貯め代のシンプルライフと暮らしのヒント

アラフィフ主婦の貯め代はシンプルライフと家計改善を目標にしています

ミニマリストは服が破れたらリペアするのだろうか?刺し子の智恵で節約

買わない生活

刺し子は細かく運針する手仕事のひとつ

お気入りの服が傷んだり破れたりしたら、ミニマリストは修理しながら着るのだろうか?

シンプルライフを目ざして、私は服をなるべく買わないようにしています。

昼はブラウスとスラックス、仕事を終えたら部屋着に着替え、それがパジャマ代わりにもなる私。

それで部屋着にしていた綿素材のズボン・ひざのところが薄くなって、とうとう破れてしまいました。

夏は涼しく着やすくて、お気入りだったのです。

さっそく私は針と糸を手にして、補修しました。

お気入りを捨てないで長く着るコツをお伝えします。

スポンサーリンク

 

 

破れたらリペア?

買わないチャレンジ

愛用して10年、さらに着るためには

 必要最小限のモノで暮らすのが、ミニマリストの定義です。

私はまだまだ、たくさんの家具や食器や服を持っていますから、ミニマリストではありません。

シンプリストを目ざして日々、実践中。

www.tameyo.jp

 ところで、厳選した服だけで生活するミニマリストの方々は、愛用する服が破れたり、傷んだりしたら、補修しながら大切に着続けるのでしょうか?

素朴な疑問です。

だって、毎日のように着ていたら特にボトムズは、膝のところが薄くなってしまうに違いありません。

はい、私の夏用のズボンが裂けてしまいました。

これは毎朝、床磨きをするとき膝をついて、ぞうきん掛けをしていたから。 

www.tameyo.jp

 カーペットを外して、リビングをフローリングする夏の間は、ふき掃除をする面積も広くなります。

築27年を経た戸建てに住んでいます。

さて、ミニマリストはお出かけ着と部屋着を分けないそうですが、掃除の時はどうされているのでしょう?

私は汚れてもかまわない部屋着で掃除をしています。

www.tameyo.jp

 窓を開け放して空気を入れ換えているので、毎日拭いても床はうっすらと砂やほこりが積もっています。

気にし出すと、ほっとけませんね。

せっせと掃除をして、その結果として、ズボンが裂けたのです。 

www.tameyo.jp

 

おばあちゃの刺し子の智恵

節約・服の補修

刺し子のリメイク服

私が子どもだったとき祖母は毎日、針仕事をしていました。

そして6歳くらいの私にも、はぎれを与えて針と糸を貸してくれたのです。

縫う真似をしながら遊んだことが、いまも胸を過ぎります。 

www.tameyo.jp

日本は資源がない国ですから、昭和の初めまで農村では自給自足が基本。

現在は何でも買うことができますが、私は今回、繕ってみました。

スポンサーリンク

 

当て布は裏に

繕い方

裏側に当て布

下手の横好き、手縫いです。

針でちくちくすると、苛立っていた気持ちが安らぐ。

当て布の周囲をぐし縫いしてから、細かめの運針を。

当て布を裏側に付けると、表から見た時、目立ちません。

ミニマリスト・禅僧・作務は修行

補修したズボンを履く

tameyoの「me」とサインした下のところが補修したところです。

家の中でそうじするだけなら、良いかなあと思うのですが……。

お針が上手な人だと、当て布を表にしてデザインも楽しむ方法もありですね。

革製のバッグでも、継ぎはぎデザインでおしゃれなものがあります。

www.tameyo.jp

ぬかみそを漬けて、服を補修する私は時代錯誤かもしれません。

でも、スローライフ気分で楽しむと、世界が広がりますよ。

www.tameyo.jp

ハンドメイドが見直されている昨今ですし、まずは手持ちの服の修理から始めると、節約になること、間違いなしです。

節約の目的は?

f:id:tameyo:20190413140219j:plain

500円貯金

私がこんなふうに節約を重ねているのには、理由があります。

築年数を経たわが家、外壁のメンテナンスを予定。

サイディング壁の塗り変えで 、足場工事を含めて100万円以上の見積もりが出ました。

そのほか、うちの冷蔵庫は購入から19年になりましたから、いつ壊れてもおかしくない。 

www.tameyo.jp

 そんなこんなで出費が多いため、節約を心がけています。

チリも積もれば山と成る。

ことわざもあるので、コツコツと。 

www.tameyo.jp

 

まとめ

最低限のモノで生活するミニマリストは、服をリペアしながら着ているのだろうか?

そんな疑問がわいたのは、私のお気入りの1枚が裂けたからです。

子どもの頃、刺し子をする 祖母のかたわらにいたので、その知恵を拝借して針と糸で繕いました。

本当の豊かさって何だろう?

私はモノを大切にして、モノの命を工夫しながら使い切ることも、豊かな暮らしにつながるのではないかと考えています。

関連記事をいかがですか

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

 


ライフスタイルランキング

スポンサーリンク