貯め代のシンプルライフと暮らしのヒント

アラフィフ主婦の貯め代はシンプルライフと家計改善を目標にしています

【シンプルな暮らし50代】自然との楽しみは無限♪山野草とワラビ採り

シンプルな暮らし・50代・田舎暮らし

タニウツギの花言葉は豊麗や豊穣

地方に住む私は50代になって、シンプルライフに憧れるようになりました。

少ないモノに囲まれて、自分を大切にしながら生きたいと思ったのです。

そんな私の楽しみは田舎暮しを謳歌すること。

山へ出かけて山野草をカメラ撮影し、道の駅で山菜を買ったり、おいしいランチを食べたり。

先日はワラビを摘むことができ、塩蔵もしました。

田舎暮しについてお伝えします。

スポンサーリンク

 

山野草と花言葉

シンプルライフ・50代・山歩き

ヤマフジ 花言葉は歓迎・決して離れない

歩けるってすばらしい。

山里を散策しながら、自分の短い足に「ありがとう」を言いたくなります。

私は来月で57歳になり、一緒に歩く夫は秋がくれば62歳。

高血圧や中性脂肪が高いなど健康診断で引っかかるけれど、2人で山歩きができることを万物の神様に感謝しています。

画像はヤマフジ。

優しさや歓迎が花言葉ですが、決して離れないというのもありました。

ツルがしっかりと巻き付くからでしょう。

紫色がきれいでした。

50代の楽しみ・自然

フタリシズカの花言葉・いつまでも一緒に

地面に目をやれば、フタリシズカがひっそりと咲いていました。

いつまでも一緒にが、花言葉。

源義経を愛した白拍子の静御前の亡霊が舞う、能の二人静に由来する名前だとか。

2本が多いけれど、3本花芯があってもフタリシズカです。

凜とした花ですね。

f:id:tameyo:20200605130923j:plain

あでやかなタニウツギ

園芸としても人気のタニウツギは、豊麗や豊穣の花言葉があります。

赤い花が山肌に広がる風景は美しいけれど、山火事を連想させるため地方によっては忌むことも。

挿し木しやすく、育てやすいそうです。

新緑に映える赤い花を見ると、自然はたくましいと感じますね。

ワラビ

シンプルライフ・ていねいな暮らし

ワラビ・花言葉は不変の愛

ワラビは初心者でも摘みやすい山菜。

草の中から立ち上がったばかりの新芽を食用にしますが、アクが強いためアク抜きが必要です。

花言葉はまじめ・不変の愛。

www.tameyo.jp

ハイキングがてらワラビや蕗を摘んで、ゼロ円食堂。

これぞ、田舎暮しの醍醐味にほかなりません。

www.tameyo.jp

お味噌汁や煮物にしてもおいしい。

スポンサーリンク

 

アク抜き

ワラビ・山菜

ワラビのアク抜きは重曹か木灰を使う

 私のアク抜き方法です。

  1. 大きな中華なべにお湯を沸かして、木灰を1カップ投入。
  2. ワラビを入れたら、すぐに火をとめて落とし蓋
  3. そのまま8時間おく
  4. 水道水できれいに洗って、食べやすく切って味をつける

山菜料理・シンプルライフ・田舎暮し

ワラビのおひたしなど和食メニュー

ワラビのおひたしには、ワサビじょうゆと削り節でいただくのが好きです。

さっぱりとして、おいしい。
塩蔵をするとき

  1. 塩をたっぷりまぶして重しを載せる
  2. 水があがってきたら、水を捨てる
  3. さらに塩をまぶし、漬ける
  4. それから保存袋に入れて、冷凍室やフリーザーで保管すると、青々しいまま冬に食べることが可能

 

手間要らずにしょうゆ漬けセットもあります。

父の日のプレゼントに案外、喜ばれそうですね。

まとめ

シンプルな暮らしを心がける50代の私が、田舎暮しの良さに目覚めたのはここ10年ほど。

自然とふれあうことで、カメラや山菜採りなど楽しみが広がりました。

田舎暮しに憧れて、移住する若い人たちもずいぶんいます。

また、定年後に都会から移り住む方もいますね。

6月の山で出合った山野草と花言葉、ワラビのアク抜きなどをお伝えしました。

体力維持にもってこいの自然の中での散策は、お金がかからず老若男女を問わずオススメです。

 

関連記事をいかがですか

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

 


ライフスタイルランキング

スポンサーリンク