貯め代のシンプルライフと暮らしのヒント

アラフィフ主婦の貯め代はシンプルライフと家計改善を目標にしています

身近なトラブル

ゆうちょ銀行会見!不正引き出し事件にお金をどう守ればいいの?

キャッシュレス決済の不正使用 2020/09/18更新しました。 ドコモ口座の不正使用による被害額は、9月14日の時点でおよそ2500万円に達しました。 また、ドコモ口座以外のPayPayやKyashでも不正引き出しがわかり、ゆうちょ銀行が会見する事態に。 さらにはSBI証…

そのひと口がデブの元は真実!「やせる生活」本の体重を落とすコツ

やせたい方は必見 医学博士の島野雄実さんが書いた「やせる生活」を読んでいます。 肥満治療の専門家である島野さんは北海道大学の医学部と大学院を修了し、現在は北星クリニックの理事長。 全国を飛び回って、やせたい人の相談に乗り、「やせる生活」の本は…

【ドコモ口座】不正利用の衝撃!銀行で記帳を済ませ、定期を解約した理由

ドコモ口座事件の衝撃 ドコモ口座を作った覚えなんてないから、自分には関係ない。 そう思っていたドコモ口座の不正利用事件。 メールアドレスさえあれば、ドコモ口座を開設できるため、悪意をもった人がなりすまして他人の銀行口座を紐付けし、チャージして…

服を減らす勇気!もったいない病と決別して、風通しの良い家

衣類を減らす勇気 昭和生まれの私にとって、モノを減らすことは勇気が要ることです。 とくに着るモノは、自分を映す鏡ですから執着がありました。 ところが、私のふだん着は色褪せたTシャツだったり、娘からのもらい物だったり。 クローゼットにたくさん服が…

台風に備えて、家の中も戸外も点検!植木鉢や物干しが飛来しないように

窓ガラスには養生テープ 台風シーズンの秋です。 私の町はフェーン現象で35度の炎暑となり、今日は家の中に引きこもっています。 風水害が多かった2019年に引き続いて、今年も災害が多くなるのでしょうか。 わが家は県民共済の火災共済に加入していますが、2…

結婚記念日にケーキを断った理由!食もミニマルにし、食べる量を減らす

結婚記念日とケーキ きのうが、結婚記念日でした。 出会って4カ月で結婚した私たちは、「9月になると式場の予約が一杯だから、8月のうちがお得ですよ」という結婚式場のスタッフに言われ、慌ただしく挙式したのです。 そんな結婚生活は、34年目に突入。 その…

ウシジマくんVS.ホリエモン人生はカネじゃない!大切なのは信用だ

ホリエモンは意外に慎重派 ホリエモンこと堀江貴文氏と言えば、かつてはライブドア事件で世間をにぎわせました。 現在はロケットエンジン開発も手がける実業家です。 その堀江貴文氏の本『ウシジマくんVS.ホリエモン人生はカネじゃない』を読みました。 お金…

『あなたの指先、変形していませんか?』笠原巖著ヘバーデン結節について

足指の変形 私は40歳前後から、ひどい外反母趾に悩まされてきました。 しかし、整形外科に通う機会を逸したまま、50代後半に。 笠原巖著『あなたの指先、変形していませんか?』を読んで、私は足のヘバーデン結節ではないかと思うようになりました。 女性ホル…

【オンライン帰省】娘の心配はコロナ禍での母親の暴走!歪んだ正義にNO

真夏のホラーは自分自身?! 今週のお題は、#怖い話ありますか? 私にとっての真夏のホラーは、海外移住した長女とのLINE電話で起こりました。 なんと長女は「お母さん、町内に県をまたいで帰省した人がいても、『早く帰れ』とか中傷する紙を投げ込まないでね…

シチュー鍋をしまい忘れ!ウエルシュ菌が怖くて処分の食中毒予防

シチューを一晩、放置(@@;) 夏の疲れのせいか 、うっかりシチュー鍋を冷蔵庫に入れ忘れてしまいました。 気づいたのが翌朝です。 秋と冬なら室温が低いため、温め直して食べるところですが、ウエルシュ菌が繁殖しているかもしれないので、泣く泣く処分。 夏…

