貯め代のシンプルライフと暮らしのヒント

数年後に還暦の貯め代はシンプルライフと家計改善を目標にしています

『人生を破滅に導く介護破産』お金・認知機能や体の衰えに備えよう

人生を破滅に導く介護破産

人生を破滅に導く介護破産

図書館から借りた「人生を破滅に導く介護破産」を読んでいます。

ドキリとするタイトルですね。

著者は福祉事業を運営する、杢野暉尚(もくのてるひさ)さん。

中流サラリーマン家庭の介護費用が最も高くつくという介護制度について、考えさせられます。

スポンサーリンク

 

 

介護破産の理由

介護破産

実母は介護施設に入所していました

親の介護をする子ども世帯の負担は、大きい。

  • 高額な介護費用の負担
  • 親の介護のため離職
  • 特養でさえ厚生年金受給者は1人月額15万円

両親を入所させるとしたら、30万円程度の費用が月々かかる。

たいへんです。

そのため「介護サービス費用が払えないから、仕事を辞めて自分が介護するしかない」とか、「預金を食い潰している」というケースが増えている。

本書は冒頭でそう解説。

www.tameyo.jp

親の介護で、家計が崩壊。

深刻です。

親思いの子どもほど、介護を懸命にやり過ぎて、心身と家計がすり減るのでしょう。

介護保険料の地域格差

介護保険料の地域格差

地域格差

高齢化率が高く、介護保険サービスの利用額が増える市町村ほど介護保険料が高くなるそうです。

地域格差は3倍にも。

私が住む地方都市の町は、姥捨て山のようになっているため、今後も介護保険料は上がるにちがいありません。

少ない年金から月々1万円以上も引かれるとしたら、食費を切り詰め、1日1食の生活かな……。

そこそこ年収の高いサラリーマン家庭は、介護の利用費用も高くなるのが現行の制度なので、情報集めは必須!

スポンサーリンク

 

 

介護サービスは情報が大切

介護サービス

老いてもご飯が食べられますように

介護保険制度はわかりにくい上に、改正も頻繁に行われます。

介護サービスは大きく2つ。

  • ディサービスや訪問介護など居宅サービス
  • 老人ホームなど施設サービス

www.tameyo.jp

読み進めると、高齢になるのが恐くなりました。

ですが、向き合わないと、もっと困りますね。

介護に関する情報を得ることがなにより大切とのこと。

人生を破滅に導く「介護破産」 [ 埜野暉尚 ]

夫婦ふたり暮らしのわが家、娘たちは遠方に嫁いでしまったので、全くあてにできません。

www.tameyo.jp

スクワットや片足立ちで筋肉を鍛えて、寝たきりにならないように努力しましょう。

実母は血管性認知症のため、78歳からグループホームに入所し、今春、肺炎で亡くなりました。

www.tameyo.jp

年金で入れる施設を探し、足りない分は母の預貯金で、まかなったのです。

 

貯め代のシンプルライフと暮らしのヒント - にほんブログ村

まとめ

先週読んだ本

人生を破滅に導く介護破産を読んだので、感想をお伝えしました。

www.tameyo.jp

夫を産んだ義母は、95歳まで自宅で過ごしました。

耳がよく聞こえて、認知機能は最期までしっかりして、1週間の入院で黄泉の国へ。

家庭菜園の農作業を楽しみながら、暮らしていた義母。

私もピンピンコロリを目標にしています。

先週読んだのは2冊。

日本推理作家協会賞「凍てつく太陽」は文句なく面白かった。

アイヌの血を引く特高の警察官が活躍する、戦時中の室蘭のストーリーです。

 

 

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

 


ライフスタイルランキング

スポンサーリンク