貯め代のシンプルライフと暮らしのヒント

数年後に還暦の貯め代はシンプルライフと家計改善を目標にしています

【寂しさ消費】シニア世代のお金事情は子や孫への支出が多い傾向

寂しさ消費

寂しさ消費が家計を圧迫

50代後半の私には、結婚して離れて暮らす娘ふたりがいます。

若いときには考えたことがなかった老後が、目前に迫ってきました。

地方紙に「寂しさ消費」というタイトルの記事が掲載され、これは収入が少ない年金暮しのシニアが、子や孫を支援したり、旅行代金を払ったりして、家計を圧迫しているという内容でした。

寂しさ消費についてお伝えします。

スポンサーリンク

 

 寂しさ消費とは

寂しさ消費

子や孫に大盤振る舞い

収入は年金頼みで、とても切り詰めた生活をしていても、子や孫への援助を惜しみたくない。

あるいは「遠いところをせっかく来てくれたから」と、おもてなしを盛大にする。

私にも覚えがあります。

巣立った子どもと会えるのはわずかな時間ですから、つい張り込んでしまいますね。 

www.tameyo.jp

寂しさ消費とは、シニア世帯が孫や子どもに喜んでもらいたくて費やす費用。

老いると孤独感に苛まれがち ですから、せめて親族が顔を出してくれたときは、精一杯のことをしてあげたいと思うのでしょう。

旅行代金300万円

老後資金・年金

子や孫との旅行が楽しみ

私が読んだ記事では、「子ども3人とその家族で行く夏の旅行は、すべて私持ちだった 」と、話す79歳女性の談話が載っていました。

沖縄旅行では総勢13人分 300万円近く掛かったとか。

虎の子300万円を出した旅行ですが、その後は疎遠に(@@;)

www.tameyo.jp

孫達も大きくなれば友人との付き合いなど忙しくて、お祖母さんの相手をしていられないのでしょう。

寂しさが募る高齢者と、自分たちの生活で手一杯の子どもや孫たち、 難しいですね。

スポンサーリンク

 

年金とお金の使い方

年金生活・老後資金への不安

老後資金への不安は非常に高い
  • 年金だけで夫婦ふたり暮しの世帯は、年間で子への支援が7万0364円

孫への支援は5万9857円 合計およそ13万円

  • 年金だけで暮らし1人世帯は年間で子への支援が12万1852円、孫ヘの支援は11万4219円 合計およそ23万6千円

記事によると、1人世帯のほうが子や孫への支援額が大きいと言うのです。

ひとり暮らしのおばあさんが、年間で平均20万円以上も子や孫に支援しているとのこと。

www.tameyo.jp

 年々、年金の受給額は減る傾向なので、寂しさ消費が家計を圧迫というのは、うなずける話です。

しんどいと思ったら!

寂しさ消費・年金生活

素直に子どもに「苦しい」と打ち明けよう

記事には解決策として、こういうふうに結ばれていました。

「シニア世代は親が自分にしてくれたことを、子や孫に返したい気持ちが強い。

けれど、いまはかつてない超長寿社会で、長生きリスクがある。

むりにお金を出し続けると、将来的に子や孫に負担を掛けてしまうかもしれないから、しんどいタイミングで素直に伝えてみましょう

これって、高齢の親には覚悟が要ることではないでしょうか。

理由は、「金銭的にしんどい」と伝えたことで、子や孫が寄りつかなくなるかもしれないから。

www.tameyo.jp

私自身は、実父のギャンブル依存で頭を抱えた体験があります。

金の切れ目が縁の切れ目は、夫婦だけではありません。

親子にも言えるんですね。

シニアの寂しさ消費は結局、 子や孫をつなぎとめるのがお金だということ。

ところが今、コロナ禍で家計が厳しい世帯が増えています。 

www.tameyo.jp

 富裕層が資産を2倍にも3倍にも膨らませているけれど、全日空や日航、飲食業などお給料減のところが多い。

わが家も逼迫している側です(>o<)

娘や孫に迷惑をかけたくはない。

けれど、会えたときはごちそうをして、もてなしたい。

 

一般論はもういいので、私の老後のお金「答え」をください!

老後資金は最低でも1,600万円を貯めることをオススメする、ファイナンシャルプランナーが多いですね。

シニアの「寂しさ消費」は、せつない事情が絡むのでしょう。

 

貯め代のシンプルライフと暮らしのヒント - にほんブログ村

まとめ

年金生活のシニアが子や孫に注ぎ込むお金は、決して少なくありません。

ひとり暮らしのシニア女性が、ふだんの生活を切り詰めて「おもてなし」や旅行代を負担していることは多いとのこと。

一方、もらう側の子どもは案外、親の懐具合を気に掛けないことがあるそうです。

寂しさ消費について考えさせられたので、年金生活とお金の使い方についてお伝えしました。

 

関連記事をいかがですか

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

 


ライフスタイルランキング

スポンサーリンク