貯め代のシンプルライフと暮らしのヒント

アラフィフ主婦の貯め代はシンプルライフと家計改善を目標にしています

身近なトラブル

きらいな母を看取れますか?関係がわるい母娘の最終章の本レビュー

母の日の贈り物 主婦の友社から出版された『きらいな母を看取れますか? 関係がわるい母娘の最終章』寺田和代さんの本を読みました。 傍目には仲が良さそうに映っても、実は親が支配的だったり、体面を重んじて子どもの気持ちを無視したり。 そういう親子の実…

女性の引きこもりきっかけは?家事手伝いの憂うつと介護要員

女性の引きこもり 2020年11月25日のあさイチ「引きこもり・家族が……もしかして私も」を視聴しました。 介護や家事などを担う女性は、自ら好まなくても社会と接点を失いがちです。 女性の活躍が期待されるなかで挫折や性被害などにより、家に閉じこもってしま…

いい夫婦の日に、夫のいびきで妻が不眠と高血圧の健康カプセルを見て

いい夫婦の日 11月22日はいい夫婦の日です。 わが家は結婚して33年を経て、夫婦ふたり暮らし。 子ども達は巣立ち、戸建て住居にて家庭内別居の状態です。 ところで、「健康カプセル!ゲンキの時間」の番組で、夫のいびきに悩まされると、妻の健康も脅かされる…

米ファイザー画期的なワクチンと10年ぶりインフル予防接種の体験

ワクチン接種 私は昨日、10年ぶりでインフルエンザのワクチンを接種しました。 副作用を危惧したのですが、今のところ熱や悪寒、接種した腕の腫れはありません。 ところで、米ファイザーなどが開発した新型肺炎コロナワクチンの治験が進められ、90パーセント…

えん罪の恐ろしさ『私は負けない「郵便不正事件」はこうして作られた』村木厚子著

検察との戦い マスコミに騒がれた郵便不正事件、私はこの本を読むまで村木厚子さんと検察との戦いについて、くわしく知りませんでした。 厚生労働省に勤務していた村木さんは2009年に逮捕起訴され、164日も拘留されました。 無実を勝ち取ることができたのは…

橘玲著『上級国民/下級国民』世界中で分断が起きている!

上級国民と下級国民とは? 上級国民という言葉を私が聞いたのは、東京池袋で31歳の母親と幼児が、87歳・高齢者の暴走車により、死亡した交通事故でした。 87歳の運転者は元高級官僚であり、瑞宝重光章の叙勲者。だから、優遇されているのではないか、という…

【家庭内別居】なかよし別居で、自分の城を作る片づけ

自分の部屋を作りました 大きなケンカをしたわけではないけれど、家庭内別居は快適だと思うこの頃です。 結婚33年目のわが家は、ふたりの子どもが巣立ってから、夫婦別寝室にしました。 これでお互いのいびきや寝言などに、悩まされることがありません。 プ…

フランス人女医が受けた凄絶な虐待『父の逸脱ピアノレッスンという拷問』

父の逸脱 『父の逸脱 ピアノレッスンという拷問』はフランス人の女性医師 セリーヌ・ラファエルが書いたベストセラー本です。 一流のピアニストにするという父親の期待のもと、4歳から毎日7時間のピアノレッスンというのですから、ただごとでありません。 そ…

あさイチ「不安イライラ解消セロトニン」太陽と運動と栄養のコツ

朝陽を浴びよう 2020年10月21日のあさイチでは、「不安イライラ解消セロトニン大作戦」が放送されました。 今年は長引くコロナ禍にストレスを感じやすく、夫の在宅勤務や子ども達の休校などにより妻がイラッとしているケースがありますね。 番組で知った光の…

『東京貧困女子』コロナ禍で女性はますます苦境に!

