貯め代のシンプルライフと暮らしのヒント

アラフィフ主婦の貯め代はシンプルライフと家計改善を目標にしています

情報

『生活保護の謎』新書を読んで驚いたこと、役所の水際作戦とは?

武田知弘著『生活保護の謎』 2020年はコロナ禍により、仕事を休業したり、失業したりするケースが増えています。そのせいか生活保護を申請する人が急増という報道を、よく耳にするようになりました。 武田知弘著『生活保護の謎』は、祥伝社が発刊した新書。 …

第2波に備えたいものはマスクとトイレットペーパー、そして米や小麦粉

買えるようになったマスク 東京都の感染者が減らず、アメリカから来日した三沢基地の米国軍人がコロナ陽性であったことなど、なかなか収束しないコロナ禍です。 新型コロナのワクチン開発は各国が必死になっていますが、まだ完成してはいません。 そこで心配…

婦人公論の親の老後に追い詰められないで、介護破産を回避するには?

介護の大変さが心に沁みる 図書館から、婦人公論のバックナンバー2020年3月24日号を借りて読んでいます。 特集『親の老後に追い詰められないで』が、胸に沁みました。 3年も意識不明で眠り続ける90歳の義母、あるいは妻を亡くした義父が44歳も年下の女性と再…

【withコロナ】葬儀は密葬で済ませたと葉書、香典等はどうしたらよいだろう?

withコロナの葬儀は家族だけの密葬 先日、お世話になった方が亡くなったという知らせを、葉書でいただきました。 葬儀は密葬にて相済ませたことと、コロナヘの配慮から弔問等の心遣いはどうか控えてくださいという内容です。 コロナウィルス感染症は、大人数…

不倫スキャンダルに巻き込まれた妻子は一生消えないトラウマを抱える

不倫に家庭崩壊はつきもの 芸人のゲス不倫が話題のこの頃です。 女性スキャンダルで年収1億円が消滅かという話も驚きますが、心の傷を奥さんと子どもが負うのは違いありません。 なぜ、幼い子どもが傷つくか? 後々、周囲の大人たちがそれとなく匂わせたり…

息子や娘から過去を痛烈に批判されたとき、親はどう対処したら良いのだろうか?

昔のことを持ち出されて困惑の母親 子育ての時期は親も若いせいか、感情的になってしまうことがあります。 私は24歳と27歳で出産し、20代から30代が育児のピークでした。 32歳になった長女から「子どもだったとき、母さんにもの凄く叱られた」と先日、言われ…

母の日ギフト届きました!お花とハーバリウムディフューザーのセット

ハッピーマザーズデイの定番は花 娘からカーネーションの鉢植えとカレンダー、ハーバリウムディフューザーのセットが届きました。 2020年は5月10日が母の日ですから、一足早く喜びに包まれています。 その一方で、私は93歳になる夫の母に、なにを贈ろうか思…

ストレス溜まる外出自粛『禁酒セラピー』本を晩酌好きにすすめる理由

コロナ禍で家で飲むことが推奨されている 今週、最も驚いたニュースが、自宅での飲酒に関する事件でした。 夫婦ふたりで、5時間半もお酒を飲み続けたあげく、口論。 「年収が低い」となじられた夫が妻を平手打ちして、妻は転倒。 結果的に死なせたのです。 …

コロナが終息するまで通夜や葬儀に参列しないほうがよいだろうか

葬儀でコロナウイルスに罹患するケースが! 2020/06/15更新しました。 国民的コメディアンの志村けん氏が、新型コロナウイルスによる肺炎によりご逝去されました。 肉親であっても最期の対面はできず、お骨上げもできないそうです。 コロナ感染症は、無慈悲…

買いだめのしすぎは健康を悪化させる『ゲンキの時間』大量に備蓄の家

健康になりたければ買い物から変えなさい 3月29日朝7時から始まる「健康カプセル ゲンキの時間」を、ご覧になりましたか? 番組タイトル「母の難聴&夫のコレステロール 出動 家族の健康防衛隊」 わが家は夫婦ふたりともコレステロール高めなので、食い入る…

