貯め代のシンプルライフと暮らしのヒント

アラフィフ主婦の貯め代はシンプルライフと家計改善を目標にしています

モノがあふれた実家の片づけ!87歳の父が心を開くとき『ウチ断捨離』感想

 

ウチ断捨離しました・テレビ番組

背の高い食器棚を安全のために処分

BS朝日『 ウチ!断捨離しました」は、月曜日夜8時からの放送に変更になりました。

うっかり見逃しましたが、TVerで見ることができたので、感想をお伝えします。

驚いたのは、前に出演された58歳の奥様が今度は、実家の片づけにチャレンジされたこと。

87歳という高齢の父が暮らす家を、安全に快適にしたい。

やましたひでこさんの言葉が光る内容でした。

>スポンサーリンク

 

心がふれあわない父と娘

断捨離・やましたひでこ

食器は使うモノだけ収納

はじめにこのブログに貼った画像は、すべてわが家の実情を撮影したものであることをご了承下さい。

3月30日(月)に放送の「ウチ、断捨離しました」相談者 は、収納上手で資格をたくさんお持ちの58歳の奥様です。

前にも登場され、亡くなった母と色違いでおそろいの訪問着を、どうしたらいいのかとお悩みでした。

 母の呪縛に苦しむ長女がモノと向き合い、片づけをすすめて劇的に断捨離をする内容が前回。

www.tameyo.jp

さてお父様が87歳でひとり暮らしをされている、実家が大問題です。

  • ベッドの枕元近くに仏壇があって、危険
  • キッチンに圧迫感がある食器棚が置かれている
  • 床にモノが置かれて、つまづく怖れがある 

こちらの実家はマンション。

58歳の奥様さんが準備したそうで、戸建ての実家は処分しています。

その戸建てを片づけるとき、 奥様はかなり手間暇をかけて実践されたけれど、亡きお母さんからは「なぜ大事なものまで処分したの」と、詰問された苦い記憶が……。

長女だからと雑事をあてにされるが、自分の努力は親に認められていない」と、悔しさを滲ませました。

親の期待に応えようと精一杯がんばっても、自分は大切にされなかったという気持ちがあるんですね。

www.tameyo.jp

 相談者はこう告白します。

父と向き合うのが怖い。暖かみを感じないし、会話もありません

87歳と言えば、昭和8年生まれでしょうか。

戦前生まれのお父さんは、娘を褒めたことはないのでしょう。

お父さんの趣味は読書で、哲学書を好むインテリ。

サラリーマンとして勤め上げた父親と、女子大卒ですが、専業主婦として家庭を守って来た娘の物語です。

実家にあるモノの正体!

断捨離・片づけ

実家をゴミ置き場にしないで!

 番組が進むにつれて、この実家は前に娘さん一家が住んでいたことが明らかにされます。

娘さん一家は同じマンションの別の階に、新たに中古物件を買って住んでいるのでしょう。

裕福な家庭です。

やましたひでこさんは、部屋を見るなり言いました。

「地震が起きたら、上からモノが落ちてくるのは危険。

そして安全に睡眠をとれるように、快適な空間にしましょう」

仏壇の配置換えをすると、たしかに安全となり、ぐっすり眠れそう。

さて、実家にあふれているモノの正体は、実は娘さん一家の不要品だった!

ゆゆしきことですね。

「実家をゴミ置き場にしたのは、あなたではないですか!!」

やましたひでこさんの声が響きました。

親の呪縛に悩む相談者は、自分の子どもの晴れ着用の髪飾りや、膨大な家族写真のアルバム を実家に置きっぱなしだったのです。

>スポンサーリンク

 

寡黙な父親が前向きに

衣類の捨て方・断捨離・片づけ

87歳の父親が心を開くとき

キッチンにあった背の高い食器棚は運び出され、低めの収納に改善。

仏壇はやましたひでこさんのアドバイスで、リビングへ。

弟さんも手伝いにやって来て、姉である相談者にどやされながら 、リビング収納を解体。

みるみる家が、片づいていきます。

部屋がきれいになったら、生きる気力が湧く

お父さんは前向きな考えをするようになり、他者に心を開き始めるのです。

自分を認めよう

やましたひでこ・ウチ断捨離しました・テレビ番組

親の観念を引き継がなくても良い

高齢の父とときにぶつかりながら、片づけをされた奥様に、やましたひでこさんは語りかけます。

親の期待に報いることにより不満がたまったり、専業主婦の自分は認められていないと感じるのは、親の観念を引き継いでしまっているからではないでしょうか

娘だからといえ、親の期待にすべて応えることは無理があるでしょう。

また、専業主婦として子育てや家事をこなしたことは、それはそれで立派なこと。

自分がまず自分を認めることが大切。

それから、親と気持ちの折り合いをつけることもポイントだそうです。

親は自分が願うような親じゃないけれど、親なりの人生を歩んできた。

お互いが納得して、前向きにあきらめるしかない。

そして、相談者に「87歳のお父さんに歩み寄ってください」と、アドバイス。

www.tameyo.jp

仲の良い親子もあるでしょうが、一歩踏み込むと壮絶なまでのわだかまりも多いですね。

長女は親の観念を受け継ぎやすいやすいのかもしれません。

私も長女として加重な重荷を背負わされ、耐えきれずに距離を置いたので、今回も大変に勉強になりました。

www.tameyo.jp

まとめ

2020年3月30日放送のウチ断捨離しました!を視聴したので、心に響いたことを中心に感想をお伝えしました。

https://tver.jp/

民放ポータブルテレビTVerにて、4月6日ころまで見ることができます。

実家の片づけは難問ですが、娘や息子の置き土産がたくさん埋まっているケースがありそうですね。

私も巣立った子ども達の学習用品や、部活の道具に手こずりました。

家が片づくと気持ちもスッキリ、前向きになれるでしょう。

 

関連記事をいかがですか

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

 


ライフスタイルランキング

スポンサーリンク