貯め代のシンプルライフと暮らしのヒント

アラフィフ主婦の貯め代はシンプルライフと家計改善を目標にしています

取り得なしの主婦が節約とプチ稼ぎで年50万円を貯める、魔法の呪文は「幸せをありがとう」

節約とプチ稼ぎでお金を貯める方法

金色の御守りと1万円札

私は主婦歴32年目のアラフィフです。

服とスキンケア用品を「買わない生活」をして毎日、おうちご飯で節約。

この1年で50万円を貯めることができました。

年間100万円以上も殖やすことができる方からすると、「たった50万円なの」と思うことでしょう。

しかし、世の中には貯金ができないと悩む方も少なくありません。自転車操業だった私ですが、工夫して年50万円を貯めたことについてお伝えします。

スポンサーリンク

 

家計簿をつけてわかった収支の実態

家計が赤字でも気づかないのは破産への道

家計簿で赤字の現実を知る

ズボラ主婦の私が家計簿をつけるようになったのは10年近い前の、子どもたちが高校生だったとき。

毎月のやりくりに苦しんで、切羽詰まっていたのです。

次女が修学旅行に行きたくないと言い出したときは、ホッとしたほどお金に困っていた。

 その旅行の積立金が戻ってきて、赤字を埋めたことがありましたっけ。

www.tameyo.jp

住宅ローンを払えなくなるのも時間の問題。

どんどん貯金が目減りするのです。

「お金がない」

ストレスがてんこ盛りになり、夜にふと目が醒めてもお金のことが胸をよぎりました。

もしかして、収入以上の暮らしをしてい るのかしら?

しかし、贅沢はしていないつもりでした。

持ち家と自家用車と子どもたちの進学は、どれもふつうのこと、人並みですから。 そして年に一度の家族旅行も国内ですから、ぜんぜん贅沢じゃない。

www.tameyo.jp

まさか、わが家は下流なのか……。

夜中に寝返りを打ちながら悶々と過ごして、翌朝から夫が自営する仕事の帳簿を 調べました。それと同時に。住宅ローンや光熱費に、保険等の洗い出し。

するとわかったのが、みごとな右肩下がりで、収入減にも関わらず、支出は増えていたこと。

暮らしの大幅なダウンサイジングが必要だったのです。 

www.tameyo.jp

収入が減ったら支出 を減らすことが基本です

でも、住宅ローンを抱えていると、そこに手をつけることが難しい。

金融機関に交渉できることすら知らなくて、ひたすら節約しました。

  • 会合や楽しみにしている集まりに行けない
  • 仕事優先でストレスが溜まる
  • 節約のため、日々の食事メニューに悩む
  • こどもの学費の納入ごとに大金が要る 

