貯め代のシンプルライフと暮らしのヒント

アラフィフ主婦の貯め代はシンプルライフと家計改善を目標にしています

『シニアのためのなぜかワクワクする片づけの新常識』捨てずに空間作り

片づけ・捨て活・断捨離

なぜかワクワクする片づけの新常識

終活や老活というとまずは身の回り品を捨て、モノを減らして子ども世代に迷惑をかけないようにする心遣いが、大切だと言われがちです。

「シニアのためのなぜかワクワクする片づけの新常識」は、古堅純子さんが書いた新書版の本。

この本の最も特徴的なことは、捨てなくていい片づけ。

高齢者が無理してモノを捨てることのデメリットも解説された、この本の感想をお伝えします。

スポンサーリンク

 

片づけ新常識

なぜかワクワクする片づけの新常識

むりに減らさなくても大丈夫

「家にモノがあふれて、落ち着かない」

「不要品を今のうちに処分したい」

50代や60代の方は、断捨離のやましたひでこさんや、片づけの魔法の近藤麻理恵のやり方を取り入れて、シンプルライフを進めることが可能です。

なかには、最小限主義のミニマリストになる方もいるでしょう。

『シニアのためのワクワクする片づけの新常識』

著者の古堅純子さんは、1998年に老舗の家事代行サービス会社に入社し、さまざまな現場を経験しました。

整理収納コンサルティングや、家事効率化のための支援事業をなさっている方です。

捨てない片づけ

捨てない片づけ

お気入りの食器や漆器

古堅さんはたくさんのお宅を訪問して、終活や生前整理のために、泣く泣く自分の趣味のものや、愛着ある品を処分されるケースをみてきました。

たしかに80代になると、片づけはむずかしくなります。

  • 片づけの気力が湧かない
  • 健康上の問題
  • 筋力が衰えて、荷物を運ぶことができない

複合的な理由から、親族や家事代行サービスが手を貸すことが多いのでしょうね。

www.tameyo.jp

そして、地方に住む高齢者は、大きな戸建てに独り暮らしというケースが少なくありません。

子どもや孫は、めったに実家を訪れない。

なのに、たまに来れば娘が「モノを片づけろ」と、ガミガミうるさい。

 それで、大量のモノを処分され、寂しさのあまり健康を害し、命を縮める高齢者がいるという文章に私はショックを受けました。

www.tameyo.jp

 幸せに暮らすための片づけが、住む本人を苦しめたら周囲もいたたまれないでしょう。

  • モノは捨てなくていい
  • モノより大切なのは空間

お年寄りにとって過去の栄光や思い出が、大切な支えになる。

「これ、いるの? 

いらないでしょ、こんなもの!」

古堅さんは、親子がケンカながら片づけをするシーンをよく目にしたそうです。

お年寄りは子どもに迷惑をかけないように、ジッとがまん。

そんな残酷なことを、実の子どもでもしてはいけないというのが、古堅さんの考え。

www.tameyo.jp

ただし、高齢者の家には、危険を感じるほどモノが詰まっている。

具体的にそんな時はどうすれば良いのでしょうか。

寄せる

シニアのためのなぜかワクワクする片づけの

モノを寄せて快適空間を作る

長年、モノだらけの汚部屋に住んでいると、その状態に感覚が慣れてしまいます。

なかには虫が湧いたタッパーがテーブルに置きっぱなしでも、平気で日常を送るお年寄りも。

著者は緊急の策として、まずはモノを寄せることを提案。

  • 床のあちこちに放置されたモノを、とりあえず部屋の片隅に寄せる
  • 余裕があれば、物置部屋を作る
  • あるいは、押し入れに押し込む

ポイントは短時間で、部屋の様子を変えてみること。

www.tameyo.jp

空間ができると、心が動く、人生が動く 。

まずは、スッキリ空間の心地よさを味わうことが大切なのですね。

スポンサーリンク

 

生活動線の確保

断捨離・片づけ

生活動線を整備する

片づけで大切なのは、目標とゴールの「夢と希望」。

私自身は、娘の結婚と里帰り出産のための片づけをしました。

汚部屋育ちであることを、娘が恥じていたため、私は大がかりに捨て活。

そのときは50代前半だったので、奮闘できたに違いありません。 

www.tameyo.jp

 片づけのおかげで、娘の産後を心置きなくサポートできました。

孫娘は現在、2歳半。

「じいじ、大好き」

LINE電話でそう話すので、夫の目尻は下がりっぱなしです。 

www.tameyo.jp

ところで、 高齢者の家の片づけで、大切なのは生活動線。

生活動線が整っていないと、家はすぐに散らかります。

  • 洗濯物を干すところ
  • 乾いた洗濯物を仕舞うところ

いちいち畳んで、タンスに仕舞うよりも、下着や肌着をボックスにざっくり入れ込むと手間要らず。

空き部屋があるのなら、ひとつをクローゼットにして衣服をラックに掛けっぱなしにするのも、アイデアとのこと。

www.tameyo.jp

 衣類は床に置いたり、ソファに掛けたりは雑然としてしまうので、使う服はハンガーに掛けることを本では奨めています。

シニアのための なぜかワクワクする片づけの新常識 (朝日新書)

  • 大量にあるモノを寄せて、空間を作る
  • 生活動線を確保
  • 寄せた物置場を確認して、自分に必要な量を知る
  • モノの処分 

本には具体的な片づけのコツが、たくさん載っています。

私は乾いた洗濯物が、リビングに集まりやすいので、生活動線のページは参考になりました。 

www.tameyo.jp

片づけと掃除は生涯にわたり、必要な習慣ですね。

趣味に没頭したり、家族が集まり笑い合ったり。

そのための片づけです。

貯め代のシンプルライフと暮らしのヒント - にほんブログ村

まとめ

がんばらずに一生、散らからない暮し。

ガンガン捨てることを、片づけでは推奨されがちですが、高齢になるほど本人は納得していないのかもしれません。

「捨てないよ。部屋の片隅に寄せるだけ」

そういう言葉で、すっきり空間の心地よさを知ってもらう。

親の家の片づけで悩む方が多い昨今、トラブル回避のコツが提案された1冊です。

 

 

関連記事をいかがですか

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

 


ライフスタイルランキング

スポンサーリンク