貯め代のシンプルライフと暮らしのヒント

アラフィフ主婦の貯め代はシンプルライフと家計改善を目標にしています

身近なトラブル

不倫と略奪婚に苦しんだ母は、認知症になって穏やかな気持ちに

ある女の一生 母が暮らす老人施設へ、台風19号の前に行きました。 78歳の母は60歳少し前で脳こうそくを患ってから、徐々に体の機能が衰えて、施設に入居。 認知症も発症しています。 しかし、独り暮らしの頃よりも表情はぐんと穏やかになり、不安や不満、…

20代ワーキングマザーの娘は台風の備えが遅かった!

都内スーパーはゆうべ品薄 (2019/10/14追記しました) 私の娘は、都内在住のワーキングマザーです。 数日前から「台風に備えて早めに、水と食料を買い込んだほうがいいよ」と、ラインメッセージを入れました。 しかし昨日、退社してからスーパーなどに買い…

高年収でも老後破産する人と、低収入でも暮らせる人の違いとは?

お金の魔力は凄まじい お金にまつわるニュースが多いこのごろです。ひとつは28歳の男性が勤務していた警備会社から3億6千万円ものお金を盗み、あえなく捕まった事件。 それから有名な予備校講師として権勢を誇った金ピカ先生が、クラシックカーなど高級外車…

【消費税10パーセント】駆け込みで買い込んだのはテッシュや洗剤など日用品

すでに値上がりしているテッシュ 消費税がいよいよ10パーセントになります。 スーパーでは駆け込み需要セールの嵐となっていますね。 私は洗剤とティッシュボックスを買い込みました。 パルプ不足で値上りが著しい紙類が、お安くなっていたのです。 消費税10…

片田珠美『他人を攻撃せずにはいられない人』のレビュー、ターゲットにされても諦めない!

他人を攻撃して自分の精神を安定させる毒になる人 あなたの周囲にトラブルメーカーはいませんか? 私は今週、ある女性の言動に、うんざりさせられました。 その方は出しゃばりで、ときに恫喝まがいのことも口にされます。 なぜ、こんなにも攻撃的なのか。 私…

『老後の資金がありません』老親への仕送りと子どもの結婚費用が痛い

垣谷美雨著「老後の資金がありません」 このごろ垣谷美雨の小説にはまり、今回は『老後の資金がありません』を読みました。 必死に働いてきたのに、貯蓄は減るばかりの主婦が主人公です。 老親ヘの仕送りや娘の結婚式、夫のリストラなど身につまされて、考え…

【家族関係】だれもが業を抱えている!!悩みの解決法

長年わだかまりがある家族の関係 切っても切れないのが親子の情であると、昔から言われていますね。 日本ではどんな場合でも、子どもが親に逆らうことは許しがたいという考えが根付いてきました。 しかし、成長して大人同士として接したとき、相性が合わなか…

モノに埋もれて停滞した家の突破口は?ウチ断捨離しました感想

和室を高級旅館のように片づける! やましたひでこさんが自ら整理ダンスをかついで、和室の片づけに乗り出す! 2019年9月4日放送BS朝日『ウチ、断捨離しました!」での1シーンには驚きました。 アドバイスだけでなく、力技を見せてくれたのです。 今回は若く…

垣谷美雨の『夫の墓には入りません』姻族終了をテーマにした40代未亡人の物語

夫の急死に40代の妻は 『夫の墓には入りません』垣谷美雨の小説を読みました。 少し内容にふれると、40代の夫が突然死して、葬儀の場面から始まります。 夫婦に子どもはいません。 東京生まれの妻ですが、夫の実家がある九州に暮らして、海が見える丘におし…

奨学金の返済が結婚の妨げになるのか、金利は0・82㌫ほどだが若い夫婦にはたいへん

奨学金の返済は長期に渡る 日本は世界でも指折りに教育にお金が掛かる国です。 奨学金なしには、大学へ進学させることができない。 そういうご家庭は少なくありません。 ところで、奨学金の返済があるから破談になったという事例を読みました。 私はその話に…

【ミニマリストのYouTuber】商標権の侵害だぞと警告がきたときの対応について

片づけブームに水を差す 2019年8月16日更新しました。 せっかくモノを減らして、暮らしやすい空間を目ざしているのに、ショックな記事を拝読しました。 ミニマリストなライフスタイルを発信されているユーチューバ―が、メールで警告を受け取ったというのです…

断捨離は登録商標!ナカイの窓トラブルならブログで使ってはいけないの?

