貯め代のシンプルライフと暮らしのヒント

アラフィフ主婦の貯め代はシンプルライフと家計改善を目標にしています

【布団収納に悩む方向け】レンタルVS家布団のメリットとデメリット

布団収納

客用布団の収納はめんどう

秋晴れの日に、押し入れを片づけました。

客用布団が2組あるので陽に干してから、洗濯したカバーを掛けて押し入れに収納。

けっこう手間が掛かるのですが、年末年始に娘夫婦が孫とともに帰省するというので、いまから準備しているのです。

お正月はホテルも宿泊費用が高くなるため、自宅に泊めようと考えて布団をチェック。

そこで今日は、貸し布団にした場合のコストや、自分の家にある布団の手入れと収納について考えます。

スポンサーリンク

 

布団は場所をふさぐ

布団収納

押し入れ収納のふとん

私が住んでいるのは雪国です。

冬はすっぽり冷凍庫のなかに生活しているような、氷点下の気温。

しかも築28年の古民家でオール電化ではありません。

夜間は冷え込むので、掛け布団と毛布とさらに薄手の掛け布団もあったほうがいい。

  • 掛け布団4枚
  • 敷布団2枚
  • 毛布 3枚 

客用だけでこれだけの枚数ですから、めっちゃ、場所をふさぎます。

1年半前に出番があった布団たち。

www.tameyo.jp

娘は里帰り出産をしたので、孫が生まれた時は婿殿が東京からやって来て、わが家に泊まりました。

婿殿は育ちの良い都会人なので、けっこう気を遣いましたね。

なんたって、私はがさつな田舎者なので(-_-;)

www.tameyo.jp

ま、育ちが良いたって、ふつうのサラリーマン家庭の息子です。

わが家が自営業のため、私が勝手に引け目を感じただけ。

余談ですが、娘夫婦は結婚してから2回、お正月はむこうの両親がいるマンションに帰省しました。

娘の姑さんはおせち料理をきちんと作り、ご出身が九州なのでフグ料理のお取り寄せもあったそうです。

ああ、真似できない。

だって、私の得意料理はさば缶アレンジだもん。 

www.tameyo.jp

 話を元に戻すと、関西生まれの婿殿と東京で成長している孫を、正月に暖かく過ごさせたい。

それで、布団をせっせと干して、準備していたのですよ。

客用布団なんて、捨ててしまえ!

やましたひでこさんも、客用布団の不要を番組「ウチ、断捨離しました!」でアドバイスしています。 

www.tameyo.jp

レンタル布団のコストは?

貸布団

貸布団はいくらするの?

ググると2組を2泊借りて、格安で12.117円 という体験談を見ました。

えっ、けっこう高いと感じるのは私だけでしょうか。

こちらの体験談によると枕や毛布、シーツなどフルセットだそうです。

そうそう、楽天でもレンタル布団サービスがあるのですね!

9月8日の時点で1人用の布団が、3泊7800円と出ました。

ふたり分だと15,600円。

年末年始は食品の価格も上がるし、娘から「カニと握り寿司が食べたい」とリクエストがあるため、この出費は正直、痛いかな。

でも、家に布団がなくてレンタルサービスを利用したい方には、便利と思います

何しろ布団収納の場所いらずで、保管の手間も一切ありませんから。

そして考えてみれば、配送込みの料金なので高いとは言えないですね。

スポンサーリンク

 

布団の収納術

布団収納

押し入れ収納

今回、押し入れを空にして、ふき掃除をしてから、陽に干した布団を収納しました。

布団を立てて収納すると、取りだしやすいとよく聞きます。

また圧縮袋を使うとスペースを有効に活用できるとも

圧縮袋は綿と化繊の素材に向きますが、羽毛布団だと復元しないことがあるそうです。

ぺしゃんこの羽毛布団は悲しくなりますね。

画像は、布団の収納袋ですが、抱き枕にもなる西川の商品。

洗える素材で、掛け布団用。

工夫された収納袋は、探せばあるものですね。

わが家の布団は、ほとんどが綿素材。

しかも、すんごく重い。

50代の今なら干したり畳んだりできますが、70代では難しいに違いありません。

そうなる前に家にある布団は処分して、レンタルにしようと考えています。 

布団の寿命

モノにはすべて賞味期限があって、布団にも寿命がある。 

そんな記事もありました。

綿素材の布団は10年、羽毛は15年とのこと。

私は敷き布団を1枚、半年前に廃棄しましたが、それは実に30年も使い続けました。

www.tameyo.jp

また、半年ごとに買い換える方もいます。

私はびっくりしましたが、ミニマリストのすずひさんは、冬用布団は春になったら捨てて、収納はしないとか。 

www.tameyo.jp

布団の寿命10年~15年説は、ものがあふれた時代になってからでしょう。

江戸時代の庶民は何世代にもわたり、夜具を大切に使い続けたそうなので。

私は、カバーを買い換えながら布団を大切にしてきました。

70歳になるまで客用布団を、持ち続けるかもしれません。

貸し布団との比較

貸し布団メリット

  • お手入れ不要
  • 収納スペースが不要
  • 使いたいとき、清潔な布団が自宅に届く

デメリット

  • 何組も借りると費用がかさむ
  • 自宅に届くときや集荷のとき留守にできない

www.tameyo.jp

 

家の布団 メリット

  • いつでも来客を家に泊めることが可能 
  • コストがかからず、タダ

デメリット

  • 収納スペースが必要
  • 使った後はシーツや枕カバーの洗濯の手間がかかる
  • たまには干さないと湿気やダニのトラブル等がある

まとめ 

客用布団なんか捨ててしまえ!

そんな意見も多いなか、あえて陽に干して押し入れに収納する道を選びました。

コストを考えてのことですが、70歳以降はムリせずに客用布団を手放して、必要なときレンタルサービスを利用したいと思います。

この記事は、布団収納に悩む方向けにレンタルサービスと、収納術についてお伝えしました。

>関連記事をいかがですか

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

 


ライフスタイルランキング

スポンサーリンク