貯め代のシンプルライフと暮らしのヒント

アラフィフ主婦の貯め代はシンプルライフと家計改善を目標にしています

【衣類の処分方法】着物と夫のスーツを町会の資源回収へ!心が軽くなった

捨て活

クローゼットはぎっしり詰まっていた!

一見、きれいに片づいて見えても、クローゼットや押し入れを開けると、衣類や寝具がギュウギュウに詰まっていることはありませんか。
わが家はなんとか汚部屋を卒業して、床面積を広くしました。

でも、夫のブレザー箪笥を開けると、閉めきりだったため空気がよどみ、衣類が苦しそうに悲鳴を上げていたんですね。

使っていないモノを詰め込んでいると、気持が重くなることを実感。

そこで、着ない服を町会のリサイクルの日に出したので、資源回収についてお伝えします。

スポンサーリンク

 

衣類を処分したいとき

断捨離

親戚から貰った着物を処分

ブランド品や購入から数年しか経っていない洋服は、メルカリやヤフーオークションに出品したり、オフハウスやセカンドストリートに買い取らせることができます。

けっこう高値がつくと、ほくほくと懐がうるおいますね。

ところが、現在わが家にあるのは、とうてい売れそうもない服ばかり。 

www.tameyo.jp

 そのなかでも、とりわけ不人気なのは安物の和服かもしれません。

私は年代物の木綿と、化繊の着物をようやく処分することにしました。

「孫娘にどうかしら?」

実母から10年以上も前にもらった着物は、仕立てたものの袖を通してないそうです。

母は本家でいらなくなった着物を、「もったいない」と思って、引き取ったのでした。

しかし、昨今は絹の着物ですら、着る機会がないですね。

www.tameyo.jp

私は着物が好きで、リサイクルの物もあるし、親戚からもらった物もあります。

でも、これからは本当に好きな着物だけを持ちたいと思うように。

それで、写真の3点を町会のリサイクルに出したのです。

あと、夫の若い頃のスーツも出しました。

衣類の捨て方・断捨離・片づけ

夫のスーツ

35年前に7万円もしたオーダーメイドの背広。 

生地がしっかりして虫食いもないけれど、サイズアウトで着ることができない。

それで資源回収の日に袋に詰めて、家の前に置くと、町会の方々がトラックで回収してくれます。

www.tameyo.jp

 私の町会ではシーズンごとに、新聞紙や段ボールとともに衣類や古布の回収を実施。

  • 衣類は和服も含む。
  • 古布はシーツや布団カバーなど

衣類と古布は別々の袋に入れるように、回覧板が回っています。 

www.tameyo.jp 

古着や古布はどこへ?

資源回収

古着はどう処分されるの?

かつては燃えるゴミとして処分されることが、多かった古着たち。

現在、資源回収で集められた古着は、工場へ送られます。

そういう会社では、送られた古着をひとつひとつチェックして、選別。

  • 服として再生が可能か
  • ウエス(工業用のぞうきん)にするもの
  • 綿素材として活用できるか

ですから、資源回収に出す古着や古布が、濡れたままだったり、汚れが洗われていなかったりすると、他の布も影響をうけてカビなどが発生するんですね。

古布は洗濯後に袋に入れたら、しっかり口を閉じて、雨にぬれないように出すと、資源として活用できます。

スポンサーリンク

 

古いモノを愛する

アンティークな大島

親戚からゆずられた着物のなかに、大島紬があったので、私は自分で裏を外して、単(ひとえ)着物として再生しました。

終活中の伯母が「裏地が変色してしまっているから、バッグにリメイクするといいよ」と言いながら、くれたのです。

80歳になる伯母が30歳くらいのとき買ったそうで、50年も前の大島です。

でも、先染めした糸を丹念に織り上げた一枚でした。

リメイクも良いけれど、まずは着物として着てみたい。

裏地をはずしたら、中性洗剤のエマールで洗って、アイロンをかけたのです。

手間をかけて街着にしたら、すれ違うご婦人に褒められましたよ。

www.tameyo.jp

 もしも、お祖母さんや母親の着物があったら、今では貴重な紬があるかもしれませんから、チェックしながら捨て活をすることを、おすすめします。

久米島紬や結城、琉球紬は根強い愛好者がいますから、高値がつくかも。

処分すると心が軽くなる

片づけ

開けると、雪崩のような状態の押し入れ

片づけアドバイザーに依頼して、一気に処分するとビフォー・アフターの効果が目に見えることでしょう。

しかし、私は納得しながら自分の手で、行っています。 

www.tameyo.jp

1年ぶりに帰省した娘が「母さん、きれいになったじゃん」 と言ってくれたときはうれしかったですね。

私は2ヵ月前に56歳になりました。

少しでも手放すと、心が軽くなりますね。

50代のうちに、さらに減らして居心地の良い空間を作りたいです。

まとめ

着物3点と夫のスーツを資源回収に出しました。

資源として活用されるためには古着とはいえ、濡れたりカビが生えたりしたものはNGとなります。

洋服として再生可能のものもありますから、袋の口はしっかり閉じて、ゴミが混入しないようにしましょう。

関連記事をいかがですか

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

 


ライフスタイルランキング

スポンサーリンク