子を持つ親に桐野夏生『路上のX』をすすめる理由!年少者の商品化に戦慄

イマドキのJKビジネスを題材に 韓国で明らかになった「n番部屋事件」をご存じですか。 年少者を勧誘し、個人情報を聞き出して脅し、虐待動画を撮影して有料会員に配信したというものです。 ネットを使った悪質な事件、日本では無縁でしょうか? 年若い世代…

小池知事が東京封鎖の可能性に言及!食料備蓄とお米の注意ポイント

食料備蓄の目安は少なくても1週間 桜が満開の関東ですが、小池百合子都知事が23日に記者会見をしました。 「無自覚のうちにウィルス拡散のおそれがあるから、イベントの自粛は4月12日まではお願いしたい。 さらに感染者が増えると、ロックダウン(都市封鎖)…

コロナ不況で地方は早くもリストラの話、収入ダウンの対応策は?

インバウンド頼りだった地方経済 2020/03/19更新しました。 私が住む町は、コロナ感染者がまだいない地域ですが、影響は深刻です。 旅行者が消えて、目抜き通りや観光施設はガラガラ。 ホテルも空き室だらけとのこと。 そんなとき地元でおみやげのお菓子を製…

免疫力を上げよう!お茶を飲んで体を冷やさず、腸内環境を整えてリスク減らす

お気入りのカップでティータイム 医療従事者はこまめにお茶を飲んで喉をうるおし、ウィルス感染のリスクを減らしているそうです。 また、免疫力が落ちないように体を冷やしたり、冷たいものを食べ過ぎたりしないことも大切ですね。 春に女性は薄着になりがち…

スマホの除菌とコロナ疲れ!情報を選び遮断することがコロナ鬱に有効

あなたは、トイレにスマホを持ち込みますか? もしトイレ中もスマホを操作するのなら、表面をアルコール除菌したほうが良いとTV番組「アッコにおまかせ」で、感染症の専門家である岡田晴恵教授が解説していました。 また、イベントやお花見宴会の自粛ばかり…

新型コロナ肺炎が心配だから結婚式の出席を見合わせたい!娘からの相談

結婚式に招待されている 2020/03/26更新しました。 都内に住む娘から「3月に友達の結婚式があるから、出席のお返事をしたけれど、日増しに新型コロナウィルスが心配になってきた。できれば人が集まる場所を避けたいから、行きたくないんだよね」と、LINEで相…

公的な不動産担保型生活資金とは?老後資金がどうしても足りないとき

不動産担保型生活資金とは? わが家は、残念なことに老後の資金が足りません。 夫婦で自営業者のため、65歳から受給できる国民年金もごくわずか。 老後は食うや食わずの極貧生活かと思うと、気持ちが沈みます。 そんなとき、どうしても困ったときは不動産型…

PayPay残高の支払いで最大500円が戻る!吉野家で牛皿定食を食べて感じたこと

牛皿定食と牛皿鮭定食 2月29日まで、対象の飲食店でPayPay残高で支払うと、Yahoo!プレミアム会員なら50パーセント、1回につき500円が戻るキャンペーンを開催中です。 わが家はめったに吉野家に行かないのですが、キャンペーンに乗りました。 還暦すぎの夫…

ミニ財布が人気♪お得なPayPayとお金の貯まる財布のひみつ

ミニ財布と長財布 いま、ミニ財布が人気です。 私は「お金持は長財布を使う」という本や言葉がブレイクした10年前から、長財布を使っていました。 ところがPayPayを利用し始めて、「あら、長財布がじゃまだな」と感じました。 ミニ財布が人気の理由と、お金…

マスクが品薄!スッキリが新型コロナウィルス感染症を解説、デマに注意を

マスクが品薄 2020/02/23更新しました。 1月29日の夜にスーパーで買い物をして、マスクを探したらいつものレギュラーサイズが売り切れていました。 Sサイズなら売り場にありましたが、私は顔がデカイためレギュラーが欲しくて、30枚入り税込437円を購入。 …

