貯め代のシンプルライフと暮らしのヒント

アラフィフ主婦の貯め代はシンプルライフと家計改善を目標にしています

おひとりさまのゆたかな年収200万生活!おづまりこさんの本が節約が役立つ

おひとりさまのゆたかな年収200万生活

おひとりさまのゆたかな年収200万生活②を読みました

おづまりこさんは漫画家です。

上京して10年間、年収200万円の派遣OLをしていた体験から、フリーランスとなった現在も年間200万円の範囲でお金を使うとのこと。

『おひとりさまのゆたかな年収200万生活」は、外食もふくめた食費を2万円に収めながらも、楽しく暮らす工夫が満載です。

年金生活者にも役立つ節約だと感じたので、本の感想を伝えします。

スポンサーリンク

 

女性の年収

年収200万円について、あなたはどのように感じますか?

私は、「働く女性って、そんなに年収が低いっけ」と思いました。

それで、調べたんですね。

国税庁の調査によると、女性の平均年収は287万円。

  • 月収が20万円
  • ボーナス45万円

個人事業の女性はさらに低いです。

参照元:1.平均給与|国税庁

サラリーマン男性の平均年収532万円に比べると、およそ半分。

理由は次の2つがあるにちがいありません。

  • 職業によってかなりの差がある
  • 非正規で働く女性が多い

子育てや介護のためパート勤務を選択せざるえないなど、年収は低いことが多いのですね。

ですから、女性のおひとりさまが200万円以内で暮らすように努力することは、家計の破綻を防ぐことにつながるといえるでしょう。 

www.tameyo.jp

 食費は2万円

食費節約・おづまりこ

一玉のうどんで2人前の焼うどん

わが家は夫とのふたり暮らしのため、節約と糖質制限のために、一玉のうどんに野菜をたくさんいれて、2人前の焼うどんにすることがあります。

一挙両得かもしれません。

さて、「おひとりさまのゆたかな年収200万生活」を書いたおづまりこさんは、20代半ばから節約を意識。

食費予算は毎月、自炊1万円、外食1万円の2万円でやりくり。

続けるコツは、ムリをしない「ゆる節約」だとか。

www.tameyo.jp

 

200万円の内訳

実はおづさんの本を読むと、年間支出が159,200円に抑えられているのがわかります。

余剰金は、貯金に回す。

なので、年間40万円以上を貯蓄しているのでしょう。

支出の中身

  • 家賃 月に6万3千円 年に75万6千円
  • 食費 月に2万円 年に24万円
  • 通信費は 月に8,500円で年に102,000円
  • 光熱費 月7,000円で年に84,000円
  • ファッション費 月に6,000円で年72,000円

生活用品や交通費は年3万6千円など、本にはさらに載っています。

節約しつつも、衣服費をちゃんと計上しているんですね。

www.tameyo.jp

買わない生活をしている私ですが、秋にジャケットを購入。

その後は服を買わずに過ごしていました。 

おづさんの本に話を戻すと、美容院代は年3万円、帰省費は7万2千円、旅行費は2万円だそうです。

www.tameyo.jp

国民年金保険料や国保、税金については載っていませんでした。あらかじめ別計算なのでしょうね。

私は、夫婦で払う国民年金と国保税のおかげで、首が回りません(-_-;)

スポンサーリンク

 

クレジットカード

キャッシュレスを国が進めて、カードの利用や○○ペイでの支払いが増えています。

おづまりこさんはクレジットカードの請求金額に、青ざめた経験があるそうですよ。

それで、いつ何にどのカードを使用したかを、スマートフォンのリマインダーリストにメモ。

それから、使ったお金をきちんと月ごとに入金することをルールとしています。

www.tameyo.jp

 お財布を持ち歩かなくても買い物ができて、夜中にポチるだけで商品が自宅にとどく時代、使いすぎの自覚がないまま、お金を使ってしまいがち。

気を付けたいことです。

自炊の工夫

おひとりさまのゆたかな年収200万生活

つくりおきで豊かな自炊生活

 おづまりこさんは、独り暮らしということもあり、1Kのお部屋にお住まいです。

キッチンは狭く、コンロはIHが一口だけ。

なので、自炊のためには料理の手順を工夫しないといけません。

そのため、きんぴらなどの作り置きのおかずを活用。

www.tameyo.jp

 おづまりこさんは、フリーランスの漫画家ですから、しめきりに追われると料理する時間がないことも。

そんな時はストック食材で、栄養のバランスを考えてさっと調理。

また、豚ばら肉と残り野菜のトン汁など、マンガでレシピもたっぷり掲載されています。

健康が資本の自営業やフリーランスは、自己管理が大切に違いありません。

豊かに暮らす知恵

食費2万円のおづさんですが、「おひとりさまのゆたかな年収200万生活」では、お友達との飲み会も積極的に参加。

サイゼリアなどのファミレス飲みには、驚きです。

  • お通しやサービス料がない
  • 料理やデザートのコスパが良い
  • ワイン1杯100円の店もある

すごいですね、ひとり800円で大満足とは。

 

コミックエッセイなので、イラストが満載。

おひとりさまのゆたかな年収200万生活

著者 おづまりこ

気持がなごむイラストで、節約の楽しさが描かれています。

ともすれば、年収200万円しかなくて、悲しいというような悲壮感が漂いがちですが、おづまりこさんの本には、辛さはないんですね。

どう暮らしを楽しむか。

お金を掛けなくても、自分らしく生活することは可能だ。

前向きな気持ちになれる一冊です。

まとめ

「貯め代のシンプルライフと暮らしのヒント」でよく読まれているのが、年金15万円で幸せに暮らす方法です。

www.tameyo.jp

 わが家は自営業のため、夫婦あわせても年金が月に15万円に達しないことが判明しました。

満額を掛けても、国保や介護保険が引かれて手許にとどくため、ひとり5万円代とのこと。厳しいです(-_-;)

定年がないので、働けるだけ働こうと思いますが、町の人口が激減しているさなかですから、先の見通しは明るくありません。

でも、おずまりこさんの「おひとりさまのゆたかな年収200万生活」読んで、嘆いても仕方がない、節約を楽しみながら夢を持って生きていこうと感じた次第です。

コミックエッセイ本のレビューをお伝えしました。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

 


ライフスタイルランキング

スポンサーリンク