貯め代のシンプルライフと暮らしのヒント

アラフィフ主婦の貯め代はシンプルライフと家計改善を目標にしています

結婚式のビデオテープを処分!捨てても夫婦の愛情は変わらない

f:id:tameyo:20190115141914j:plain

結婚式のビデオ

2019/06/06更新しました。

ハイハイやつかまり立ちをするようになった9カ月の孫が、わが家に滞在する予定なので、リビングを片づけています。

私の家ではオーディオ・ラックの上に45インチのテレビを置いているため、孫の手がテレビに届くことはありません。

問題はテレビ台として使っているラック。

夫が独身時代に月賦で買ったというオーディオ・セットはすでにないけれど、高さが70センチあるラックは、私が文庫本や書類をはじめ何でも収納していました。

そこに私たちの結婚式のビデオも仕舞っていたのです。31年を経て、結婚式のビデオを処分しようと決断したことをお伝えします。

スポンサーリンク

 

  

捨てる理由はVHSビデオを再生できないから

f:id:tameyo:20190102213422j:plain

花嫁のブーケ・バラ

オーディオラックの中にVHSビデオが7本、残っていました。

娘のおゆうぎ会や小学校の卒業式、そして私と夫の結婚式のビデオテープ。

捨てようと思ったのは、ビデオデッキがとっくに壊れてしまい処分したので、再生し視聴することができないからです。

「捨てても良いかしら?」と、夫に聞きました。

「勝手にすれば」

そっけない態度だったのは、残してほしいからかもしれません。

そうですね、華燭の宴は1987年に行われ、今は亡き舅や私の祖母も写っている。 

www.tameyo.jp 

でも、デッキがないから見ることができません。

そもそも結婚式のビデオを再生したのは、新婚の頃に3回くらいだったでしょう。

撮影代はけっこう高かったのに、そうくり返し見るわけではなかった。

アルバムは残す

ちなみに披露宴で使った大きなキャンドルは、結婚後5年で捨てました。

停電になった夜につけたら炎が小さくてびっくり。ろうそくの芯が細かったのでしょう。

VHSビデオテープは捨てますが、結婚の記念写真はまだ保管しようと思います。

写真はページを開けばすぐ思い出がよみがえる。ただ、豪華な台紙のためかさばるのが難点、場所を取るんですね。

昔は引き出物も重くてかさばるのを善しとしました。現在は冠婚葬祭も様変わり。

www.tameyo.jp

わが家の娘たちは地元では、ささやかな結婚報告会のみ。 

www.tameyo.jp

 ナシ婚だったこともあり、昔ながらの嫁入り道具はそれこそナシ。 

もっとも、かつて購入した方でも生前整理で婚礼タンスを処分するケースが、多い昨今ですね。

私は着物が好きなためタンスをまだ持っていますが、生きているうちに処分したほうが良いかも?!

時代の変化

f:id:tameyo:20190115143952j:plain

結婚祝いの電報と古い年賀状

結婚式の際にいただいたお祝い電報も、そろそろ捨てなければ。

長女が生後7か月の写真入り年賀状も出てきて、これは保管することに。

かわいかった赤ちゃんも早30歳。月日の流れは早いですね。

それにしてもデジタル製品の進化はスゴイ。30年前はビデオムービーは出始めで、気軽に動画を撮影できなかったのですよ。

機材がべらぼうに高くて。

今ではスマホで誰でも撮影できる。

娘はラインで孫の動画をよく送ってくれ、可愛くて私は心がほのぼのとします。

スポンサーリンク

 

 

テレビラックの片づけ

f:id:tameyo:20190115145831j:plain

テレビラックの中を片づけ

さて、ミニマリストはテレビを持たない方が多いそうですが、わが家は夫が大のテレビ好きなので、リビングの主役です。

「私とテレビ、どっちが好き?」と聞けば、必ず「テレビ」と答えが返る。

 このテレビ台の奥に結婚式のビデオテープがありました。

孫はハイハイをして、つかまり立ちする月齢なので、さらにスッキリさせたいと思います。

31年前の結婚式のビデオテープを捨てても、夫婦のきずなが途切れるわけではありません。

だいじょうぶ、愛情は変わらないので。 

www.tameyo.jp

子どもの卒業証書と賞状は紙のリサイクルへ出しました。 

www.tameyo.jp

 うちは狭いので、もっと捨てて暮らしやすくすることを今年も目標にします。

まとめ

ずっと保管してきた結婚式のビデオテープを、燃えないゴミの日に出します。

テレビ台の下にあったけれど、31年間に再生したのは3回ほど。

考えてみれば、結婚式は大きなキャンドルや撮影代など、ムダにお金がかかるものでした。

当時はそれで良かったし、親と招待客として出席してくれた方々に感謝しかありません。

結婚式のビデオテープを断捨離しても、夫婦の歴史はこれからも。

関連記事をいかがですか

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

 


ライフスタイルランキング

スポンサーリンク