貯め代のシンプルライフと暮らしのヒント

アラフィフ主婦の貯め代はシンプルライフと家計改善を目標にしています

知らない間にリボ払い「あさイチ」が警告!手数料15パーセント

リボ払い・あさイチ

知らないうちにリボ払いとは?

クレジットカードは過去に延滞などの金融事故がない、信用がある人に発行されます。

便利で欲しいものがすぐ手に入る魔法のカードとして、広く普及しています。

しかし、クレジット会社はリボ払いを推奨しているので注意が必要だと、10月29日放送のNHKあさイチで放送されました。

カード発行時に自動的にリボ払いとなるケースがあるので、お伝えします。

スポンサーリンク

 

リボ払い

画像参照元:あさイチ2020年10月29日放送

NHKあさイチ

三井住友カードやJRのビューカードなど、たくさんの種類があるクレジットカード。

私はYahoo!カードに、楽天カードなどを持っています。

今朝のあさイチでは冒頭で「知らない間にリボ払い」が、放送されました。

リボルビング払いにすると、毎月の返済額を一定にするので、そのときは家計にそれほど響かないような錯覚を覚える。

月々の支払いが定額なのが、メリットといえるでしょう。

その一方で、きちんと支払総額を把握していないと、借金地獄になる怖れが!

www.tameyo.jp

リボ払いは、利息が15パーセント以上の場合がほとんど。

15パーセントがどれほど非道かと言うと、現在のゆうちょ銀行スーパー定期の金利は0.002パーセントです。

たとえば100万円の買い物をして、リボ払いにすると……。

借入残高×年利率÷365日×前回の返済からの日数=利息 

1,000,000×15㌫÷356×30=12328.7671

月々2万円の返済程度では半分以上が利息となり、元金が減りません。

この利息の高さと、支払いが長期に及ぶことがデメリットです。 

メリット

  • 高額な買い物をしても、月々の支払いを低くできる
  • 手持ち金がなくても、どんどん買うことが可能

デメリット

  • 利息が高い
  • 長期に及ぶ支払い
  • リボ払い総額がふくらみがち
  • 返済が終わらない

毎月返済しても、利息が高いため借入残高が一向に減らないのが、リボ払いの特徴です。

スポンサーリンク

 

リボ専用カード

リボ払い・あさイチ

着物もリボ払いなら楽ちん?

あさイチの番組では、申込時に「リボにしてくれ」と言わなくても、リボ専用カードが増えていることが解説されました。

消費者庁には年間約3,500件ほど、リボ払いに関する相談があるそうですが、氷山の一角に違いありません。

そしてクレジットカード会社は、リボを推奨してくる!

私はYahoo!カードを利用することがありますが、「まるごとフラットリボ」や「スキップリボ」にすると、5,000ポイントプレゼントという広告をよく目にします。

www.tameyo.jp

 ポイントほしさにリボ払いにすると、設定を解除しないかぎり、リボ払いになるので、注意しましょう。

また、売る側の販売員も「リボ払いにすれば、支払いが楽ですよ」と、利益確保のために言うかもしれません。

買い物は慎重に!

50歳からのシンプルで楽しい生活♫ ライフスタイルブログ・テーマ
50歳からのシンプルで楽しい生活♫

Rに注意

f:id:tameyo:20201029121106j:plain

Rはリボ払いの頭文字

カードの表面に小さくRの文字があれば、それはリボルビングクレジットの略です

目立たないところにあるので、老眼の方は気をつけて。

また、明細に「リボ払い」があるかどうかで、自分の支払い方法がわかるはず。

番組では、主婦が気づかないまま、リボ払いで買い物を繰り返したという例が紹介されました。

その方は、自分の借金総額を確認しないで、ほしいものを買っていたのです。

欲望はきりがないので、買い物依存は要注意。

www.tameyo.jp

 クレジットカードは、魔法のカードではありません。

使い方を間違えると、負債を雪だるま式に増やすことになりかねません。

国は、民にキャッシュレス決済をすすめているので、シニアもクレジットカードを持つようになっています。

65歳以降はクレジットカード会社の審査により、通りにくいのが現実。

解約も慎重にしましょう。

www.tameyo.jp

まとめ

f:id:tameyo:20201029122054j:plain

リボ払いに注意を!

10月29日のあさイチ冒頭で、「リボ払い」について解説されました。

クレジットカード会社はリボ払いの利用客が増えると、利息が高いから収益を上げることができます。

自動的にリボ払いのカードがあるので、気をつけたいですね。

リボ払いについて、お伝えしました。

 

関連記事をいかがですか

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

 


ライフスタイルランキング

スポンサーリンク