東京貧困女子 2019年に出版された『東京貧困女子』は、都内に住む女性たちがどのようにして貧困者となったかを描いたルポルタージュです。 コロナ禍の前でも、苦境にあえぐ女性たちは少なくありませんでした。 低賃金による長時間労働やパワハラ、あるいは高…

【モノに乗っ取られた家】看護師ママの寂しさ正体は?ウチ断捨離感想

家にあふれる洋服 久しぶりにBS朝日「ウチ、断捨離しました!」の感想をお伝えします。 10月12日夜8時から放送されたのは「修復したい!?看護師ママのバラバラ家族」。 フルタイムで激務の50代お母さんは仕事と家事に追われて、見るからに過酷そうでした。 何…

払ってはいけない!資産を減らす50の悪習慣の本にリボ払い注意せよ

コロナ禍と借金 所得の格差が広がるなかでコロナ禍により、家計がますます苦しいという方が少なくありません。 荻原博子氏の本『払ってはいけない 資産を減らす50の悪習慣』は、家計と資産の防衛策を解説した1冊です。 クレジットカードのリボルビング払いは…

【片づけ依存】捨ててお気入りを買うことを頻繁に繰り返さないポイント

依存症は生きる辛さを忘れさせる劇薬 断捨離や片づけにハマり、本当にお気入りのものだけをそろえようと買い物をして、クレジットやリボ払いの借金を抱えてしまう人がいます。 社会的に破滅して、初めて周囲が知ることが少なくない依存症。 捨てたら幸福にな…

産後うつは甘えではない!育児の大変さとママの心身不調

お母さんのホルモンバランス とても悲しい知らせが届きました。 美人女優の竹内結子さんが、ご逝去なさったのです。 2020年1月に第2子となるお子さんを出産され、お幸せに育児をなさっていると思っていたのですが、自殺された可能性があるとのこと。 折しも…

ドラマ「半沢直樹」が現実にいたら、命がいくつあっても足りない

半沢直樹が社会現象に ドラマ『半沢直樹』は9月27日が最終回となります。 20日の放送も、固唾を飲んで視聴しました。 内容は銀行員の半沢直樹が数々の不正に立ち向かうストーリーで、脇を歌舞伎役者や大物俳優で固めています。 表情がオーバーな顔芸も見応え…

母の呪縛は片づけられないダメ娘のレッテル貼り!ウチ断捨離の感想

片づけとダメ娘の烙印 9月14日放送のBS朝日「ウチ、断捨離しました!」のテレビ番組を、TVerで視聴しました。 今回の相談者は4カ月前に91歳の実母を亡くされた、61歳の奥様です。 「亡き母に届け!ダメ娘からの脱却」というサブタイトル。 しっかり者の母はそ…

ゆうちょ銀行会見!不正引き出し事件にお金をどう守ればいいの?

キャッシュレス決済の不正使用 2020/09/18更新しました。 ドコモ口座の不正使用による被害額は、9月14日の時点でおよそ2500万円に達しました。 また、ドコモ口座以外のPayPayやKyashでも不正引き出しがわかり、ゆうちょ銀行が会見する事態に。 さらにはSBI証…

そのひと口がデブの元は真実!「やせる生活」本の体重を落とすコツ

やせたい方は必見 医学博士の島野雄実さんが書いた「やせる生活」を読んでいます。 肥満治療の専門家である島野さんは北海道大学の医学部と大学院を修了し、現在は北星クリニックの理事長。 全国を飛び回って、やせたい人の相談に乗り、「やせる生活」の本は…

【ドコモ口座】不正利用の衝撃!銀行で記帳を済ませ、定期を解約した理由

ドコモ口座事件の衝撃 ドコモ口座を作った覚えなんてないから、自分には関係ない。 そう思っていたドコモ口座の不正利用事件。 メールアドレスさえあれば、ドコモ口座を開設できるため、悪意をもった人がなりすまして他人の銀行口座を紐付けし、チャージして…

服を減らす勇気!もったいない病と決別して、風通しの良い家

衣類を減らす勇気 昭和生まれの私にとって、モノを減らすことは勇気が要ることです。 とくに着るモノは、自分を映す鏡ですから執着がありました。 ところが、私のふだん着は色褪せたTシャツだったり、娘からのもらい物だったり。 クローゼットにたくさん服が…

