貯め代のシンプルライフと暮らしのヒント

アラフィフ主婦の貯め代はシンプルライフと家計改善を目標にしています

雪の日は転倒に注意を!靴選びとペンギン歩きでケガ防止

雪がめったに降らない関東で大雪となっています。

私が暮らしている北東北の町は、いまのところ雪が少なくて助かっていますが、3月の終わりまで油断できません。

大雪の日は翌朝、路面が凍結していることがあります。滑りやすくて危険が増しますから、雪道の歩き方のコツについてお伝えします。

 

スポンサーリンク

 

気温が氷点下の朝は凍結しやすい

めったに雪が降らない関東平野部ですが、1月22日夜10時の発表によると都心で20センチほど積もっているそうです。

帰宅時間を直撃。

都内に住んでいる娘が、雪が積もった白い道の様子をスマホで知らせてくれました。

「転ぶ人が多いよ。私は大丈夫だけれど」

しかし、雪国生まれでも油断は大敵。

なにより重要なのは、靴です。

夏と同じ靴だとすべりやすいので、靴底にすべり止めがついた冬靴やブーツが最適。

特に明け方は最も気温が低くなるため、朝7~8時は路面が凍結しているおそれがあります。

氷になって、テカテカのスケートリンクのようになることは私の町では珍しくありません。

防寒用の長靴は便利

写真のように靴底がデコポコになっていると、すべりにくい。

雪国では、靴の専門店や靴売り場で売っています。

長靴の良いところは、靴下が濡れないこと。

雪が解けて水を含むと、合皮や皮の靴は中に水分が沁み通りますが、ゴム製の長靴は破れていない限りは大丈夫。

タイツや靴下が濡れて足下が冷えると、風邪をひきやすくなります。長靴は雪国の必需品です。

スポンサーリンク

 

雪道の歩き方

南極の厳しい気象条件のもとで生きるペンギンは、雪歩きの達人。

ペンギンのように小さな歩幅で慎重に歩きましょう。

大股でかかとから着地すると、重心移動が大きくなるため後ろにひっくり返る危険度が増します。思いがけなく頭を打つとタイヘン!

ですから、足全体を垂直におろすようにして、地面を踏みしめるように歩く。

また、マンホールやタイル張りの床、点字ブロックの上は、滑りやすいので気を付けて。

ところで、ペンギンがなぜ氷の上を転ぶことなく歩けるのか、ご存じでしょうか?

答えはやっぱり足のようです。

かわいいペンギンの赤ちゃんが、親の足下からこんにちは!

この親の足の爪をご覧ください。

鋭いでしょう。

この爪でしっかり雪や氷をグリップ、冬山登山に欠かせないアイゼンのように。

もしもブーツやスノーシューズがないときは、靴裏に装着するすべり止めスパイクが便利です。

 

転ぶと、足や手首の骨折やねんざをすることがあります。 私は先日、雪がなくても転んで、ひざと手首を地面に打ち付けました。

 

tameyo.hatenablog.com

 50代以降は骨折をすると、治療のための日数もかかります。

頭を打つこともありますから、帽子をかぶっていれば衝撃を和らげることができるそうです。

とっさのときに両手が使えるように、荷物はリュックに入れたほうが無難。

 雪国に長年暮らしているので、冬の歩き方をお伝えしました。

ペンギンのように小さな歩幅で慎重に進むのがコツ。

雪が降ると、オゾンの効果で空気はきれいになると言われます。

そして、子ども達が作った雪だるまがあるかも。

冬ならではのホワイトスノーは、南国の人にはロマンチックと人気。街の風景を一変させますね。

気温が高いと昼には融けてしまうかもしれませんが、お気をつけてお出かけください。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク

 


ライフスタイルランキング