貯め代のシンプルライフと暮らしのヒント

数年後に還暦の貯め代はシンプルライフと家計改善を目標にしています

ロシア軍がウクライナのザポリーシャ原発を攻撃し制圧!日本の稼働原発は9基

ロシア軍によるウクライナ侵攻

3月4日未明に、ウクライナにあるヨーロッパ最大のザポリーシャ原発が、ロシアから攻撃を受けたというニュースがありました。

日本は狭い国土に、廃炉が決まっているのも含めて原発が54基。

稼働しているのは9基です。

東日本大震災による、福島原発事故の放射能汚染から11年。

戦時における原発リスクを考えます。

スポンサーリンク

 

 

 

ウクライナの原発を攻撃

原発攻撃をやめて

ウクライナには1986年4月26日午前1時に最悪の原発事故を起こしたチェルノブイリ原発があり、事故後に石棺で覆われました。

放射能が漏れないようにするためです。

たとえばプルトニウム239の半減期は2.4万年と非常に長く、環境を汚染し続けるので、核の扱いに人類が苦慮している。

このことはロシアもよくわかっているはずですが、原発に攻撃を仕掛けたと西側は見ています。

国際原子力機関(IAEA)は4日、ウクライナのザポリージャ原子力発電所(Zaporizhia Nuclear Power Plant)への攻撃をやめるようロシア軍に求めた。

原子炉に攻撃が当たれば「重大な危険」を招くと警告している。

IAEA、ウクライナ原発への攻撃停止呼び掛け 原子炉に当たれば「重大な危険」 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News

許されない暴挙です。

CNN.co.jp : ウクライナ大統領、核災害になる前にロシアを止めて欲しいと訴え

なかには情報操作をされているのは、西側だという意見が、ヤフコメにありますが。

  • ソ連崩壊のときロシアはソ連の負債をすべて引き受けた
  • NATOに東側に拡大しない約束をさせた
  • ウクライナは経済援助を受けながら寝返った

プーチンが進めるウクライナ「国民総入れ替え計画」の全容(FRIDAY) - Yahoo!ニュース

ロシアと日本

f:id:tameyo:20220202131828j:plain

海産物をロシアから輸入

ロシアは日本の隣国です。

かつて日本はカニや鮭を多く輸入していました、ロシアから。

因縁深い関係です。

日露戦争のときは日本が辛くも勝利を収めて、南樺太(サハリン)や北方領土がわが国の領土となり、南樺太には製紙会社などがあり、移住者がたくさんいました。

1905年(明治38)から1945年(昭和20年)の40年間は、日本が南樺太などを支配。

けれど、敗戦によりかすめ取られた経緯があります。

江戸時代からロシアは手強い相手で、幕府は諸藩に命じて蝦夷地(北海道)を警備させました。

ロシア帝国時代からの領土問題は根深い。

スポンサーリンク

 

 

日本の原子力発電所

原発

日本の原発の状況

画像の引用元:

日本の原子力発電所マップ 2021年版 | nippon.com

核を燃料にする原子力発電所は日本に2011年までは、全部で54基ありました。

震災による事故や老朽化で廃炉が決まっているのをのぞけば、33基。

核燃料棒は制御棒を抜き、プールで冷やされている限りは安全だそうですが、問題は再稼働中の原子炉です。

稼働中に爆撃を受けたり、停電になったりすると超危険。

戦争になれば原発はリスクになることが、ロシアのウクライナ侵攻でよく理解できます。

中国と台湾

五輪マーク

中国が台湾に侵攻するのではないかと、危惧されています。

台湾は国家として認められていませんが、台湾関係法が、台湾の安全保障のための規定をふくみ、合衆国の軍事同盟を結んでいる。

ただし、台湾有事の時に必ず助けるということを確約しない「戦略的あいまいさ」があるとのこと。

なお日本とアメリカの日米安保条約は、自動延長されて今に至ります。

日米安全保障条約(主要規定の解説)

台湾と沖縄の離島・与那国島は111キロと近いので、有事の時は対岸の火事で済まないでしょう。

巻き込まれる可能性がある。


www.youtube.com

世界史の勉強になるYouTubeです。

3月4日は、東証終値が2万5,985円と値下がりで終了。

リスク回避の売りが先行しました。

貯め代のシンプルライフと暮らしのヒント - にほんブログ村

まとめ

この記事は私見ですので、ご容赦を。

1968年のプラハの春は、ソ連の戦車に無防備のチョコスロバキアの市民が立ち向かい、世の中に衝撃を与えました。

今回のウクライナ侵攻では原発が狙われて、世界が騒然となっているので、日本の原発リスクにふれて、お伝えしました。

 

 

関連記事をいかがですか

 

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

 


ライフスタイルランキング

スポンサーリンク