貯め代のシンプルライフと暮らしのヒント

アラフィフ主婦の貯め代はシンプルライフと家計改善を目標にしています

整理収納にハマった家!亡き母の呪縛が今も辛い主婦「ウチ断捨離」感想

ウチ断捨離しました・やましたひでこ

収納ボックスにきっちりモノが詰まっている

BS朝日「ウチ、断捨離しました」3月18日放送分は、整理収納アドバイザー1級の資格を持つ50代の奥様が、登場しました。

一見すると片づいていますが、たくさんの収納グッズにモノがぎっしり詰まっているお宅です。

収納上手はモノを減らせなくなる。整理収納のワナを感じた番組だったので、感想をお伝えします。

スポンサーリンク

 

体裁を整えるための収納

断捨離・やましたひでこ・食器を減らす

モノを減らせばゆとりが生まれる

ブログ内の画像は、すべてわが家の実情を撮影したものであることを、最初にお断りいたします。

今回の奥様はご主人が単身赴任中、成人された息子さんと娘さんとのマンション住まい。

整理収納アドバイザーの資格をお持ちなだけに、とても片づいて見えるお宅です。

暮らしぶりにゆとりがあるご家庭で、奥様は女子大卒。

小さいときから親に頼りにされるほどの、しっかり者の長女でした。

4年前に80代で亡くなったお母さんは、手作り創作に熱意のあるバイタリティあふれる方。

しかし、モノを捨てられず、実家は片づいていなかったそうです。

娘さんは、汚部屋っぽい実家がコンプレックス。

整理収納アドバイザーの資格を取ったのも、「片づけられる自分」になりたい。

その一心だったとのこと。

www.tameyo.jp

『ウチ、断捨離しました』を見ていると、さまざまなご家庭が世の中にあって、悲喜こもごものドラマがあることに気づかされます。

そして案外と多く見受けられることが。

  • 母と娘の感情の行き違い
  • 母からの過干渉に悩んだ娘時代の記憶を引きずってしまうこと。

断捨離はモノへの執着を手放すことだけでなく、感情をどう処理して、次の段階へ進むかをテーマにしているのでしょう。

モノが詰まった家

「一見、きれいに 片づいて見えるけれど、扉を開けるとモノがぎっしりですね。

体裁を整えているだけではないですか?」

やましたひでこさんは、そのように指摘されました。 

www.tameyo.jp

すると、50代主婦はタンスに仕舞われた母とおそろいの着物を取り出します。 

母とおそろいの着物は、訪問着で色違い?!

娘さんがピンク色、お母さんはグレーの地色です。

絹の光沢がある、綸子(りんず)のようでした。

しかも、むりやりお母さんから押しつけられて、ピンクの着物の支払いをさせられたというじゃないですか!

娘の好みを聞かずに、いきなり高額な着物を作ってしまう母親は、独善的な香りがプンプンとします。

「母との思い出がある着物をどうしたらいいの?」

袖を通すことなく、30年も経てしまった着物に、「これは断捨離のなかでも難しい部類になります。まずは収納グッズに収められたモノから始めましょう」と、やましたさん。

スポンサーリンク

 

実じまい

実家・片づけ・母親

実家を片づけて、母から責められる

50代主婦は、母親に責められた記憶を持っていました。

母は4年前に亡くなったのに、今も心に引っかかる。

どうすればよかったのかと、今も苦しい。

それは実家を処分したことに起因しています。

そう、家じまい。 

www.tameyo.jp

「業者さんに依頼したため、家にあるものをほとんど処分したのです。

そうしたら母が『思い入れのある食器をなぜ持って来てくれなかったの?』と。

時間がなかったことを説明しても、納得してくれず……」 

そんな50代主婦に、「辛い思いをお母さんにさせたことを、自分に許そう」と、やましたひでこさんが声を掛けました。

娘を悩ませる母の呪縛は、自分自身を許せない気持ちにあることを看破したのでしょうね。

本当に必要な量とは

断捨離・片づけ

本当に使いたいモノだけ残す

さて、ご家族がいるため、洗面所にはドライヤーや息子さんや娘さんの者を含めたスキンケア用品がたくさん。

収納グッズから中身を取り出すと、ムダにしまっているモノに気づきます。

結局、番組ではたくさんの収納グッズを処分しました。

無印やセリアにも、収納グッズがたくさん売られていますね。

私もつい欲しくなり、買ってしまうのですが、収納も厳選したほうが生活しやすくなります。 

www.tameyo.jp

 客用カップやグラスが多いのも悩みの種です。

減らすポイント

  • 自分の気持ちを基準にする
  • 使いたくないものは処分 

www.tameyo.jp

「高いモノだから 」とか、「いただき物だから」とか捨てられない言い訳をせずに、手放したほうが、気持ちの整理がつくに違いありません。

断捨離と心の変化

母の呪縛・断捨離

母の呪縛と着物

たくさんの資格をお持ちの奥様。

心理カウンセラーの資格もあるが、取ったことも忘れていたそうです。

  • 箔をつけたい
  • 人から認められたい

断捨離によって、ご自分の気持ちに気づくことができました。

素の自分を表現することができたら、人との和やかな関係を築きやすくなります。

物置部屋だった防音室を片づけて家族の趣味部屋にし、リビングの目につく場所から母の遺影を移動。

「お母さんが中心になっていた」ことに気づいたのです。

ここで、やましたひでこさんのアドバイスが、視聴者の私の心にも響きました。

自分が勝手に母の呪縛を作っていた可能性がある。

着物を着てみると良いですよ。

モノとの新たな関係性ができますから

さらに空間にゆとりを持たせるため、リビングのソファの位置を変えたり、テレビを移動させたり。

母の手作りのティシュボックスは、残されました。

棚の奥から50年前の絵日記が出てきたのは、びっくりです。

「母さんが前髪を切ってくれた。ガタガタになってしまいました」

最後は、重荷となっていた過去を、笑い飛ばせるようになった奥様です。

https://tver.jp/

tverにて無料配信され、3月25日ころまで見ることが可能。

心と断捨離について、今回も勉強になりました。

まとめ

ウチ断捨離しました・テレビ番組

モノを減らして気持ちの整理も

母の呪縛は、心の幻想か。

そんな感想を持った今回の番組です。

私にはふたりの娘たちがいますが、もしかしたら過干渉で口うるさい母親だったかも(~_~;)

いや、そうに違いない。

私が亡き後に、娘が苦しんだり恨んだりしないように、気をつけたいと感じました。

さて、きょうも身の回りを片づけて、自分らしく過ごしたいですね。

 

関連記事をいかがですか

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

 


ライフスタイルランキング

スポンサーリンク