『コンビニ断ち脱スマホ』本レビュー!便利さとともに失われたもの

全国の駅に便利なコンビニ コンビニエンスストアとスマートフォンは、もしなくなれば生活に支障がでるほどに、暮らしに密着しています。 コンビニは24時間、年中無休でいつでも必要なものが手に入るし、一方のスマホは50代の私でも、すっかり手放せません。 …

【終活の学び】自分や親の葬儀や墓について考えたいこと

終活アドバイザーとは? 2020年8月となりました。 旧盆が近づくと、実家のお墓のことが気に掛かる方が多いでしょう。 昨今は葬儀ならびに法要も様変わりして、簡素化が進んでいます。 新型コロナウィルス感染者が増えているので、遠距離での移動を自粛し、お…

間違いだらけの洗濯術、風呂の残り湯を洗濯に使うのをやめた理由!

洗濯の悩みは黄ばみとニオイ 家で洗濯するときの正しい方法を、ご存じですか? 私は水道代の 節約のために、これまでお風呂の残り湯を洗濯機に入れて、使っていましたが、先月からやめました。 理由は、入浴した後のお湯には、皮脂などが溶け出して洗濯の効…

夫婦の距離感とは?顔色をうかがうより、毅然としたほうが良い理由

人間関係は距離感が大切 人間関係は距離感が大切と、よく聞きます。 親子や夫婦、友人、会社の仲間など、だれもが人間どうしのつながりの中で生きていますが、距離感をどう捉えたらよいのでしょう。 私はこれまで5歳上の夫の顔色をうかがいながら、暮らして…

妻は夫の召使いではない!身の回りの世話にウンザリした私の解決策とは?

世話焼きが仇になる日 私と夫は1987年に結婚したので、夫婦となって33年になります。 子どもふたりを授かり、私はずっと夫の事業を手伝いながら、家事全般をこなしてきました。 還暦を過ぎた夫は、自分の身の回りはすべて妻の私に任せきり。 お布団を敷いて…

出産した娘から拒絶された57歳の母に思うこと!しつこい親は嫌われる

孫にも娘にも会えない祖母 母と娘は気心が知れているので、言いたいことを言える仲です。 ところが、こじれると解決が見えずに、厄介になりがち。 「去年、出産した娘と連絡が途絶えて、57歳の母親である私はどうしたらいいの?」という相談が、サイト記事に…

『隠れ疲労』新書レビュー、休んでも取れないグッタリ感の正体とは?

隠れ疲労の解消法は? 医学博士の梶本修身氏の本『隠れ疲労 休んでも取れないグッタリ感の正体』を、読みました。 50代の私は疲れやすく、たっぷり寝ても疲れを引きずっています。 休んでも取れない疲労感は、自律神経が疲れている証拠だと、本書にありまし…

クローゼットを点検!服の白カビ応急処置と秘策クレンジングシート

閉め切ったクローゼットはカビに注意 長引く梅雨に、気分が晴れませんね。 私は晴れた日はできるだけ、和ダンスやクローゼットの扉を開けて、風を通すようにしています。 洋服や着物がカビると、カビ落としの処置が必要になるので、予防のためにまずは新鮮な…

『母・娘・祖母が共存するために』信田さよ子著を読み、私も毒母だと反省

毒母気質は祖母になっても 2020/07/11更新しました。 臨床心理士の信田さよ子氏といえば『母が重くてたまらない 墓守娘の嘆き』など、社会的に大きな反響を呼んだ本の著者です。 今週『母・娘・祖母が共存するために』を読み、私自身、深く反省するところがあ…

50代は日記や手紙を早めに処分!自分の死後に家族に読まれると心得よう

日記や手紙は元気なうちに捨て活 親が亡くなったとき、日記が残されていると、遺族は読むものと考えた方が良いと、前に読んだ片づけの本に書いてありました。 それで私は、10代から付けていた日記帳をあらかた処分しています。 でも、感じたことや感情の整理…

【50代のクローゼット】数回の着用で裂けた夏服と娘からのプレゼント

気に入った服なのに(>o<) 私はこの3年ほど、スキンケアと服を買わない生活をしてきました。 肌は保湿用のワセリンを薄く塗り、服はクローゼットにある服を着回してきたのです。 しかし、服にシミがついたり色が褪せたりしたので、6月の始めに白いジャケット…

『生活保護の謎』新書を読んで驚いたこと、役所の水際作戦とは?

