貯め代のシンプルライフと暮らしのヒント

アラフィフ主婦の貯め代はシンプルライフと家計改善を目標にしています

暖冬で安い!ブロッコリーは焦がし焼きで美味になる、やみつきスープレシピ

焦がしブロッコリー・ブロッコリー

ブロッコリーを鉄フライパンでこんがり焦がす

年末からブロッコリーがお買い得になっています。
暖冬で成長が良いため、畑からどんどん出荷されて、スーパーでお安い!

ブロッコリーを鉄フライパンでこんがり焦げ目が付くほど焼くと、味がバツグンにおいしくなります。

茹でるよりも、ビックリするほど味に甘味がでるんですよ。

焦がしブロッコリーについてお伝えします。

スポンサーリンク

 

 

ブロッコリー豊作

ブロッコリー

ブロッコリーがお買い得

全国的に暖冬で、私が暮らしている雪国も記録的に雪が少ないです。

ただ、最高気温が2~5℃と低いため、露地物の野菜は収穫できません。

ブロッコリーは主に関東以南で栽培されたものが、輸送されて私の町でも売られています。

画像のブロッコリーは、税抜き158円でした。

今朝のテレビでブロッコリーの産地の様子が放送され、

「暖冬で前倒しで収穫しています。

大きくなりすぎると規格外になるので、花芽が締まっているうちに収穫して、出荷。

今は安い価格ですが、春には逆に品薄になるかもしれませんね」と、生産者。

そうか、安いのは今だけ!

それではお買い得なうちに、おいしく味わいましょう。

www.tameyo.jp

ブロッコリーは肉料理の付け合わせに、栄養的にも最適ですね。 

冬のブロッコリーは虫がいない

ブロッコリー

よく洗いましょう

私の町では初夏の頃に、地場産のブロッコリーが出回ります。

その頃のブロッコリーは青虫さんが、よく生息しています。

虫も食わないような野菜は、農薬がたっぷりかもしれませんから、多少の虫食いは許すけれど(@@;)

でっかい芋虫が2匹も元気に潜んでいたら、げんなりします。

その点、冬場のブロッコリーは虫が少ない。

でも、水のなかで振り洗いしましたよ。

www.tameyo.jp

焦がすと甘くなる!

ブロッコリー

鉄のフライパンでこんがり焼く

ブロッコリーやパプリカ、キャベツは焦がすと、グッと甘味が強くなります。

焦げ目を付けるには、テフロンのフライパンよりも、鉄製のほうが良いでしょう。

私はスウェーデンの鋳物製のフライパンを愛用。

  1. フライパンを熱する
  2. オリーブオイルを敷く
  3. 子房に切り分けたブロッコリーを投入
  4. 強火のまま炒め、塩こしょうを振る
  5. 大さじ3の水を加え、ふたをして蒸し焼き
  6. すぐに火を止めて2分、蒸す

これで、焦がしブロッコリーの完成です。

このまま温野菜として、テーブルにだしても家族に好評ですよ。

甘味が強く、ドレッシングいらずです。

www.tameyo.jp

コンソメスープ

ブロッコリー

焦がしブロッコリーのスープ

市販のコンソメを溶かして、焦がしブロッコリーを入れるだけで、心も体もほっこりと温まるスープができます。

写真は、粉チーズを振りかけたブロッコリーのスープ。

忙しい朝食作りにもぴったり。

というのも、焦がしブロッコリーの甘さは、時間をおいてもそれほど損なわれません。

ですから、夜のうちに焦がしブロッコリーを作っておくと、お弁当と朝食のスープにも利用できますね。

ビタミンを補給して、冬を乗り切りましょう。

スポンサーリンク

 

 

ミートソース

ミートソースに焦がしブロッコリー

今日のお昼はミートソース。

熊本産のトマトが一箱1000円だったので、大人買い。

しかし、このトマトはサラダでたべるには、少し酸味が強かった。

なので、皮を剥いて3コをミートソースに投入しました。

私はレトルトのミートソースでなく、家にある材料を煮詰めて、作るのがほとんどです。

自家製ミートソース

焦がしブロッコリーの甘味が、トマトの酸味をやわらげてくれます。

材料は2人前

  • トマト3個
  • タマネギ 2分の1個
  • 豚バラ 100グラム
  • 焦がしブロッコリー 6房くらい
  • ケチャップ 大さじ3
  • 塩こしょう

www.tameyo.jp

 冬に真っ赤なトマトソースに緑のブロッコリーを加えてたべると 、体に元気が宿ります。

健康は食から。

お得なクーポンをゲットしませんか。

 

まとめ

暖冬のおかげで、ブロッコリーが激安になっています。

太陽の恵みを受けて、ビタミンもたっぷり。

フライパンで焦げ目がつくほど焼くと、やみつきブロッコリーとなります。

野菜嫌いのお子さんや男性にも、ウケること間違いなしの焦がし焼きブロッコリーをお伝えしました。

関連記事をいかがですか

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

 


ライフスタイルランキング

スポンサーリンク