貯め代のシンプルライフと暮らしのヒント

アラフィフ主婦の貯め代はシンプルライフと家計改善を目標にしています

『他人と上手くつきあえない人』相手を思いやる心を説く加藤諦三の本

加藤諦三・人間関係

他人と上手くつきあえないのはなぜ?

人間関係で悩む方は、とても多いです。

学校や家庭、会社、サークル活動や部活……人が集まれば、あつれきが生まれ、大なり小なり衝突があるのでしょう。

私が人間関係で悩んだとき、とても参考になった加藤諦三さんの本『他人と上手くつきあえない人「きずな喪失症候群」という病』について紹介します。

スポンサーリンク

 

 

加藤諦三

加藤諦三・他人と上手くつきあえない人

テレフォン人生相談のパーソナリティ

社会学者で、早稲田大学の名誉教授である加藤諦三さんは、テレフォン人生相談の名パーソナリティとして有名です。

親子、夫婦、友人、仕事や不倫など生き方について、迷える相談者に寄り添うアドバイスが胸に響きます。

多くの離婚の原因は、モラルハラスメントです

たまたま聞いた放送で、そうありました。

表面だけでなく、妻が陰で操ろうとするモラルハラスメントもあるとか。

心理についての著書もたくさんあり、私は悩みがある時いまでも読み返しています。

『他人と上手くつきあえない人』本は、 読みやすく人間関係について、目からうろこが落ちるような内容です。

なぜ人と上手くいかないのか

人間関係の整理・加藤諦三

心のあり様が態度に出る

本当はあの人と親友になりたい考えているのに、なぜか遠ざけられてしまう。

そんな経験がありませんか?

私は人との関係について、悩んできました。

この本には心に不信感や優越したい気持ちがあると、態度やしぐさに表れ、それを人が敏感に感じ取るため、親交が深まらないのだと、あるんですね。

www.tameyo.jp

この本は、親しい人間関係が築けない人は、なにが問題かを解説しています。

  • 相手に母なるモノを求めてしまう
  • 適切な距離感を知らない
  • 相手の立場や苦労を思いやることがない

心理的に絡む

人間関係・加藤諦三

絡むことで自分の憂さを発散する人

夫婦や親子でよく見られる葛藤。

相手にしつこく絡むことで、自分のおもしろくない気持ちを発散するタイプの人がいます。

なかには無自覚に絡む人もいるし、感情的になってしまいブレーキがきかない人も。

要するに自己中心的なのですね。

自分は王様、他人は自分に優しくすべきだし、言うことを聞くべきだ。

そんな考えが胸底にある。。

そういう人が親だと、子どもは鬱など心理的な問題を抱えるかもしれません。

www.tameyo.jp

成長した子どもはいつか親に、手痛いしっぺ返しをすることがあるでしょう。

しっぺ返しをするくらいの強さがあれば、世の中を渡っていける。

けれど、心が折れやすいと、引きこもりになってしまうことも。

 そうならないための予防策としても、加藤諦三さんの本はおすすめです。

文庫本で550円の『他人と上手くつきあえない人』

自己啓発セミナーなどにハマると、高額な料金ですが、本はその点、良心的です。

しかも、繰り返して読むことができる。

スポンサーリンク

 

癒やしを与える人

自分に満足して生きる

人ぞれぞれ暮らしが違うし、家族や経済状態、体調も同じ事はありません。

加藤諦三氏は、「ヒナゲシなら野に咲くヒナゲシ のように生きたら良い。むりをして胡蝶蘭になろうとすると、他人にムリをしていることが伝わり、結局それで遠ざかるのだ」というようなことを本の中で、語っています。

例えば、悩みの相談者は自分のことばかり述べがちだけれど、相手の立場を思いやることができれば、それだけでほぼ解決する。

そのようなことも述べているんですね。

 

加藤諦三さんの本は新刊はもちろん中古もあるし、電子書籍もあります。

私はたくさんの本を処分したけれど、加藤諦三さんの本は手元に置きました。

読む度に新たな気づきがあるからです。

まとめ

『他人と上手くつきあえない人 きずな喪失症候群という病」についてお伝えしました。

私の悩みは、父にそっくりなこの性格です。

ファミリーチェーンという言葉を、はてなブロガーの方が教えて下さいました。

血族って、なかなかに厄介ですね。

加藤諦三さんは末っ子として生まれて、モラハラなお父様との関係が辛かったそうです。

人間はなにが幸いするかわかりません。

加藤諦三さんも親子関係で深刻に悩んだからこそ、名パーソナリティになったのでしょう。

 

関連記事をいかがですか

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

 


ライフスタイルランキング

スポンサーリンク