断捨離のおかげで家が片付いた! 2019/06/05更新しました。 やましたひでこさんは生活習慣である「片づけ」を、ビジネスとして大成功させたおひとりです。 断捨離という言葉は流行語となり、いまや辞書にも載っているほどで知らない人はいないでしょう。 私…

【番組感想】ウチ、断捨離しました!子だくさんママの憂うつ「大人だって癒やし空間が欲しい」

子どもの靴 またもや子どもが犠牲になる交通事故が発生し、可愛い盛りのお子さん2名が、犠牲になりました。 小さな命が惜しまれてなりません。 悲惨な事故のニュースにショックを受けながらも「ウチ、断捨離しました!」5月8日放送分を視聴。 お子さんが4人…

【夫源病】夫と過ごす休日は地獄!妻のストレス解消は?

ガミガミ夫が原因で病む妻 2019/06/22更新しました。 10連休でゆっくりしたいけれど、夫と一緒に過ごすのは苦痛だわ。 そんな妻はけっこういるのでしょう。 夫源病という言葉があります。 高圧的な夫の言動により、動悸がしたり、不安が強くなったり、頭痛が…

キッチンにひそむ危険スポット!不便で危ない収納を見直すポイントとは?

床下収納は老いに従い危険になる 私は身長152センチのアラフィフ主婦です。 40代後半から年に1~2ミリずつ、身長が縮みました。 さて家を建てて27年、キッチンの収納が年を追うほどに不便になっています。 それは食器棚や吊り戸棚に手が届かないこと、また…

【老前破産】年金支給70歳代時代のお金のサバイバル、荻原博子さんの本

足りない生活費 経済ジャーナリスト荻原博子さんの本『老前破産 年金支給70歳時代のお金サバイバル』を読みました。 老後貧困という言葉がありますが、この本には真に家計が厳しくて、破産が多い年代は40代と50代と書いてあります。 老いがやってくる前に、…

DVと児童虐待は死に至ることがある!SOSを見逃すな

絶望する女性 41歳の父親に殺害された小学校4年生の女児、栗原心愛(みあ)さんのいたましさに、胸がつぶれる思いがします。 父母は朝から食事を与えず、冷水シャワーを浴びせ、首を強くつかむなどの暴行の末に放置。 死因は明らかになっていませんが、衰弱…

『あやしい催眠商法だましの全手口』田舎の親が騙されていないか、チエックポイントは?

はてなブロガーのロバート・熊さんがお書きになった『あやしい催眠商法だましの全手口』を読みました。 催眠商法は、昔からあるテクニックです。 たくさんの人を会場に景品等で誘い込み、健康食品や健康布団を言葉巧みに売り付ける商法。 私は20歳の時、たま…

定年後に毎日いっしょは無理という妻!ならば働き続けて熟年離婚を避けよう

定年離婚を考えているのは、夫より妻のほうが多い。 明治安田生活福祉研究所の調査によると、子どもがいる既婚女性の28.1㌫が夫の定年後に離婚しようかなと、考えたことがあるそうです。 子どもが成長して自立すると、夫婦をつなぎ止めるものがなくなる。夫…

【体験談】焼けるような痛み!胃の内視鏡検査で食道裂孔ヘルニアと診断、逆流性食道炎は辛い

今月初めに胃の内視鏡・検査を受けました。 // // 胃の上部が焼けるように痛い時があり、若い頃から十二指腸潰瘍や過敏性大腸を経験してきましたが、その症状とは違うんですね。 明け方に目が覚めるほどギューッと痛くなったり、車に乗っているときに急に痛み…

【悲報】生命保険の担当者が情報漏えい!不用意なおしゃべりを禁じるにはどうすればいいの?

