貯め代のシンプルライフと暮らしのヒント

アラフィフ主婦の貯め代はシンプルライフと家計改善を目標にしています

ミニマリスト佐々木典士の本『ぼくたちは習慣で、できている』感想をお伝えします

f:id:tameyo:20190615125912j:plain

『ぼくたちは習慣で、できている』本の感想


読書の秋に『ぼくたちは習慣で、できている The Last Self-Help』佐々木典士(ささきふみお)著を読んでいます。

佐々木典士さんといえば、ミニマリストとして有名ですね。

『ぼくたちに、もうモノは必要ない』は海外にも翻訳されているベストセラー。

なるほどと思うところがたくさんある本著『ぼくたちは、習慣で、できている』を読んだ感想お伝えします。

スポンサーリンク

 

 

よい習慣、わるい習慣

ぼくたちは習慣でできている

スイーツの誘惑に負け続ける習慣

まず、ミニマリスト佐々木典士さんのこの本は白い表紙に、黒いタイトル字がゴシック体で書かれて、シンプルです。

そして、見返しにアリストテレスの言葉がありました。

私たちは繰り返し行っていることの結果である。

だからあらゆる偉業が行為でなく、習慣によって成し遂げられる

さらに冒頭で佐々木さんはこう述べています。

「この本の構成は、習慣を身につけるときと同じで、最初がいちばん難しいです」と。

332ページのちょっと分厚い本で、人間はいかに目先の報酬に弱いかというところから入るんですね。

でも、そこを読み進めると、見えてくるんです。

  • なぜ私の家が汚部屋だったか
  • どうして家計が苦しかったか

モノを買うだけ買い、片付けなかった習慣が赤字家計になり、汚部屋になったわけです。

  • そうじをする習慣
  • 買わない習慣

逆にそうじをして、モノをムダに買わない習慣を身につけると、部屋のきれいが続く。そうして考えると老後破産は、身の丈以上の暮らしの習慣を、積み重ねた結果だと言えるかもしれません。

www.tameyo.jp

つまり、習慣を侮ってはいけないということです。

人によって判断は分かれますが、自分にとってわるい習慣を捨てて、よい習慣を身につけることで、人生を切り開くことも可能。

その理論と実践の方法を「ぼくたちは習慣で、できている」は、言葉を尽くして解説しています。

www.tameyo.jp

 

ハードルの低さ

習慣

買い物・パチンコ・飲酒のハードルの低さ!

『ぼくたちは習慣で、できている』の本の中盤には、抜け出せない習慣はハードルが低いことが解説されているんですね。

  • 買い物はスマホでポチるだけ
  • パチンコは汗水をたらすことなく、手元の操作のみ
  • 飲酒は、グラスを傾けて飲むだけ

しかし、買い物は度が過ぎるとクレジット破産につながるし、パチンコだって負けが続くと、家計が破綻します。

飲酒は健康を害して、脳の萎縮になりかねませんから、ほとんどの人はやめたい習慣であるはず。 

www.tameyo.jp

一方で、健康のためにジムへ行こうとしても、遠い距離だと億劫になるため、そのハードルを出来るだけ低くする必要があるというふうに、佐々木典 士さんは本のなかで語ります。

それでは、誘惑に打ち克つための例を少しだけ挙げます。

  • レ・ミゼラブルを書いた文豪ヴィクトリア・ユーゴーは召使に服を隠させ、外出できないようにして執筆に専念
  • ホテルにチェックインするとき、部屋のミニバーを空っぽにしてほしいと頼むアルコール依存者

長年の習慣に打ち克つには、意志よりも環境作りもポイントになりそう。

そして、宣言することも効果的です。

もっと家を片付けて、我が家をパワースポットにするぞ!

そういう宣言をすると、自分にプレッシャーが掛かり、本気の片付けとそうじができることでしょう。

スポンサーリンク

 

心も習慣でできている

佐々木典士

人生を変える習慣とは?

 本の中にすてきな一節がありました。

有名な言葉なので、知っている方が多いかもしれません。

 心を変えれば、態度が変わる

態度が変われば、弘道が変わる

行動が変われば、習慣が変わる

習慣が変われば、人格が変わる

人格が変われば、運命が変わる

運命が変われば、人生が変わる

 ヒンズー教の教え

 

参照元:ぼくたちは習慣でできている312ページ

 

習慣が変われば、人格を変え得るし、新たに運命が回り始めて人生が変わる!

私は希望を感じました。

www.tameyo.jp 

習慣のためのステップ

本書には巻末に『習慣を身につけるための50のステップ』が挙げられています。

これが箇条書きでわかりやすい。

私の胸に響くものを少し挙げます。

  • 悪循環を断つ
  • まず、やめることを決める
  • 代償は必ず支払う必要がある
  • 自分観察日記をつける
  • とにかくハードルを下げろ
  • やめたい習慣には、ハードルをあげる
  • 目標はバカバカしいほど小さく
  • 今日始める
  • 下手だからこそ楽しめる
  • 大人の時間割を作る

まとめ

ミニマリスト佐々木典士の本を読み、習慣について大いに考えさせられました。

金欠病も汚部屋も、習慣が積み重なった結果と言えそうなので、よい習慣を身につけることは大切。

親が子どもを躾けるのは、よい習慣により大人になって生きやすく、幸福になってほしいから。

ところが、大人は自分で習慣にする行動を選び取っていかなければならない。

片づけや家計管理、健康作りもまさに習慣の賜物。

50代半ばの私ですが、良い習慣作りをしたいと感じました。

ライフスタイルを見直したい方にオススメの一冊です。

関連記事をいかがですか

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

 


ライフスタイルランキング

スポンサーリンク