貯め代のシンプルライフと暮らしのヒント

アラフィフ主婦の貯め代はシンプルライフと家計改善を目標にしています

【定年夫婦のトリセツ】共感を求める女性脳と正解にこだわる男性脳!!仲良く暮らす秘訣とは?

定年夫婦のトリセツ・黒川伊保子

夫の存在がストレスになる妻

夫婦で家の中にいる時間が長くなると、大なり小なり感情のすれ違いが生じませんか。

生活の共有スペースであるダイニングや居間に夫がいると、ストレスを感じる妻は多いです。

人工知能の研究者・黒川伊保子さんの本「定年夫婦のトリセツ」は、男女の脳の違いを解き明かして、どうしたら和やかな日常を送ることができるかをアドバイス。

本の感想をお伝えします。

スポンサーリンク

 

共感を欲する女性

定年夫婦のトリセツ・黒川伊保子

女性は解決ではなく、共感を求めている

著者の黒川伊保子さんは、『妻のトリセツ』でヒットを飛ばした人工知能の研究者です。

人間にもトリセツが必要というのは、斬新ですね。

さて、女性はおしゃべりが好きで、話し相手が欲しい生き物。

相手が共感してくれるだけで、ストレスが軽減されます。

例えば、会社のお局様から理由もなく、いじわるをされたとき、

「そうね、わかるわ。あなたの辛い気持ちが」

女友達からそう声を掛けられたら、苦しみが半減されるのが女性の感じ方です。

ところが夫に話しても、共感するどころか、

「君に落ち度があったんだよ。だって、家事をしても、いつだってミスが多いから」などと、逆に責められるような言い方をされたら、どうでしょうか。

妻は二度と、夫に心を開こうとしないかもしれません。

なぜなら、話すだけムダだし、傷口に塩をすりこまれたように、余計なダメージを受けるからです。 

www.tameyo.jp

ところが、こんなことを言う夫に、悪気がないとしたら?

夫はイヤミでなく、妻にも非があるのではないかと、冷静に言っただけという可能性があるのです。

感情がすれちがうのはなぜ?

夫婦・離婚・家庭

相手の脳(考え方)を理解しよう

なぜ、夫は妻の気持ちをくみとってくれないのか。

本書『定年夫婦のトリセツ』では、男性脳が理論的に正解をみちびくことや、正義にこだわりやすい点をあげています。

  • 男性脳とは男性的な役割をする脳の働きで、幼い者に危険が迫ったとき、男の目は野獣などに向けられ、防御しようとする
  • 女性脳は、幼い者に危険が迫ると、とっさにその子どもを抱き上げたり、かばおうとしたりして、子どもから目を離さない

大昔から、男女はペアとして幼い者を守り、自分たちの遺伝子を未来へつなごうと必死だったのでしょう。

つまり、男女は逆の考えと行動を起こして、生命を維持してきた。

しかし、男性だからといって、男性脳という訳でありません。

男性でも女性脳の方がいるし、女性でも男性脳が強い場合もある。

ペアはふたりそろって、能力を発揮できます。

そういうことを踏まえると、日常生活で意見が合わないのも当然ですね。

面白いことに、夫婦は真反対なものである。

夫が女性脳の場合、妻は男性脳であるケースがほとんどだ。

 夫婦のトリセツ23ページ

 

黒川伊保子さんは1959年、長野県生まれ

脳科学者であり、人工知能の研究者です。

共感力を身につける

夫が妻の機嫌を損なわずに、円満に暮らすコツがあります。

相手の気持ちを推しはかってみましょう。

  • 「嫌な思いをさせたね、ごめんね」
  • 「気がつかなくて、ごめんね」
  • 「心細い思いをさせたね」

企業戦士だった男性は、とかく威張りがちで、思いやりがなく、命令口調ですが、もし奥様と円満に過ごしたいのなら、上記の3つの言葉を掛けると良いでしょう。

スポンサーリンク

 

夫には理路整然と話す

そして、妻はだらだらと要点を得ない話は極力、避けること。

「あなた、お母様の七回忌について話があるの。ポイントは3つ、いつやるか、どこでやるか、誰を呼ぶか」

テーマを述べ、ポイントの数をあらかじめ伝えると、男性脳は俄然スムーズに動き出す。

 参照元:定年夫婦のトリセツ51ページ

 なるほどねえと感じませんか?

家庭内で、ポイントを抑えて報告や相談を、私はしたことがなかったので、とても勉強になりました。

 

「定年夫婦のトリセツ」によると、夫は妻が急に思い立って外出の支度を始めると、不安を覚えるそうです。

「どこへ出かけるんだ?」

「何時に帰るのか?」

「おれの飯はどうするんだ?」

いちいち答えるなんて正直、面倒くさい!!

自分の食事くらい、たまには自分で支度すればいいのにと、怒りをおぼえますね。

この場合の解決法は、やはり事前に夫に報告しておくことです。

定年後の夫は、子どもが母親を慕うように、もはや妻なしには生きていけないそうですから(@@;)

まとめ

夫婦げんかをして1週間、口をきかないことはわが家にもありました。

男性と女性では、考え方も行動も違うのだということを、脳科学の観点でわかりやすく解説した「定年夫婦のトリセツ」から知りました。

若い世代の夫婦が読んでも役立つ内容です。

夫婦で互いを思いやり、毎日をなごやかに過ごしましょう。

 

関連記事をいかがですか

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

 


ライフスタイルランキング

スポンサーリンク