台風に備えて、家の中も戸外も点検!植木鉢や物干しが飛来しないように

窓ガラスには養生テープ 台風シーズンの秋です。 私の町はフェーン現象で35度の炎暑となり、今日は家の中に引きこもっています。 風水害が多かった2019年に引き続いて、今年も災害が多くなるのでしょうか。 わが家は県民共済の火災共済に加入していますが、2…

結婚記念日にケーキを断った理由!食もミニマルにし、食べる量を減らす

結婚記念日とケーキ きのうが、結婚記念日でした。 出会って4カ月で結婚した私たちは、「9月になると式場の予約が一杯だから、8月のうちがお得ですよ」という結婚式場のスタッフに言われ、慌ただしく挙式したのです。 そんな結婚生活は、34年目に突入。 その…

ウシジマくんVS.ホリエモン人生はカネじゃない!大切なのは信用だ

ホリエモンは意外に慎重派 ホリエモンこと堀江貴文氏と言えば、かつてはライブドア事件で世間をにぎわせました。 現在はロケットエンジン開発も手がける実業家です。 その堀江貴文氏の本『ウシジマくんVS.ホリエモン人生はカネじゃない』を読みました。 お金…

『あなたの指先、変形していませんか?』笠原巖著ヘバーデン結節について

足指の変形 私は40歳前後から、ひどい外反母趾に悩まされてきました。 しかし、整形外科に通う機会を逸したまま、50代後半に。 笠原巖著『あなたの指先、変形していませんか?』を読んで、私は足のヘバーデン結節ではないかと思うようになりました。 女性ホル…

【オンライン帰省】娘の心配はコロナ禍での母親の暴走!歪んだ正義にNO

真夏のホラーは自分自身?! 2020/11/10更新しました。 今週のお題は、#怖い話ありますか? 私にとっての真夏のホラーは、海外移住した長女とのLINE電話で起こりました。 なんと長女は「お母さん、町内に県をまたいで帰省した人がいても、『早く帰れ』とか中傷…

シチュー鍋をしまい忘れ!ウエルシュ菌が怖くて処分の食中毒予防

シチューを一晩、放置(@@;) 夏の疲れのせいか 、うっかりシチュー鍋を冷蔵庫に入れ忘れてしまいました。 気づいたのが翌朝です。 秋と冬なら室温が低いため、温め直して食べるところですが、ウエルシュ菌が繁殖しているかもしれないので、泣く泣く処分。 夏…

『コンビニ断ち脱スマホ』本レビュー!便利さとともに失われたもの

全国の駅に便利なコンビニ コンビニエンスストアとスマートフォンは、もしなくなれば生活に支障がでるほどに、暮らしに密着しています。 コンビニは24時間、年中無休でいつでも必要なものが手に入るし、一方のスマホは50代の私でも、すっかり手放せません。 …

【終活の学び】自分や親の葬儀や墓について考えたいこと

終活アドバイザーとは? 2020年8月となりました。 旧盆が近づくと、実家のお墓のことが気に掛かる方が多いでしょう。 昨今は葬儀ならびに法要も様変わりして、簡素化が進んでいます。 新型コロナウィルス感染者が増えているので、遠距離での移動を自粛し、お…

間違いだらけの洗濯術、風呂の残り湯を洗濯に使うのをやめた理由!

洗濯の悩みは黄ばみとニオイ 家で洗濯するときの正しい方法を、ご存じですか? 私は水道代の 節約のために、これまでお風呂の残り湯を洗濯機に入れて、使っていましたが、先月からやめました。 理由は、入浴した後のお湯には、皮脂などが溶け出して洗濯の効…

夫婦の距離感とは?顔色をうかがうより、毅然としたほうが良い理由

人間関係は距離感が大切 人間関係は距離感が大切と、よく聞きます。 親子や夫婦、友人、会社の仲間など、だれもが人間どうしのつながりの中で生きていますが、距離感をどう捉えたらよいのでしょう。 私はこれまで5歳上の夫の顔色をうかがいながら、暮らして…