【東京ラーメンストリート】斑鳩のらー麺と東京駅から歩いて皇居外苑を散策

東京駅の東京ラーメンストリート 大人の休日倶楽部パスを利用して、東京に出かけました。 1日目は横浜を観光し、2日目は東京駅と皇居外苑を散策して、東北新幹線で帰宅の途につきます。 この記事は東京ラーメンストリートで食べたラーメンと、東京駅にて家…

キレる!脳科学から見たメカニズム・対処法を知って上手に意思表示をしよう

相手がキレても、じっと我慢? かつての私は自分の意思を口で言い表すことが苦手で、理不尽な要求をされても、全く反抗ができないタイプでした。 でも、ストレスが溜まるし、相手からの要求はひどくなるしで、鬱屈していた時期があります。 『キレる!脳科学か…

【50代主婦の後悔】お金の余裕がなくて私が諦めた3つのこと、親族の悩み

世の中はお金で解決できることが多い お金で解決できることは、世の中にたくさんあります。 50代半ばの主婦である私は、どうしてもお金を工面できずに諦めたことがあって、いまも残念に思っています。 健康や若さと愛する家族はいくらお金を積んでも得ること…

『スマホうつ』本レビュー、IT猫背で体がゆがむ!ストレートネックに注意

スマホうつは薬では治らない スマホうつをご存じですか。 長時間、スマホに熱中するあまり、姿勢がゆがんで、首や肩が凝る。 ストレートネックにより、心身の不調が進行する症状です。 『イライラ、モヤモヤのその正体 スマホうつ』の本は、現代人がいかに長…

2020年もてなし料理と、1歳8カ月の初孫への気遣い5つのポイント

2020年年末年始のおもてなし この年末年始は娘が配偶者と初孫を連れて、わが家で正月を迎えました。 娘夫婦はこれまで婿殿の実家へ帰省していたので、初めてのことです。 それで、私と夫も張り切って家を片づけて、料理を準備。 良かったことと失敗したこと…

『事故物件怪談恐い間取り』松原タニシ著は恐怖に震えつつウラ事情が面白く

恐い間取りは事故物件怪談の本 『事故物件怪談 恐い間取り」を読みました。 著者は芸人の松原タニシさん。 事故物件といえば、この頃は中高年の孤立死が多いため増えていると聞いているので、意外と身近な問題ではないでしょうか。 眠れなくなるほど怖い本な…

死ぬこと以外かすり傷!箕輪厚介さんが語る「熱狂」とは

『死ぬこと以外かすり傷』を読みました 幻冬舎といえば、ヒット書籍を世に売り出す出版社です。 『死ぬこと以外にかすり傷』は、幻冬舎の敏腕編集者である箕輪厚介さんの本。 投資家の与沢翼さんや幻冬舎の社長である見城徹氏の本をプロデュースしたことはよ…

【主婦の副業】稼げて将来有望はオリジナルグッズか、ブログやWEBライター?

人工知能の時代に稼げる副業とは? 2019/10/26更新しました。 おこづかいが欲しい! 生活費の足しにしたい! 子どもの教育費にしたい! 主婦が副業をしたい理由は、いろいろありますね。 10月16日に見た情報番組『ヒルナンデス』で、スマホアプリを使ってハ…

片田珠美『他人を攻撃せずにはいられない人』のレビュー、ターゲットにされても諦めない!

他人を攻撃して自分の精神を安定させる毒になる人 あなたの周囲にトラブルメーカーはいませんか? 私は今週、ある女性の言動に、うんざりさせられました。 その方は出しゃばりで、ときに恫喝まがいのことも口にされます。 なぜ、こんなにも攻撃的なのか。 私…

『老後の資金がありません』老親への仕送りと子どもの結婚費用が痛い

垣谷美雨著「老後の資金がありません」 このごろ垣谷美雨の小説にはまり、今回は『老後の資金がありません』を読みました。 必死に働いてきたのに、貯蓄は減るばかりの主婦が主人公です。 老親ヘの仕送りや娘の結婚式、夫のリストラなど身につまされて、考え…