貯め代のシンプルライフと暮らしのヒント

アラフィフ主婦の貯め代はシンプルライフと家計改善を目標にしています

【美容費の節約】ワセリンだけのスキンケアはコスパ最適でマスクが汚れない

肌断食・白色ワセリン

白色ワセリン

私は4年前から、スキンケアをしない肌断食を意識しています。

試行錯誤の末に、白色ワセリンで乾燥する秋冬も乗り切ることができました。

お肌に余分な香料や添加物をつけないので、吹き出物はなくなり、心なしかシミが薄くなった気がします。

それにワセリンだけのスキンケアだと、マスクが汚れません。

美容費の節約に大いに役立つ肌断食と、白色ワセリンについてお伝えします。

スポンサーリンク

 

肌断食

肌断食・白色ワセリン

スキンケアをやめました

私が肌断食を知ったのは、平野卿子さんの本「肌断食 スキンケアをやめました」が、きっかけです。

若い頃はニキビに悩み、20代で結婚すると乾燥肌になった私は、顔にベタベタと化粧水や乳液を塗るのが好きでした。

毎日、念入りにメイクをしていたので、クレンジングで落として、洗顔クリームをたっぷり泡立てて顔を洗う日々。

いつしかお肌にはシミが目立つようになり、娘たちから「母さんの顔は雑穀米みたい」と笑われる始末。

それは雑穀米のように、顔に茶色のシミが点々と混じっていたからなのでしょう。

www.tameyo.jp

 私はそのシミを隠したくて、40代は厚化粧になったのです。

しかし、50歳を過ぎて、肌がますます汚くなって、思い切ってスキンケアをやめました。

 

最新版 肌断食 スキンケア、やめました

  •  マッサージやパックはお肌をいじめているのに等しい。
  • オールインワン化粧品は、肌の新陳代謝を妨げる

そういうことが詳しく解説された本。

保湿には、白色ワセリンが良いとあったので、さっそく買ってみたのです。

ワセリンとは?

ワセリン・美容費の節約

白色ワセリン50グラムは500円ほど

ドラッグストアや薬局で買える白色ワセリンは保湿剤の一つ。

石油から得た炭化水素類の混合物を脱色して、精製したものです。

融点は36~60度です。

 ワセリンは、化粧水や美容液などのスキンケア用品と異なり、肌内部の角質層までは浸透しません。

そのため、肌が弱い方でも安心してお使いいただけます。

また、肌内部の角質層まで浸透しないことは、その人がもともと持ち合わせている自然治癒力を助ける効果もあります。

乾燥肌対策におすすめ!ワセリンの上手な使い方 | 健栄生活

ワセリンの使い方

寒いときはワセリンが固まりやすいので、私は手を温めてから、ワセリンをティースプーン1杯ほどをビンからすくい取っています。

そして、手のひらになじませて、顔全体を手のひらで覆うようにしています。

理由は、お肌をこすると刺激になりやすいから。

お肌は刺激を与えると、赤くなったり、目に見えない傷ができたりするので、なるべく避け、やさしくなじませる。

 

【あわせ買い2999円以上で送料無料】【第3類医薬品】 白色ワセリン 500g /4987286307794/

ワセリンは、ベビー用もあって、赤ちゃんにも安心。

私の孫も生後間もないときから、娘の手により、くまなく塗られていました。

 

ベビーワセリン(100g)【KENPO_12】【ケンエー】

ワセリンは全身に使えるので、シンプルライフに最適です。

スキンケア商品がこれ1本で済み、モノを増やしません。

ワセリンはお肌が本来持っている水分を、乾燥しないように保護してくれ、無香料、無添加。

スポンサーリンク

 

私のメイク用品

美容費の節約

マスク美人にメイク道具は必要なし?

2020年は2月以降、毎日マスクをしているので、化粧をほぼしなくなりました。

BBクリームは古くなったので、処分したほうが良さそう。

今年はメイク用品も買っていません(@@;)

口紅を持っているけれど、つけない日が多い。

それだけ、お出かけも減りました。

会合やミーティングはマスクが必須ですし、アイメイクで勝負という気になれないんですね。

忘年会もない見込みです。

メイクもスキンケアもしないけれど、肌断食から4年、何よりお肌が元気になった気がします。

雑穀米のシミも薄くなったと自分では感じられ、化粧品メーカーのコマーシャルに惑わされることはなくなりました。

www.tameyo.jp

まとめ

美容費の節約に大いに役立つ肌断食とワセリンについて、私の実感をお伝えしました。

余計なモノを買わなくなったので、コロナ禍で世帯年収が減っても、なんとか乗り切っています。

コロナ禍により企業の減収が鮮明になると、サラリーマンも業種によっては、お給料が減る可能性がありますから、節約できるところは削る必要が出てくるでしょう。

なお、お肌の弱い方は皮膚科医に相談の上、ワセリンをご使用下さい。

 

関連記事をいかがですか

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

 


ライフスタイルランキング

スポンサーリンク