貯め代のシンプルライフと暮らしのヒント

アラフィフ主婦の貯め代はシンプルライフと家計改善を目標にしています

ストレスを減らす片づけ!朝のルーティンにほうきをすすめる理由

 

衣類の捨て方・断捨離・片づけ

散らかりがストレス

10月になり、季節が駆け足でやってきています。

2020年もあと残り3カ月、おうちをきれいにして、イライラを減らしませんか。

なぜなら主婦にとって、部屋の散らかりほど強いストレスを与えるものはありません。

これは実感です。

ストレスを減らす片づけについて、お伝えします。

スポンサーリンク

 

 

散らかりとストレス

シンプルライフ・断捨離

モノを愛でるには厳選が必要だ

 私はさがしものが多い人間です。

さがしものは、赤いペンだったり、手帳だったりその都度で違いますが、原因が判明。

  • その辺にポンと置く癖がある
  • きちんと仕舞わない

不注意な人によく見られる行動ですね(@@;)

結果としてパソコンの周りが書類の山となり、気が散り、作業効率が悪い。

www.tameyo.jp

 ドミニック・ローホーさんの「モノを元に戻す技術」を前に読みましたが、元にきちんと戻すのはまさに技術であり、習慣。

元に戻しさえすれば、目当ての文房具や、のりや封筒が見つかり、さっと書類を投函できる。

あと3カ月で、まずは自分で自分を躾けたいです。

  • ストレスを減らすには、モノを元に戻す習慣が大切

家族からのストレス

片づけとストレス

セリアの収納ボックス

私が片づけに目覚めたのは4年ほど前で、それ以前は掃除も片づけも大嫌い。

何より夫から「片づけろ!!」と叱られるのが、ストレス。

それほど家が、散らかっていたわけです。

新築まもないときは、子ども達が4歳と1歳。

私1人で、家事と育児と仕事でてんてこ舞い。

www.tameyo.jp

 ゴミ屋敷にこそなりませんが、突然の来客に困る私でした。

家事を全くしない夫となんども衝突し、モラハラぶりに離婚を考えたけれど、温かく迎えてくれる実家がないことと、住宅ローンの連帯保証人が私のため、離婚はしませんでした。

たとえ離婚しても、連帯保証人は債務の責任を逃れられないのです。

www.tameyo.jp

それにしても!

 どうして夫はあんなに、「片づけろ!」と、やかましかったのだろう?

理由がいまならわかります。

きれい好きで整頓をする人だから、私のだらしなさが我慢できなかったのでしょう。

「仕事場は俺の管轄だけれど、住居部分はお前の責任だからな!」

仕事場は狭いのに、住まいの全てが私の責任はひどいと思ったけれど、5歳年上の夫に逆らえません。

料理と掃除に追われる私は、次第に何もかも嫌になったのです。

なぜなら、家事は終わりが見えない作業で、子ども達が小さいこともあり、夫が満足するお部屋作りをできなかったからです。

完璧主義の夫ですが、還暦を過ぎて「あきらめ」の気持ちでいるみたいで、今は前のようにうるさく言わなくなりました。

  • 片づけや掃除は、家族みんなでやりましょう。

スポンサーリンク

 

朝のルーティン

朝のルーティン

ほうきと掃除機

朝のルーティンは100均のほうきで、ほこりを集めるところから始めています。

それから、少しだけ湿らせたタオル雑巾でふき掃除。

毎日やってもホコリって、でますね。

山崎産業/Daily Clean 座敷ほうき手編 短柄/177998

座敷用ほうき、楽天で1,460円からあります。

100均のほうきは、ほうき草が抜けるのがデメリット。

ほうきのメリットは掃除機より軽いので、さほど疲れないこと。

そして、お掃除ロボットよりずっと価格が安く、壊れにくい。

100均のほうきでも、4年は長持ちしていますから。

何よりディスクワークの方は、体を軽く動かすことになるので、おすすめ

www.tameyo.jp

 現代人は運動不足の方が多いので、ほうきやぞうきん掛けで体を動かしましょう。

  • 朝のルーティンに、ほうきを使うと体に負担を掛けずに、ホコリを退治できる。

居心地よく

片づけ・散らかりのストレス

リビングのソファ

2020年は家で過ごす時間が長かったです。

 わが家は結婚34年目。

あと何年、一緒に過ごせるか。

ちょっと考えるようになりました。

夫婦ふたりで80歳以上まで暮らせるかもしれないし、そうでないかもしれない。

いずれにしても、いつか夫婦暮しにも、終わりがやってくるでしょう。

その日までは、居心地良く生活しよう。

そんなふうに思えるようになりました。

夫に感謝の気持ちが芽生えた。

片づけの効果にほかなりません。

www.tameyo.jp

「片づけられない 」人には、さまざまな理由や原因があります。

しかし、不治の病ではありません。

だれでもできる片付けと掃除を、ブログでこれからも提案していきたいですね。

掃除と片づけは、生きている限り必要なスキルですから。

まとめ

10月となり、洋服の入れ替えをして、夏物家電もしまいました。

  • 作業効率を良くするため、モノはきちんと元に戻す
  • 片づけは家族の協力があると、主婦の負担が減る
  • 朝のルーティンは、ほうきの方が価格が安く、ラク
  • 家族の形は変化して、永遠ではないから、居心地のよい空間は大切

ストレスを減らす片づけについて、実体験をまじえてお伝えしました。

 

関連記事をいかがですか

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

 


ライフスタイルランキング

スポンサーリンク