貯め代のシンプルライフと暮らしのヒント

アラフィフ主婦の貯め代はシンプルライフと家計改善を目標にしています

朝の15分掃除は100均のほうきとタオルぞうきんで部屋めぐり

朝の掃除は100均ほうきが便利

100均セリアのほうきと塵とり

家の中を片づけると、ホコリが気になりませんか?

汚部屋の住人だった頃、私は吹き込む風に綿ゴミが舞っても平気でした。

けれど、ホコリにはダニの死骸や細菌の巣も含まれていることを知って、気をつけるように。

そこで毎朝15分、家の中を100均セリアのほうきで掃いて、ぞうきん掛けをしています。

床を拭き清めると、気持ちもスッキリ。

朝の15分掃除について、お伝えします。

スポンサーリンク

 

 

手軽な掃除を習慣に

毎朝15分で快適な掃除術

ぞうきん掛けが日課

わが家は子育てを終えて、夫婦ふたり暮らし。

子どもたちを育てていたときは、朝ご飯の支度とお弁当作りでてんやわんやでした。

とても朝に掃除をするなんて、できません。

50代になって子どもたちが次々と巣立ち、幸いなことに1年前に住宅ローンを完済。

築26年の家は古くなってしまいましたが、住宅費がグッと減りました。

その家の中を、快適にするチャレンジに挑んでいます。

www.tameyo.jp

わが家は戸建てのわりに、居住空間がとても狭い。

リビングと寝室、子ども部屋に廊下、そして台所とお風呂とトイレで、28坪の広さです。

そのほかに仕事部屋がありますが、夫の領分なので、私はさほど手をかけていません。

居住空間は狭くても、夫婦ふたり暮らしなら充分でした。

私は毎朝、100均セリアのほうきで各部屋を掃いて、雑巾がけをしています。

すると、ホコリが溜まらないし、部屋の乱れにすぐ気がつく。

雑巾バケツは捨てようと思ったゴミ入れ

捨てるつもりだったゴミ箱を雑巾バケツに

「雑巾は薄手のタオルが一番、使いやすい」

羽田空港の掃除人として知られる新津春子さんの本に、そう書いてありました。

 着なくなった服を使い捨てのウエスにする方法も、もちろん良いのですが、薄手のタオルは手になじんで汚れを逃しません。

www.tameyo.jp

 

 ぞうきんは少しだけ湿った状態が最適です。

すっかり濡れたぞうきんは、フローリングを傷めるので、湿らせるくらいでOK。

湿り具合ですが、濡れた手を拭いたくらいで充分でしょう。

私はそれで寝室の畳と子ども部屋と廊下、キッチンとリビングを拭いて回ります。

www.tameyo.jp

 掃除した後のぞうきんは、ぞうきんバケツで洗って、固くて絞ってから、ベランダに干します。

捨てるつもりでいたプラスチック製のくず入れを、ぞうきんバケツにしたのですが、これが正解。

夫が結婚前から使っていたくず入れは子どもたちがシールを貼って汚しましたが、とっても長持ち。

資源を有効に使うために、使い切る暮らしをしています。

15分で快適なワケとは?

朝の15分掃除で窓を開けて、部屋をチェック

畳の部屋を拭き掃除

掃除がストレスになるのは、あまりにモノが多くて、見るだけでうんざりしてしまうからではないでしょうか。

片づけと掃除は、似ているけれど違う。

掃除をするには、床が見えていることが大切。

とくにお掃除ロボットを使うときは、床にモノが多いとよく働いてくれないとか。(わが家にはありませんが)

www.tameyo.jp

私は毎朝15分掃除のとき、窓を開けて空気を入れ換え、各部屋をチェック。

たった3つしか部屋がなくて、ラッキーでした。

5つも6つもあったら、15分以上かかるに違いありません。 

www.tameyo.jp

 ざっとでも、家中のホコリを取ると、気分が晴れやかになります。

そして、ゴミの日に出す不要品に気づくこともできる。

スポンサーリンク

 

 

家事が仕事になる時代

伝説の家政婦が自宅で実践!週末15分そうじ術』は、株式会社タスカジの共同創業者鈴木美帆子さんの本です。

 

 

読んでみると、忙しい主婦が週末の15分で家を掃除するコツが満載でした。

ところでタスカジとは、家事代行の家政婦マッチングサイトを運営する会社。

家事が仕事になる時代の到来です。

www.tameyo.jp

 近未来は、家事も育児も外注となるのかもしれません。

もちろん片づけも。

タスカジは1時間1,500円 ~から。

なので、外注したつもりで自分で家事をこなして、主婦がへそくりに回せたら、良いですね。

主婦の仕事は、買い物をしたり……。 

主婦の仕事は大変

家計を考えて、安くて栄養のあるものを買いに行くのも、労力が要りますね。

もちろん料理も。

家族の健康を考えた料理

 最近は野菜がスーパーで安くなって、助かっています。

 しかし、4月からいろんな食材が値上がり(@@;)

www.tameyo.jp

 主婦の仕事をすべて外注したら、月に20万円以上にはなるでしょう。

住み込みの家政婦の日給は1万5千円ほどだそうですから。

主婦は、もっと自尊心と誇りを持って良いのかもしれません。

ただし、ダニを含むホコリは、寄せ付けないように。

まとめ

朝の15分掃除は、お子さんが小さかったり、弁当を持たせたりするママには難しいのですが、私のような50代主婦なら、苦にならないはず。

15分ですから、丁寧とまではいかなくても、汚れをチェックしながら100均ほうきとぞうきんでキレイを保つことができます。

関連記事をいかがですか

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

 


ライフスタイルランキング

スポンサーリンク