貯め代のシンプルライフと暮らしのヒント

数年後に還暦の貯め代はシンプルライフと家計改善を目標にしています

母の死後も呪縛に悩む娘が実家の片づけ「ウチ断捨離」感想

ウチ断捨離しました・やましたひでこ・片づけ

ぎっしりモノが詰まった収納

2022年4月18日放送のBS朝日「ウチ断捨離しました!」は、30代の女性が亡き母の着物を整理し、実家を片づける内容です。

ひとり娘だという女性は、8年ほど前に亡くなった母親に愛憎を抱いていました。

30代の娘を持つ私は、反省しながら視聴したので感想をお伝えします。

スポンサーリンク

 

 

実家は汚部屋

実家の片づけ・断捨離

父は認知症で施設へ

ブログ画像はわが家の実情を撮影した写真であることを、ご了承ください。

神奈川県に住む、えみこさんは30代。

実家を片づけたいけれど、思うようにならずに「ウチ、断捨離しました!」の番組に応募しました。

8年前に結婚し、お子さんがいるえみこさん。

  • 実家の母は、えみこさんが結婚した直後にガンが判明して闘病
  • 看病の甲斐なく他界

父は、実家でひとり暮らしをしていましたが、認知症のため老人施設に入所。

自宅はそのまま放置され、数年を経ています。

至る所がモノであふれて、汚れているのは、お父さんの混乱ぶりを反映しているに違いありません。

「家の中で物が、打ち捨てられた状態ですね」

やましたひでこさんが、えみこさんにそう語りかけます。

文房具のはさみや、ペン、爪切りなどがいくつもあるのですね。

母の着物

断捨離・やましたひでこ

母は着物が好きだった

えみこさんは、お母さんが42歳のときにやっと誕生したひとり娘。

溺愛されたけれど、母の干渉もひどかった。

  • 進学先や結婚相手も、母のお膳立てで進んだ。
  • えみこさんの意思を聞かずに、母は自分の好みを押しつけた
  • 亡くなった母に対して、複雑な感情を抱いている
  • 母は和服が好きだったので、膨大な量の帯や着物がそのまま置いてある

www.tameyo.jp

高齢の母親が遺した着物や、大量の洋服に苦しむ娘は多いです。

えみこさんの母親は、やりて保険外交員でした。

娘にとって良かれと思ったことが、彼女を苦しめたのでしょう。

スポンサーリンク

 

母にコントロールされた人生

断捨離・シンプルライフ・捨て活

母の愛が重荷

私には30代の娘と、孫がいます。

どちらかと言えば、私も過干渉な親でした。

娘って母親からしたら親密な存在だし、なんでも言いやすい。

私も自分の気持ちを押しつけたかもしれない。

この頃、娘たちは私を全く頼らないし、何の相談もありません。

www.tameyo.jp

いろいろ反省です(T_T)

番組に話を戻しますね。

えみこさんは「母にコントロールされた人生だったから、気持ちがモヤモヤする」と告白。

子ども時代の動画

断捨離・やましたひでこ

愛された記憶が甦る

えみこさんの実家には、彼女の子ども時代を写した動画フィルムが残されていました。

一括処分のつもりでしたが……。

何本かを再生。

すると、無邪気なえみこさんを見守る母の姿が!

「愛されていました、私」

www.tameyo.jp

愛憎の気持ちが解けて、わだかりもすーっと消えたのでしょう。

心機一転して、着物を大幅に減らしていきます。

「片づけて、実家に子供達を連れてきたい」

えみこさんは前向きに、そう話すのです。

ウチ、“断捨離”しました! | BS朝日

この放送回はTVerで25日夕方まで使用可能の予定です。

貯め代のシンプルライフと暮らしのヒント - にほんブログ村

感想

母との絆

私も母を亡くして、その影響を今さらに感じています。

呪縛と取るか、愛と取るかはその方の気持ち一つなのでしょう。

子育てに正解はないけれど、親に愛された記憶は大切ですね。

それにしても子どもの気持ちを、尊重したいものです。

実家の片づけ「ウチ、断捨離しました」の感想をお伝えしました。

 

 

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

 


ライフスタイルランキング

スポンサーリンク