武田知弘著『生活保護の謎』 2020/07/11更新しました。 2020年はコロナ禍により、仕事を休業したり、失業したりするケースが増えています。そのせいか生活保護を申請する人が急増という報道を、よく耳にするようになりました。 武田知弘著『生活保護の謎』は…

梅雨の季節カビ対策のポイントは?盲点はキッチン蛇口の裏やシャワーヘッド

水道・蛇口の裏をのぞいたら!? 6月28日のCBCテレビ製作・TBS系列「健康カプセル ゲンキの時間」は、「カビが感染症を招く!おうちの除菌と予防そうじ術」がテーマでした。 梅雨時はカビが繁殖しやすく、家の中に盲点があると聞いて、ドッキリ。 それで、わた…

婦人公論の親の老後に追い詰められないで、介護破産を回避するには?

介護の大変さが心に沁みる 図書館から、婦人公論のバックナンバー2020年3月24日号を借りて読んでいます。 特集『親の老後に追い詰められないで』が、胸に沁みました。 3年も意識不明で眠り続ける90歳の義母、あるいは妻を亡くした義父が44歳も年下の女性と再…

【withコロナ】葬儀は密葬で済ませたと葉書、香典等はどうしたらよいだろう?

withコロナの葬儀は家族だけの密葬 先日、お世話になった方が亡くなったという知らせを、葉書でいただきました。 葬儀は密葬にて相済ませたことと、コロナヘの配慮から弔問等の心遣いはどうか控えてくださいという内容です。 コロナウィルス感染症は、大人数…

不倫スキャンダルに巻き込まれた妻子は一生消えないトラウマを抱える

不倫に家庭崩壊はつきもの 芸人のゲス不倫が話題のこの頃です。 女性スキャンダルで年収1億円が消滅かという話も驚きますが、心の傷を奥さんと子どもが負うのは違いありません。 なぜ、幼い子どもが傷つくか? 後々、周囲の大人たちがそれとなく匂わせたり…

ラベリングの貼り過ぎで家族がくつろげない家!ウチ断捨離の感想

子どもが4人いるのに、片づいた家 モノの置き場所をしっかり決めて、使ったら元通りの位置に戻す。 これは片づけの基本ですね。 2020年6月8日放送のBS朝日「ウチ断捨離しました」は、お子さんが4人いても、きれいに片づいたマンションが放送されました。 で…

『他人と上手くつきあえない人』相手を思いやる心を説く加藤諦三の本

他人と上手くつきあえないのはなぜ? 人間関係で悩む方は、とても多いです。 学校や家庭、会社、サークル活動や部活……人が集まれば、あつれきが生まれ、大なり小なり衝突があるのでしょう。 私が人間関係で悩んだとき、とても参考になった加藤諦三さんの本『…

夏の旅行やお盆の帰省はどうなる?自宅で過ごす夏休みは音楽と本がおすすめ

横浜・山下公園のシーバス 例年なら今頃は夏の旅行の計画を立て、ホテルや新幹線、飛行機の予約をする時期でしょう。 夏や山へのバカンスは、胸がおどりますね。 しかし、関東はまだコロナウィルス感染症の影響で、緊急事態宣言が解除されていません。 しば…

次亜塩素酸ナトリウムの消毒は吸い込むと、チョー危険だから噴霧はNG

次亜塩素酸ナトリウムの商品 2020/05/22修正、更新しました。 手指にアルコール消毒をすりこむことが増える一方で、次亜塩素酸水の消毒液も多く見かけるようになりました。 私はトイレの床を次亜塩素酸ナトリウムの洗剤液でふくことがあるし、強力なお風呂場…