

www.tameyo.jp

昨今は、妻からのDV被害を訴える夫も増え始めています。

30年前の出来事

離婚・DV

子どもが幼いとき夫の不満が爆発

私は24歳で結婚して、翌年に第一子に恵まれました。

慣れない育児のため家事がおろそかになり、夫の不満は募っていきます。

  • 部屋が散らかっている
  • 流しに使った食器が置かれたまま
  • 掃除が行き届かない

子どもは1歳から保育園に預けて、私も夫の仕事を手伝い、働いていたのですが、仕事でも不満があったにちがいありません。

www.tameyo.jp

私は頭に大きな円形脱毛症ができるほど、毎日が懸命だったつもり。

でもあるとき、夫にこう言われました。

「なんど話しても、言う通りにできないなら叩くしかない」

何度かそう言われ、私は屈辱感で体が震えました。

夫にとって、私は家畜と一緒なのか。

鞭を打って、躾けなくてはいけないと思っているのか。

実際に叩かれたことはなかったのですが、その言葉に傷つきました。

でも、離婚は避けたい。

理由は、帰ることができる実家がないから。

www.tameyo.jp

親との関係が良好なら、実家に避難したかったけれど、父親は夫以上にメチャクチャなため、帰ることができませんでした。

スポンサーリンク

 

モラハラ

ブレイクハート

夫に「叩くしかないと、言うのをやめるように」と、手紙で訴えました。

もちろん、私にも非があったので、努力することを言い添えて。

家事を完璧にこなすことができないし、仕事も夫の満足する領域でなかった私。

いまふり返れば、夫は結婚生活に高い理想があったのでしょう。

そして、妻たるものはなんでも夫に従うべきと、古い考えが胸に沁みついています。

30年前のその当時は、妻に手をあげる男性が多く、社会も容認。

夫が怖くてたまらない (ディスカヴァー携書)

モラハラや暴力は、繰り返されます。

理由は、本人が悪いことだと思っていないから。

夫は私の必死の手紙を読み、考えたみたい。

嫁に逃げられたとあっては、男の沽券に関わる。

以降は、「叩くしかない」と言わなくなりました。

夫はとても世間の目を気にするタイプです。

ドカンと一発

ドカンと一発

ドカンと一発、仕返し

夫は30年前の自分の言葉を忘れたでしょうし、私も持ち出すつもりはありません。

過去と他人の気持ちは変えられない。

ただ、今週のお題「ドカンと一発」を見たとき、ドカンと仕返ししたいと思いました。

夫が熟睡したとき、枕元で打ち上げ花火をあげようかな!

女って、執念深いのですね。

殿方は、わが家でも高いびきで眠らない方がいいかも。

女房に寝首を掻かれないようにご用心を。

すべての夫婦には問題があり、すべての問題には解決策がある (扶桑社新書) 

なんの問題もない家庭は、ありません。

外からは、うかがい知れないのが家庭内のあれこれです。

貯め代のシンプルライフと暮らしのヒント - にほんブログ村

まとめ

結婚生活は35年目に突入するので、過去のことは水に流そうと思いますが、ドカンと一発、熟睡中の夫の枕元で打ち上げ花火の野望を捨てられません。

私が断捨離しなければならないのは、モノとともに心の整理のようです。

 

関連記事をいかがですか

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

 


ライフスタイルランキング

スポンサーリンク