貯め代のシンプルライフと暮らしのヒント

アラフィフ主婦の貯め代はシンプルライフと家計改善を目標にしています

ダウンコートを自分で手洗いして10年以上着るコツ!

f:id:tameyo:20181203192226j:plain

軽くて暖かいダウンコートは、冬の必需品です。

 

 

ポイントを抑えるとおうちでクリーニングできるので、節約になりますね。

私はデリケートな衣類用の中性洗剤で押し洗いしますが、乾かすときコツがあります。

お気入りのダウンコートは10年前に買ったもので、私には一生もの。またウールコートは30年前のものが、今も現役です。

この記事は、買わない生活をしている私が、冬のコートの手入れについてお伝えします。

スポンサーリンク

 

5枚のコート

f:id:tameyo:20181203192730j:plain

雪国に住んでいるので、コートは5枚持っています。

  • 茶色のダウンコート
  • 白いポリエステル綿のハーフコート
  • キャメル色のウールロングコート
  • ベージュ色のウール・ハーフコート
  • 黒のアンゴラ入りコート

冬が長いため、順繰りに着回し。陰鬱な天気で気が滅入りがちになるので、着る物は変化をつけています。

ウール100㌫のメリット

手持ちのウールコートは羊毛100パーセントで、化繊と違い、毛玉ができにくい点がメリット。

ここ数年、羊毛が値上がりしているせいか、デパートで売っているコートでもポリエステルなど化学繊維が多くなりました。

フリースのように手ざわりは最初、柔らかいのですが、摩擦によって毛玉になりやすい。

「2年前にデザインが気に入って買ったコートだけれど、毛玉がたくさんできて、なんだか貧乏臭く感じられ、捨てることにした」というブログを読んだことがあります。

その点、ウールは長持ちします。

f:id:tameyo:20181203192848j:plain

このキャメル色のロングコートを買ったのは23歳のとき。30年以上、経ちました。

えっ、毛布のように見える?

はい、厚手でこの頃、出始めた『着る毛布』のように暖かい。

私の町は盆地のため、最低気温マイナス7度、最高気温マイナス2度というような真冬日が1週間ほど続くことがあります。

体感的には、北極圏並みに寒い。(北極にも南極にも行ったことがないけれど)

そんな厳冬期に出番がくるのが、ロングコート。

年に2度か3度しか袖を通さないので、ドライクリーニングに出さず、ブラシをかけておきます。

保管は防虫剤を入れて、衣装箱へ。ウールは虫がつきやすいので、密閉できるケースの方が良いでしょう。

www.tameyo.jp

ウール素材のデメリットは、家で洗うと形がくずれてしまうこと。

紺色のウールジャケットを自分で洗って、失敗しました。

ウールはドライクリーニングですね、やっぱり。

ダウンコートは手洗いがおすすめ

全自動洗濯機には 全自動洗濯機には「手洗いコース」がありますが、人間による手洗いのほうがおすすめです。

  1. バケツに40℃のお湯を張って、中性洗剤を溶かす。
  2. 軽く押し洗いをする
  3. すすぐ
  4. 水を切って、素早くバスタオルにくるむ
  5. バスタオルにダウンコートの水分を吸わせ、乾燥させる
  6. 乾燥にはドライヤーか、エアコンの暖房を使い短時間で
  7. ダウンが固まらないように、軽く叩いたり、生地の上からほぐす

洗濯のプロが伝授。ダウンウェアを自宅で洗う方法 | メンズファッションマガジン TASCLAP

上の記事では、手洗い後に脱水を洗濯機で行っています。

素材によっては、失敗もあるようなので、自己責任でお願いします。ただ、私はダウンコートの手洗いでの、失敗はありません。

防水したいときは、防水スプレーでOK.

ただし、戸外でスプレーしてね。とくに小さなお子さんがいる部屋で防水スプレーを使うのは危険です。

スポンサーリンク

 

コートは表地の丈夫なものを

f:id:tameyo:20181203192606j:plain

白いコートは、ポリエステル綿が中に入っています。

ダウンコートよりも洗濯は気を使いません。

毎冬2度は自分で洗って、5年ほど着ています。

ところでダウンコートや中綿のコートは、買うとき表地のしっかりした物を選びましょう。

長く着るなら、シンプルなデザインで生地の良いものを。

値段が高くても、昨今の表地はペラペラして、見るからに安っぽく映ります。町で歩きタバコの人と接触したら、たちまち大きな黒焦げになりそうなほど、生地が薄い。

摩擦にも弱く、破れそう。

コートの品質が年を追おうごとに、低下しているように感じるのは私だけでしょうか。

ウール着物は自宅で洗える

f:id:tameyo:20181203193034j:plain

コートではないけれど、着物もウールなら家で洗えます。

写真は母からもらったウールの着物で、柄が大島紬風。

少人数の食事会くらいなら、ウールでも大丈夫と思います。

汁物をこぼしても、心理的にダメージがありません。その部分だけつまみ洗いも可能ですし。

絹は水に弱いため、自分で処理しようとしない方が無難。必ず着物洗いのプロにお任せしましょう。

この頃はデニム生地の着物が人気だったりするので、気軽にウール着物を着たいと思います。

お母さんや姑さんが、ウールの着物をお持ちではありませんか?

せっかくあるのなら、着ると良いですよ。着付けはYouTubeでも習うことができますから。

まとめ 

買わない生活をしているので、コートを手入れしながら最低でも10年は着ています。

ダウンコートは家で手洗いし、夫のダウンも私が洗って、節約。

表地が裂けないかぎり、着用できます。

30年前のウールコートは、着る毛布として家で着用しようかなとも考えるこの頃です。もし汚れたら、型崩れを覚悟して、家で洗うかもしれません。

一生ものだと思うと、買わないで済む。

50代半ば、コートは使い切ってから断捨離の予定です。

 

関連記事をいかがですか  

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

 


ライフスタイルランキング

スポンサーリンク