www.tameyo.jp

なんとか住宅ローンを払い続け、預貯金を吐き出して、次女が大学を終えた時はスッカラカン

私たち親は卒業式に駆けつけることもできなかったほどです。 

プチ稼ぎ

スマホでプチ稼ぎ

ネットでプチ稼ぎは口で言うほど楽ではない

家計で悩みに悩んでいたとき、ある女性が私に近づきました。

「貯め代さん、いい儲け話があるのよ。ネットで稼ぐの。それはブログを資産にするやり方でね……」

そのとき初めてブログにグーグル・アドセンスを導入する方法を知りました。

まあ、その方は私に情報商材を売るのが目的だったので、そちらは丁重にお断りしましたが。

でも、ネットを介した仕事があることは心に残りました。

2015年 、私は地域の自然や観光、ランチのお店をネタにブログを書きはじめ、アドセンスを申請。

その当時はわりと簡単にアドセンスに合格できます。

ASPにも登録しましたが、商品をすすめる記事の書き方がわからず、気ままにブログを書いて更新。

そのスタンスは今も変わらず、私はASPを利用していません。

自分が興味を持ったことや体験談にアドセンスを貼っています。

アドセンスで1円の重みを思い知る

 ふりかえれば、ブログ記事を収益に結び付けるのは素人の私には、たいへんに難しかった。

2015年ある月の収益は75円。

毎日のように更新しても1ヵ月75円だったのです。

時給換算なんてできません。

www.tameyo.jp

ところでグーグルアドセンスで収益をあげるためには 、コツがあるといわれます。

  • 芸能ネタや流行を追い、PVをとにかく集める
  • 役立つ記事をたくさんアップして、検索から集客させる
  • 炎上させてバズらせる

しかしですね、パソコン操作もままならない私にはどれも、ハードルがエベレスト級に高かった。

ブログでは収益化が難しいので、クラウドワークスとランサーズに登録して、ウェブライター修行もします。

クライアントの注文通りに書くことに、えらい苦労しました。

疲れ果てて落ち込む日々

私がパソコンにふれたのは40代からで、すべて自己流。タイピングもでたらめで効率が悪く、本数をまったくこなせません。

それでもキューレーションメディアのまとめ記事を、ぽつぽつと書いていきました。

ところが何とか慣れた頃に、まさかの打ち切り。

3ヵ月で5万円を頂いて退場です。

それから、汚部屋の解消をすべく2017年1月から『貯め代のシンプルライフと暮らしのヒント』を書きはじめました。

結論をいうと、そういう経過をたどり、1円の重みが身に沁みましたね。

ネット上の「楽して儲かる」はまず有り得ないのではないでしょうか。

道端の側溝に1円が落ちていたら、私は素手で拾えるでしょう。

そう感じるくらい、収益を上げることは簡単ではなかった。

www.tameyo.jp

それでも2018年に独自ドメインでブログを運営して、関連コンテンツが解放され、徐々に収益化できるように。

読者の皆さまに支えられ、 続けることができ、ありがとうございます!

2019年1月は念願だった10万PVとなりました。

大御所ブロガーだと1日で達成するかもしれないけれど、私には嬉しいことでした。

お蔭様です。

さて、2015年からアドセンスを貼りつづけて、どのくらい稼げたのか。

はい、お答えすると4年間のトータルで、中堅メーカーのサラリーマン1ヵ月分の手取り給料ほどでしょうか。

48ヵ月を通してですから、ささやかです。

この間、グーグルアドセンスについて解説した染谷さんの本と「沈黙のウェブライティング」は読みました。

染谷昌利さんはネット界の大御所です。

 

友人に勧められたのが「沈黙のwebライティング」

SEOを劇画ストーリーにのせて解説しています。

そういうわけで、取り得なしでパソコン音痴、タイピングも自己流の貯め代ですから、膨大な労力のわりに少しの収入。

でも、感慨深い。

継続は力なり、生きるための修行にほかなりませんから。

心に余裕ができる

節約とプチ稼ぎでお金を貯めるとゆとりができる

節約とプチ稼ぎで貯まると気持ちにゆとりが生まれる

本業の仕事とともに副業をして、節約を重ねると取り得のない主婦だとしても、少しずつでも貯金はできる!

50代半ばですが、この先もムリせず、プチ稼ぎを続けたいところですね。

そんな私は以前「お金がない」が口癖でした。

  • お金がないから欲しいものが買えない
  • 旅行できない
  • 娘の顔を見たいけれど、新幹線が高すぎて叶わない

そんなふうにネガティブだったのです。

あるときのこと。

「大病せず家族がつつがなく生きてこられて、有難いなあ」

そう思いました。

それからです。

頬を撫でる風の心地よさや、青空の美しさに心の底から感じ入ることができたのは。

ささやか日常を楽しむと、お金をかけなくても世界が広がります。

「きょうも幸せな気持ちをありがとう」が、私の魔法の呪文です。

www.tameyo.jp

詐欺がとても流行っていますから、騙されないことも大切。

私は高額な情報商材は購入したことがありません。

www.tameyo.jp

シンプルライフなどモノをできるだけ使い切ることは、賢いライフスタイルと思います。

 まとめ

取り得なしの私が節約とプチ稼ぎで、年50万円を貯めた体験談を紹介しました。

  • まずは家計の実態を掴み、節約を実践。
  • 暮らしをダウンサイジングする・生活レベルをずんと下げる
  • 小さく稼いで成功体験を得る

ブログ運営の上手な方は、もっと効率的に収益化していることでしょう。

ここまで私なりに4年もかけてきましたが、まだまだこれからですね。

最後までお読み下さり、ありがとうございます。

あなたにとって役立つことができたら、幸いです。

関連記事をいかがですか

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

 


ライフスタイルランキング

スポンサーリンク