貯め代のシンプルライフと暮らしのヒント

アラフィフ主婦の貯め代はシンプルライフと家計改善を目標にしています

定年後に毎日いっしょは無理という妻!ならば働き続けて熟年離婚を避けよう

定年離婚を考えているのは、夫より妻のほうが多い。

明治安田生活福祉研究所の調査によると、子どもがいる既婚女性の28.1㌫が夫の定年後に離婚しようかなと、考えたことがあるそうです。

子どもが成長して自立すると、夫婦をつなぎ止めるものがなくなる。夫が毎日、家にいると妻は息抜きができない。そんな理由もあるでしょう。

私が思う、シニアになっても夫婦円満に暮らすコツをお伝えします。

スポンサーリンク

 

 

定年離婚の理由は?

地元紙に定年離婚についての調査結果が載ったのは、昨年末です。

各紙に載ったと思うのですが、お読みになりましたか?

定年離婚を考えた理由のトップは、私には衝撃的でした。

夫の退職後に、毎日いっしょに生活するのは耐えられない

サラリーマンは共働きでも奥さんが専業主婦でも、昼間は空間スペースが別です。

それが夫の退職により、家にいる時間が長いとそれだけで妻は憂うつになってしまう。

よくある妻の不満を並べてみましょう

  • 毎日のお昼ご飯の準備がめんどう
  • 気晴らしに、外出ができない
  • 出かけようとすれば、夫が詮索する
  • 退職により家計管理に口を出される
  • お金に細かくて、生活費をくれない
  • 家事について注文が多くなった

日々の積み重ねで妻の不満が高じると、更年期の時期でもあるので、心身の調子を崩すことが少なくありません。

場合によっては、うつ病のようになってしまう女性もいます。

それから、さらに紙面ではこんな理由も挙げられていました。

「配偶者の介護をしたくない」

そう思う女性が8.5㌫、男性は 1・9㌫。

夫の介護はイヤという妻が、1割弱という結果がでました。

尚、この調査は2018年6月、全国の40歳~64歳の男女を対象にインターネットで実施。

1万2千人の回答を得たとあります。

介護は問題山積み、私もその時になってみないとわかりませんが、今のところ夫に介護が必要になったら、精一杯努めたいと思います。 

www.tameyo.jp

実母の家系は脳疾患が多く、私のほうが先に介護を必要とするかもしれない。

健康寿命を延ばすことは、切実な課題です。

卒婚は?

離婚せずにお互いが必要以上に干渉しないで、自立した生活を楽しむことを卒婚といい、昨今の流行語になりました。

元々は2004年に出版された杉山由美子著『卒婚のススメ』 で用いられた造語。

今回の調査では男性56・4㌫が卒婚に肯定的、女性は73.5㌫で、年齢が上がるにつれて前向きに卒婚を考えているとのこと。

 

www.tameyo.jp

 

横綱で相撲部屋の元親方・花田光司さんが景子さんとの離婚時に「卒婚ですよ」と話されましたが、正式に離婚されたので、「卒婚」ではありませんね。

卒婚は、結婚状態を維持しつつ、相手の自由をある程度は認めて、あまり干渉しないことですから。

定年離婚で気になるのは、その後の暮らしはどうなるかではないでしょうか。

家事を任せきりの夫は生活不能

f:id:tameyo:20181109215521j:plain

セルフネグレクトに注意

画像は若い人物ですが、60歳以降の男性に置き換えてください。

広い家にたった独り、もう会社に行く必要はありません。

朝から酒浸りでも、文句を言う人もいない。

自分の会社にステータスを感じて、仕事が生きがいだった夫は妻に去られた時、3度の食事に困るかもしれません。

コンビニはあるし、宅配弁当もあるので、飢えはしないでしょうが。

ある熟年の奥さんは、夫との会話が続かないことに絶望したそうです。

毎日、食事を作ってテーブルに並べても、ただ黙々と食事する夫。

妻が「おいしい?」と聞くと、「うまいから喰ってる。まずければ喰わねえよ」と。

そんなことが積み重なり、離婚に至ります。

「せめてひと言、有難うと言ってくれたなら、私の気持ちは慰められたでしょう。徐々に顔も見たくないと感じて、同じ部屋の空気を吸うのもイヤになった」

www.tameyo.jp

 

www.tameyo.jp

 生活を妻に任せきりだと、不慮の事故やあるいは突然の病気で死別したとき、途方に暮れるご主人が多いのが実情です。

  • 自分の着替えの場所
  • 入浴や洗濯
  • 食事と後始末
  • ゴミ出し

毎日の暮らしのリズムが崩れてしまうと、やがてセルフネグレクトになる可能性があります。

離婚するとかしないにかかわらず、日頃から妻は家事ノートを作り、夫婦で共有すると良いでしょう。

離婚後の妻は経済的に自立できるか

定年離婚した妻が子どもと暮らすケースもあるでしょうが、独り暮らしの場合は、経済力が課題となります。

  • 家賃
  • 水道光熱費
  • 食費など生活にかかるお金
  • 医療費
  • 交際費

「年金分割」熟年離婚は99%やめたほうがいい | 家計・貯金 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

年金を分割してもらえるのは、婚姻している期間の厚生年金の部分。

www.tameyo.jp

 

専業主婦だった人は、暮らしが大変になるケースのほうが多いそうです。

スポンサーリンク

 

定年後も夫婦で働く

人生100年時代 、長生きはリスクという説も出てきました。

そして生涯現役を貫いて、家にいないほうが妻との関係が良好になりそう。

定年後に悠々自適の生活ができる人は、これからはますます減るにちがいありません。

夜間警備、事務作業の請負、YouTuber・ブログ執筆など1円でも稼ぐことで夫婦の関係が良くなるかもしれませんね。

健康である限り夫婦ともに働くこと、ただし年金を減らされない程度に

また、厚生年金をたくさん受給できる世帯では、定年後の働き方によって、高額な納税を課せられることがあります。

体調と相談しながら、ほどほどに働くのがおすすめ。

まとめ

新聞の片隅に載っていた『定年離婚』の意識調査は、私にはショッキングな数字でした。

夫の介護をしたくない妻は1割弱と少数ですが、います。

時代の変化なのでしょう。かつては嫁は、脳疾患等で寝たきりの舅や姑の下の世話まで一切合切、押しつけられたものですが、時代は変わりました。

日本の夫婦や家族は、かつてないほど脆いことが数字からうかがえます。

どうしても精神的に耐えられないときは、離婚も仕方がありません。しかし、経済面等を考えるとできるだけ避けた方が 正解です。

関連記事をいかがですか

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

 


ライフスタイルランキング

スポンサーリンク