貯め代のシンプルライフと暮らしのヒント

アラフィフ主婦の貯め代はシンプルライフと家計改善を目標にしています

母の日ギフト届きました!お花とハーバリウムディフューザーのセット

母の日・カーネーション

ハッピーマザーズデイの定番は花

娘からカーネーションの鉢植えとカレンダー、ハーバリウムディフューザーのセットが届きました。

2020年は5月10日が母の日ですから、一足早く喜びに包まれています。

その一方で、私は93歳になる夫の母に、なにを贈ろうか思案中。

母の日プレゼントについて、感じていることをお伝えします。

スポンサーリンク

 

人気の母の日ギフト

母の日プレゼント

スイーツやお花やエプロンが人気

母の日プレゼントになにがほしい?

次の中から答えてね

娘からLINEでそう聞かれました。

  • バッグ
  • カップ
  • お花

バッグはデザインや重さの希望を、娘に伝えるハードルが高いですね。

50代となり、肩が痛くなるような重たいバッグが、苦痛になりました。

www.tameyo.jp

バッグは軽いナイロンバッグか、布バッグで充分です。

なんならエコバッグをメインにしようかと思うくらい、私はバッグに対してこだわりがありません。 

残るは、カップかお花。

www.tameyo.jp

愛用の100均マグカップが壊れないかぎり使えますし、食器棚の中身をこれ以上、「密」にできない。

そもそも食器を減らさなきゃ! 

www.tameyo.jp

ほんとうは食器棚ごと処分したいところですが、夫の師匠からの贈り物なので、しばらくはムリ。

処分を言うと夫婦げんかになりそうなので、このまま使おうと思います。

それで、「お花がいいわね」と娘に伝えました。

母の日ギフトの人気商品は、エプロンやパジャマもありますね。

プレゼントは、心がこもっていればOKだと感じています。

カーネーション

カーネーション・母の日・母の日プレゼント

育て方の解説付き

 わが家に届いたのは、吉本花城園のカーネーション鉢植えです。

母の日カードに、育て方のアドバイスが載っていました。

  1. 花が届いたら、すぐにラッピングを取ってね
  2. 置き場所は屋外の直射日光の当たるところがベスト
  3. 水は毎日たっぷり
  4. 咲き終わった花は、すぐに取ってね
  5. 花の盛りが終わったら、花壇や大きめの鉢に植え替えてね

www.tameyo.jp

2017年もカーネーションをもらいましたが、このときは虫に食われて、泣く泣く処分しました。

カーネーションの鉢植えを屋外に置くと、虫が卵を産み付けて、幼虫がみるみる花を食い尽くすのです。

今年は殺虫剤をふろうと思います。

 ハーバリウムディフューザー

母の日プレゼント

カレンダーとハーバリウムディフューザー

5月から始まるカレンダーとハーバリウムディフューザー も一緒に送られてきたんです。

ハーバリウムディフューザーは、香りを楽しむフレグランス。

いまググったら、けっこうお高い(~_~;)

お花だけでよかったのに。

気を使ってくれて、ありがとう!

www.tameyo.jp

孫は先月、2歳になりました。

アンパンマンのジャングルジムで元気に遊ぶ動画や、室内用の砂場 でおままごとをする写真が送信されています。

いま、テレワークで勤務して、保育園も休園。

それでも、しっかり育児と仕事をこなしているようで、ほっとしています。

娘も母となって、2年ですね。

スポンサーリンク

 

義母へのプレゼント

夫の母は、 大正15年うまれ。

娘時代は戦時中でした。

戦後に復員した夫の父親と、敗戦で物資が乏しい時代に結婚。

90歳を超えて、腰は曲がりましたが、元気です。

www.tameyo.jp

 夫の母は、身の回りの始末がよい人で、モノに執着しません。

着物は私に下さったし、ほしいモノもないそうです。

耳もよく聞こえるので、先日、娘に電話をしてもらいました。

東京に暮らす娘のことを、「コロナに罹ってねえべがのー」と、心配していたからです。

孫にあたる娘の声を聞いた夫の母は、とても喜んで、すぐ私にも電話をくれました。

「○○の声を聞いて、安心したよ~」

私の夫は3男坊なので、同居はしていません。

末息子のせいか、夫の母はなにかと気に掛かるみたいでした。

長男は72歳、末息子も60歳を過ぎていますが、子どもは子どもなのでしょう。

母の日ギフト

お花を贈ろうと思います

週末にお花を買って、持参しようと思います。

夫の実家からはお米をいただくことがあるので、お礼がてらスイーツも一緒に。

まとめ

娘から母の日ギフトが 届き、感激です。

ハーバリウムディフューザーとカーネーションの鉢植え。

虫に食い尽くされないようにお花を管理して、長く楽しもうと思います。

 

関連記事をいかがですか

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

 


ライフスタイルランキング

スポンサーリンク