2019/06/22更新しました。 先日、久しぶりに弟に会いました。 少し近況を話すと、弟から驚くことを聞かされたのです。 // // 「姉ちゃんの旦那さん、保険の払い込みが終了したんだってね。セールスレディのKさんがうちに来たときしゃべっていたよ」 夫が還暦…

【いい夫婦の日】夫婦の不満5つのポイント

表向きは円満と答えても、様々な不満をお互い持っているのが日本の多くの夫婦のようです。 // // いい夫婦の日にちなんだアンケートで、「生まれ変わっても同じ相手と結婚するか」というのがありました。 イエスと答えたのは夫は46パーセント、妻が36パーセ…

ママ活はお金を払って女性が年若い男性と付き合うこと?マッチングアプリやSNSの出会い

最近、気になったワードが『ママ活』です。 // // // // 私は当初、児童養護施設に入所している子どもの里親になるための活動かしら?と、思いました。 全く違いますね。 正解はお金に余裕がある女性が、年若い男性のスポンサーになること。話し相手になって…

夫から隠し子の存在を知らされたら、どんな対応を取るのがベストだろう

長く夫婦を続けていれば、隠し事の一つや二つはあるのかもしれません。 // // // // でも、実は隠し子がいたと告げられたら、とても平常心ではいられないでしょう。 隠し子の話は婦人公論の9月11号『夫亡き後ひとりを生きる』の特集を読んで、深く考えさせら…

スマホで簡単の誘い文句に注意!在宅ワークの高額請求についてテレビ番組が解説

スマホをタップするだけで高収入が得られる。 そんな誘い文句で消費者に問い合わせの電話を掛けさせて、お金を要求する手口が横行しています。 // // // // ターゲットはズバリ主婦。 昨今はシニア世代もスマホを持つようになりました。 若い方だけでなく、…

【クレジットカード】65歳以降は審査が通りにくいため解約には注意を!

キャッシュレス化が進んでいるので、私も今月から食品スーパーでの買い物にクレジットカードを利用しています。 レシートを保管して、引き落とし日には忘れずに銀行口座に残高があるように気をつける。それがポイントですね。 ところでキャッシュレス化とは…

間違いだらけのダニ退治!ダニを増やさないポイント

秋はダニの死がいを除去しないと、アレルギーや咳ぜんそくの悪化につながる。 そんな情報を見聞きしますね。 夏に私の夫は、10カ所も足や腕がプツンと赤くなっていて、かゆがっていました。 布団にダニがいたようです。 もちろん私は天気が良い日はせっせと…

『老人喰い』鈴木大介著を読む、中高年に戦慄の時代が到来だ!

わが家には、毎日こんな電話がかかってきます。 「電気料金がお安くなりますよ」 「ご近所を回っていますが、不用品はありませんか」 どうして次から次へ電話がわが家に来るのでしょう? そう思っていたとき『老人喰い 高齢者を狙う詐欺の正体』鈴木大介著を…

持ち家の維持費はいくら掛かる?年金ではリフォーム代を捻出できず

家を建てて26年、築年数を経ているので、汚れや傷みが出てきてきました。 先日はキッチン排水口のそうじに沢山のコメントを有難うございます! 「一度もトラップを開けなかったのが、スゴイ」 「外回りの排水口の高圧洗浄も必要ですよ、詰まらせると法外な値…

強烈なヘドロ排水口を掃除!100均のペットボトル洗浄スポンジが役に立つ

台所のシンクは毎日とはいかないまでも、けっこう磨いてきたつもりです。 しかし、排水口のトラップを外してみたことはありませんでした。 排水口は配水管につながっていて、配水管が詰まると業者さんに依頼して工事をしなければならず、5万円ほどかかるそう…