貯め代のシンプルライフと暮らしのヒント

アラフィフ主婦の貯め代はシンプルライフと家計改善を目標にしています

スマホで簡単の誘い文句に注意!在宅ワークの高額請求についてテレビ番組が解説

スマホをタップするだけで高収入が得られる。

そんな誘い文句で消費者に問い合わせの電話を掛けさせて、お金を要求する手口が横行しています。

 

 

ターゲットはズバリ主婦。

昨今はシニア世代もスマホを持つようになりました。

若い方だけでなく、シニアの主婦こそ狙われていると考えて間違いないでしょう。

朝の情報番組で知り、驚愕したので、この情報商材の誇大広告についてお伝えします。

スポンサーリンク

 

 

スキマ時間で高収入と誘う

幼児がいたり、介護をしたりと外で働けない主婦は少なくありません。

「在宅でできる仕事はないかしら」

そんなとき、「爆速即金!スキマ時間で主婦でもできるお手軽在宅ワーク」の文字が、スマホから目に入るかもしれません。

  • 家事の合間に稼げるのなら、やってみたい。
  • 生活費の足しにしたい
  • 子どもに不自由な思いをさせたくない

状況によっては迷わず、その広告をクリックするでしょう。

すると動画を見るように誘導されるのです。

スマホをタップするだけだから、とっても簡単。スマホをポチポチするだけで23,620円も稼げたわ」

美人な女性が楽しげに語る動画です。

そのやり口に、私もびっくりしました。

情報源は10月24日放送の「ビビット」。『”簡単お小遣い稼ぎ”悪質商法の手口とは?』というタイトルで、詳しく紹介されたのです。

 ビビットの番組では「あやパン」と名乗る女性が登場し、いかに楽にお金を得られるか、「100万円は稼げる」と語るとのこと。

「そんなに簡単ならわたしにもできそう。どんなやり方なの?」と、興味を持たせ、電話を掛けさせる方向に誘われます。

 

 

  • 詳しいことは情報商材を買えば、知ることができるとたたみかける。
  • 薄っぺらで内容のない情報商材なので不満を告げると、さらに高い金額を請求される。
  • 80万円を払っても核心となる儲けのカラクリは詳しく知らされない。

スマホで簡単に儲けるというこの商材は、中国などのアジアから商品を仕入れ、日本で売るとのことで、いわゆる「せどり」なのでしょう。

8万円も出しても具体的なやり方が少ししか書かれていなかったそうです。

テレビに顔を隠してコメントした50代主婦は「80万円を結局、払ったんです。でも、ほとんど収益を上げることが出来なかったと語りました。 

80万円はまだ被害額が低いようで、消費者金融から借り入れさせる業者もあるので、注意を。

高収入の在宅ワークに潜む詐欺の罠。主婦が500万円も騙し取られる手口 | キャッシングのまとめ

進化する詐欺手口

ビビットの番組では、この悪質な会社名を明言しました。

そして動画に登場して「タップ イズ マネー」とか「家事の合間や家でくつろぐ間にも稼げてしまう」と語る女性は、演者だと言うのですよ。

演者で架空の人だと、番組のコメンテーターが論破。

被害者となる主婦に電話をかけさせ、話を進めるため、詐欺と言い切れない。電話で言葉巧みにまくしたてるような相手に、被害者は考える間を与えられずについ乗せられてしまいがちです

誇大広告として、消費庁が事業者名を公表しています。

しかも、この会社は廃業の可能性があり、主婦にお金が戻る可能性が少ないとも。

「スマホタップで稼げる」=6億円集金か、業者名公表-消費者庁:時事ドットコム

株式会社○○uestと、テレビで放送されました。

スポンサーリンク

 

 

188消費者ホットライン

コメンテーターは「契約の前に188(いやや)まで連絡下さい」と強調。

188で消費者ホットラインにつながるのです。

消費者ホットラインが話中でつながらない場合、国民生活センターの「平日バックアップ相談」もご利用いただけます。

電話番号:03-3446-1623 受付時間:平日の10時~12時/13時~16時 

引用元:消費者庁 

相談件数の増加 

インターネット等で取引される商材の相談件数は増加の一途です。

2016年は約3000件。

2017年が6593件。

www.tameyo.jp

 番組では最後にこう視聴者に語りかけました。

「人ごとでなく、誰がいつ被害者になるかしれないのです。広告はあなたの関心のあるものが配信され、そのなかに悪質なものが取り紛れているかもしれないから」

私もアドセンス広告を貼っているので、ドキリとしました。

在宅ワークや副業に関するもので高額な請求をされたときは、一度その電話を切りましょう。

深呼吸を繰り返して、頭を冷やしてから「188」の消費者ホットラインや

電話番号:03-3446-1623 受付時間:平日の10時~12時/13時~16時

消費者庁 

相談してください。 

なおテレビ番組ビビットによると、その業者はこんなふうに弁明しているそうです。

消費者が儲かると思い、売っていた。せどり支援ツールの通りにできない消費者が悪い

 

まとめ

楽に稼げる話は誇大広告の可能性が大きい。

手口が進化して、電話を掛けさせる業者も少なくありません。

胸の内にある欲望をうまく利用させられないようにしましょう。

お金が欲しい、喉から手が出るほど欲しいと気持ちが強過ぎると、悪質な業者に引っかかる率が高くなります。 

www.tameyo.jp

www.tameyo.jp

 なぜそんなにお金が欲しいのか。マスコミ等にセレブな暮しを見せつけられて、様々な消費を煽られているのかもしれません。

私も気をつけたいと思います。

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

 


ライフスタイルランキング

 

スポンサーリンク